テーマ:菅内閣

石に齧りついた菅首相を引きずり下ろすには、内閣不信任しかない。もう待った無しの状況だ。

昨日の国会の衆議院予算委員会で、公明党の浜田議員が福島第1原発事故対応の不手際があったとして菅に辞任を求めたが、「責任を放棄するのは取るべき道ではない」と否定した。また、東日本大震災への取り組みについて「私がこういう立場にいたのは一つの運命だ。これまでやってきたことは国民から相当評価されている」と主張した。「権力にしがみつくのではなく、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小沢氏、小沢系議員の真価が問われる民主党。存亡が掛かっている

最近、日刊ゲンダイ紙と産経新聞紙の菅政権を批判する記事が一見同じように見えてきた。しかし、日刊ゲンダイ紙は小沢氏に対立する菅政権を批判する。一方、産経新聞の方は、自民党に対立する菅政権を批判するが、小沢氏、小沢氏を支持するグループの動向の記事は一番多く、情報源として有用である。読売新聞も小沢氏関連情報ソースとしては重要である。既にご存知…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「警戒区域」に見る、枝野専売の「ただちに健康に影響ない」の嘘。

枝野長官は東京電力福島第一原子力発電所から20キロ圏内の避難指示地域をより法的拘束力の強い「警戒区域」に設定することについて、「地元自治体と検討を進めている」と述べたという。(http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110420-OYT1T00457.htm) 今頃、急になんだろうと思う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

総スカンの菅首相は、早く身を引いた方が身のためだ。

昨日は、またまた菅首相の退陣要求が出てきた。一つは、同じ内閣の一員の桜井充財務副大臣からだ。桜井議員は、所謂中間派である。内閣の一員になったのは菅氏のメガネに適ったからであるが、「『辞めろ』と言いたくなるのは当然だ」として、菅首相の退陣を容認する考えを記者に示した。理由は、参院予算委員会で野党に初動の遅れを追及されながら、非を認めずに反…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原子力行政は誰も責任を取らない構造になっており、起こるべくして起こった人災である。

今回の東電原発事故は、東電、政府、経産省管轄の資源エネルギー庁の特別機関である原子力安全・保安院、、さらに内閣府にある原子力安全委員会の身内で起こした人災と言っていい。 東電をチェックすべき原子力安全・保安院と原子力委員会も、結果論として全く役に立たなかったということである。 原子力安全・保安院の職員は全体で803名(20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国会で「徳」がないと言われた菅首相、退くことが「徳」を積むことだ。

今日、偶々国会の参議院予算委員会を聞いた。どの議員の質問も震災と原発事故問題であった。原発事故に関係して東電の清水社長が参考人で出席した。この中で印象に残った場面について書いてみたい。   共産党の議員が、東電の社長に相当辛辣な質問を浴びせていた。東電側は、今回いろいろな議員から質問されたが、参考人にも事前に質問内容が知らされている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菅首相退陣に向けて、閉そく感、怒りのマグマが出口を求めて極限に来ている

昨日の朝、小沢氏が、東日本大震災や福島第1原発事故への政府対応を不満として、近く菅直人首相に会談を申し入れる方針を固めた。小沢氏周辺が14日、明らかにした。この報道は、共同通信が出しているが、他の新聞WEBには出ていないようである。このような記事ソースは、所謂リークがなされる。産経新聞、読売新聞にも出ていないようなので、共同通信にリーク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小沢氏(グループ)、自民党、公明党、さらに参議院議長にまで退陣を言われる菅首相の憐れ。

鳩山・小沢政権時代、産経新聞がひたすら政権を批判していた。基本的には親自民党の基本路線は変わらないと思うが、今は小沢氏及び小沢氏に近いグループの動向をひたすら報道する。小沢氏の情報を出さない朝日新聞よりは余程いい。朝日新聞は完全に小沢氏の動きは無視している。完全に無視することが、逆に相当意識していると見ている。そのうちに、社説に「開いた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

災難を招きかねない菅政権に引導を渡すため小沢氏がいよいよ行動し出した

もう菅政権は、政権の体を為していない。自分の確固たる考えがないスッカラ菅だから、やたらと会議を作る。小沢氏が述べておるように、最後は自分の意志で決めて、ダメなら責任を取る覚悟がないから、ひたすら人の意見を聞きたがる。 今日も、お仲間の仙石氏が懇意している松本東大の松本健一内閣官房参与が首相との会談直後、松本氏が記者団へ、「10年住…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『小沢氏「菅降ろし」でゴーサインか。 小沢派決起へ』を実現しろ!

