テーマ:原発事故

東電旧経営者の無罪判決に対して控訴は当然。無罪ではあまりに不公正

福島原発事故で旧経営陣が無罪になったときは、日本が偏向した国になったと思った。偏向と書いたのは、裁判官が完全に体制側の犬になっているからだ。裁判では、東電の職員が15mの津波の可能性を裁判被告の経営者に報告している。その職員は、それが無視されたときは力が抜けたと述べた。経営者はちゃんとその問題課題を仕事のなかで述べている。それを素直に受…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田中原子力規制委員長、「原発にミサイルよりは、東京に落とした方がいい」

原子力規制委員長は、田中俊一氏である。原子力を「規制」するとあるが、日本の原子力を推進する立場の委員長である。長く委員長を続けているということは、安倍政権のお墨付き委員長である。安倍首相などは世界で最も厳しい基準と言っているが、田中委員長は、「委員会は原発が絶対に安全と保障するものではない」と明言している。つまり、現時点で、取り合えずの…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

東電旧経営陣の裁判結果は有罪であらねばならない。

福島原発事故の東電の責任を問う裁判が始まった。 検察は不起訴としたが、検察審査会で、起訴相当という形で裁判が始まった。検察審査会では、東京地検の不起訴とした検事が、何故不起訴としたかを審査委員に説明する。当然、検察官は自分たちが結論した不起訴と同じ結果となるように審査委員を説得する。それでも、審査員は起訴相当とした。つまり、一般国…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

広島、長崎、福島では飽きたらず、外国にまで核の脅威を輸出しようとしている民主党政府。

民主党は国策の外交案件として、ベトナムに原子力発電所を建設することを後押ししている記事が出ている。 海洋安全で協力拡大=原発建設も確認-日越外相 http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012071400241 経産省のエネルギー庁が進めている原発輸出計画は、政府が関与しているだけでも4…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

国会事故調も認めた政府、東電の原発事故。関係者は必ず刑事罰を受けてもらいましょう。

 東京電力福島原発事故を検証した国会事故調査委員会が、やっと報告書をまとめた。一言で言えば事故は東電や政府による「人災」と言い切った。この政府というのは、主体は菅元首相である。こんな報告が出てきたが、一体誰が責任を取るのだ。一般の世の中では、何か人身に関わる過ちを犯した人間は、「すみません」と言っても許されるものではない。一体、今後どう…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

日本史に刻む小沢新党。造反、造反と言うが、小沢氏と野田氏のどっちが造反したかは自明である。

小沢氏と輿石幹事長との3回目の会談が行われた。小沢氏もやっても無駄と思っているだろうが、小沢氏に好意的な輿石幹事長の要請を無碍には断れない。また小沢氏にとっても、最後の最後まで丁寧に対応したことを見せたいのであろう。7月2日(月)には結論を出すという。 しかし、3回も輿石幹事長が会談するのであれば、子供の使いではないのだから、小…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっと原発被害者が東電らに対して刑事告訴を起こした。そうしないと再稼働が続く。

福島の原発被害者1300人が東電会長、社長、原子力安全委員会の幹部ら33人を、以下のように刑事告訴した。今まで何故、刑事告訴をしないのか不思議に思っていた。これだけの、世界規模の大事故について、誰も刑事責任が問われないことは不思議であった。刑事告訴がないので高を括って、何も対策を打っていないのに、性懲りもなく原発を再開しようとするのであ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菅元首相の国会事故調のヒアリングを聞いて。菅氏は脱原発を強調。

今日は、国会事故調の本丸である菅元首相がヒアリングを受けるというので、Ustreamで聞いていた。一言で言えば、検事が逮捕者を追求する訳ではないので、質問も歯がゆく、菅氏も質問の本質をはぐらかして、言質を取られない言い方に終始した。 しかし、今までの報道で分かったこと以外に、本人の口からしかわからない事実もいくつか出てきた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これだけの原発事故を、自動車事故と同列に論ずる自民党町村議員

今日は、民主党の消費税増税の話をしたいと思っていた。しかし、昨日の報道ステーションで、自民党の町村信孝議員の原発についての発言を聞いて何とも腹の虫が収まらず、これは一言言わせてもらおうとこの記事を書くことにした。 町村氏の言ったことを何気なく聞いていたので、正確とは言えないが、だいたい以下のようなことを話していた。 町村氏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発事故当時のさまざまな裏状況が暴露されてきた。収束と言うが、このままではもう一波乱ある。

『東電、原発線量マップ、まず米側へ。 公表の1カ月以上前』の記事を読んで、皆さんはどう思っただろうか?東電はひどい奴だと思った方もいるだろうと思うが、これで読んで、まず菅元首相の顔が浮かんできた。こんな重大な情報を、他国の機関に、東電という半官体質の企業が勝手に出す訳がないと考えるのが普通である。 東電、原発線量マップまず米側へ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

戦後日本を最大の危機に陥らせた東電の幹部たちには刑事責任を取ってもらいましょう。

原発事故が発生し、従業員の死亡、また放射性核物質の土地汚染によって被災者が自殺したり、放射性核物質によって廃墟になった地域では犬、猫、家畜などの多くが捨てられ命を亡くした。また、未だに多くの住民が自分の家に帰れない。いくら除染をしても、そこに戻る人はどれだけいるかわからない。自分なら戻らないだろう。 また、東電が原発事故の原因をい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

次々と原発事故の劣悪な裏舞台が、白日の下に明らかになってきた

菅元首相は就任早々、小沢氏を座敷牢に押し込めた。しかし自分も疑惑まみれになり辞職寸前であったが、大震災で命拾いをした。その命拾いで、今度は国民が苦しめられている。特に、与党の経験の全くない素人議員であるオリジナル民主党で重要ポストをたらい回しし、マニュフェストを無視し、頼んでもいない増税、TPPなどをごり押ししている。 この菅元首…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

与党内小沢氏や外国人専門家からも疑問を呈されている、原発冷温停止宣言

野田首相が、わざわざ記者会見を開き、仰々しく「冷温停止宣言」を行い、原発事故収束に向けた工程表のステップ2を達成したと述べた。野田内閣が発足してから、何一つ完結していない。したがって、無理やりにでも自分の内閣での唯一の成果としたいのだろう。 冷温停止と言うが、福島第一原発1号機で溶けた燃料、特に最も損傷の激しかった1号機では、原…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

枝野幸男氏の「直ちに影響ない」は、確信犯の言葉