上のタイトルは、産経新聞の記事の見出しである。 昨日、予想通りの統一地方選挙の大惨敗と、もうこれ以上の首相の器でない首相が政治を行う人災を放置していることを、民主党内で漫然とただ沈んで行くのを指を加えて何も言わない議員にも失望したと書いたが、さすがにこの状態に業を煮やしたのか、タイトルの見出しのように小沢氏が動いたと産経新聞に出た。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菅執行部の、原発(人災)事故対策の不手際と地方統一選挙の大惨敗

統一地方選挙で、予想通り、民主党の地盤沈下はとどまることがない。与党の面影は全くない。菅政権になってから連戦連敗状態である。与野党対立の知事選挙ではすべて民主党が負けた。岡田幹事長のお膝元の三重でも負けた。 東京都知事選挙においては、民主党都議が応援した渡辺氏は3位で石原知事が圧勝した。やはり、民主党は菅政権になって、道楽息子が鳩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何が「枝る」だ!! 「枝る」の意味が違うだろう。

菅もきらいだが、枝野が弁護士的能弁技法によってペラペラ話すのを聞いていると胸糞が悪くなる。また、自分自身、JR東日本の労組からのカネについていろいろ野党からも批判されていたが、小沢氏の政治とカネについて、ことある毎に非難していたので、最も鼻持ちならない議員の一人である。 昨日の枝野の記者会見で、どこのヨイショ記者かわからないが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国首相が「日本は無能」と言った「日本」とは、菅首相のことである。

原発事故汚染水を海に流したことに対し、金滉植(キム・ファンシク)韓国首相から以下の報道のように「日本は無能」と言われた。 韓国首相の「日本は無能」発言 「趣旨違う」松本外相問題視せず http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110408/plc11040818000030-n1.htm  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西岡参議院議長が、菅首相の政権ダメ出しと大連立失敗。

菅政権が、自分たちの震災、原発事故に対する政策失敗を隠すため、自民党に抱き着き方策によって、大連立の秋波を送って、自民党内からもかなり前向きな意見も出ていた。谷垣総裁も歴代の首相経験者にヒアリングをして、ほとんどの経験者からはあからさまな反対は無かった。したがって、そのまま訳のわからない大連立政権が出来るのかと、何とも嫌な気分になった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今や、震災、原発災害、菅災害の3重苦だ。

政府、東電は、汚染水の大量排水を行って、全て急に後出し発表し、有無を言わせずに処理してしまう。昨日の9時のNHKの報道では、この時点で既に6000トンの垂れ流しを行っていて、後2000トンを今後垂れ流すと聞いて耳を疑った。昼間、全国漁協連合の会長が東電勝俣会長にもう廃棄するなと抗議して、勝俣会長ももう出さないようにすると言っていたのでは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

政府、東電のトップマネイジメントは失格である。

政府、東電は、原子炉の溶融の問題が終わると、今度は汚染水を1万トン以上を放出した。政府、東電は一体で対策委員会を設置しているというのに、次はどうなるかという危機管理ストーリーを描いているとは思えない。 原子炉を冷やすため水を継続的に供給すれば、あふれる水がどうなるかは、誰が考えてもわかるはずである。それの対策はどうするか、当然考…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発事故の初動実態が見えてくるほど、政府、東電、原子力安全委員会の人災であることがわかる。

原発事故の検証と題して毎日新聞から出された。この記事は、今まで各社からの報道と較べて、菅首相、東電の会長、社長、原子力安全委員長の事故が起きたときの行動が示されている。特に、事故時の一番重要な時期の行動が生々しく書かれている。 これを読むと、事故が発生したとき、それぞれの機関のトップが原発の事故に際して、いかに甘く見ていたことがわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菅政権の抱き着き、クリンチ作戦は許さない!

東電の行方不明の社員2名が発見されたことが報道された。30日にタービン室から見つかったということである。まだ20代になったばかりの若い命である。社長は雲隠れしているというのに、何とも納得がいかない。放射能を取り除いてから遺族に渡したと書かれている。今まで放射能に曝されていたのだろう。報道が遅れたのはどういう理由だろうか? 先に発表してし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菅政権の最後のあがき、大連立は得体が知れない。

2日、菅首相が被災地の陸前高田に視察に行った。これを報道する各新聞社の見方が興味深い。以下に、その報道の見出しを示した。日刊ゲンダイは訪問前から、嫌われ者ワーストワンと菅を酷評している。これはある意味想定内の批判である。 その次が、今間まで菅首相に優しかった産経新聞、読売新聞が、今回の訪問を揶揄した見出しで書いていることだ。朝日新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菅首相が何を言おうと、毎日枝野官房長官の中身のない話を聞かされれば誰も信じない。

らすと昨日、菅首相が、国民の安全を第一義的に考えて、「長期戦も覚悟して必ず勝ち抜く」と述べた。枝野長官の決まり文句の「ただちに人体に影響ない」には、国民全体が「AC」の言葉のように嫌悪感を持つようになった。 「ただちに~ない」=「枝野の方便」=「いつかは影響が出てくる」と誰でもわかってしまった。こんな言い方をしていると、そのうちに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菅執行部のご都合主義が最大不幸である。

菅が日本の首相としての器ではなく、戦後最大の国難に際して菅内閣がこれに対処すること自体が、国民にとって2重の国難である。菅の実力は、野党時代に批判するだけならそれで済まされたが、このような待った無し、前例がない問題に対して、その実力の無さが見事に実証された。 この無能さをカバーしているのが、正に弁護士役の枝野であろう。弁護士よろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

政府がお墨付きを与えた「ただちに~ない」は、国家的犯罪用語である。

原発事故において、放射能や放射性物質の影響について「ただちに人体に影響はない」の言葉は、枝野の専売特許になってしまった。東電も保安院も、テレビの解説者も、御用学者も、さらに自治体の職員まで、全てこれに類した言い方をし出した。ただちには人体には影響がないと。 政府がご公認した言葉になってしまった。これほどいい加減な言葉はないのに!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

姿が見えぬリーダーは、未曽有の国難に際しては去れ!

管首相は、今回の大災害、原発事故が起こらなければ、今頃は参議院で不信任議決を付きつけられ、さらに地方統一選挙で惨敗して、総辞職か解散に追い込まれていただろう。それが、今回の災害で当分の間、野党も解散しろなどと言えなくなった。菅首相も災害前は、石に齧りついても、意地でも政権を離さないと思っていただろうが、この災害ですっかり自分の実力を思い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菅政権に対する怒りが、頭をもたげ始めた。

朝日新聞、毎日新聞、読売新聞、産経新聞は、昨年の小沢氏と菅氏の代表選挙には、小沢氏を首相にさせないために、通常の国政選挙ならば選挙違反となるネガティブキャンペーンを張った。朝日新聞などは、小沢氏の代表選挙立候補に、社史にも残る「あいた口がふさがらない」と社説を書いた。 上記に挙げた新聞は、菅政権がこの国難にあって、みかけ倒しで、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

政府の放射能被害の報道の欺瞞性。もう国民の生命を任せておけない!

昨日のNHKの日曜討論で、枝野の代わりに福山副官房が出て以下の話をしたとあった。 『この中で、福山官房副長官は、「きのう検出された牛乳も、あの濃度なら日本人の平均摂取量を毎日1年間飲み続けても、CTスキャン1回分位の放射線量だと認識しており、現状では健康に被害がない。食に対するモニタリングはしっかりと国民に伝えていくつもりだし、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自転車操業で人材たらい回し内閣ではこの国はもたない

仙谷は、この大混乱で国会で野党の追及もないことをいいことに、あれだけ野党に叩かれてシブシブ官房長官を辞めてたのに、またゾンビのように復活して、今度は副官房長官に復帰して、枝野の下で働くという。野党も災害で何も言えないことをいいことに、正に火事場どろぼうのようなものである。 民主・仙谷由人代表代行を官房副長官に起用 http:/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この未曽有の惨事において、国民の最大不幸は菅政権の実行力不足だ

報道のインタビューで、被災された人が今は3重苦だと述べているのを聞いて、なんと言っていいかわからない。 3重苦とは、津波、地震、原発事故である。確かにこれほどの天災と事故が重なったことはない。本来、津波、地震の方に日本の注意が向かえばいいが、今はどちらかというと原発事故の方に注意が向いている。 今回の原発事故は、よく想定外と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東電の原発事故は、社長が自ら毎回記者会見して発表しろ。それが最低限の勤めだろう

東電の社長の記者会見があるというから、今回の原発事故について憔悴した顔で会見するのかと思っていたら、原発事故の話は少し詫びただけで、あすから停電をするので了承してほしいと言うものあった。詳しくは副社長が説明すると、まるで菅首相が何を言いたいのか分からない記者会見をして、後詳しくは枝豆官房長官に説明させるのと同じパターンであった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名古屋市議会選挙で「減税日本」第一党、それに対して菅民主は東京知事の独自候補断念の体たらく。

民主党が、10日岡田幹事長が独自候補の断念を表明した。何とも情けない状況になった。当初、蓮舫も知事選に色気を出していたが、連戦連敗と最近の支持率低下にビビッてしまって、相当候補者として押されたはずであるが固辞した。また、当然岡田は他の候補にもアクセスしただろうが、悉く断られたのであろう。 日刊ゲンダイ紙に菅夫人が出馬と、かなり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今回の原発事故は、未曽有の大地震だからで済まされない重大な問題が内蔵されている

福島原発の今回の重大な事故を見て、想定外の規模(だから事故が起こった)などと言って済まされない重大な瑕疵があるように思う。つまり、一度事故が起きれば、100年単位で社会に影響が残るもので、それだけにフェイルセーフを幾重にも準備する必要がある。それがいとも簡単に崩れているのは、東電の責任もさることながら、原子力行政の在り方にも問題があると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more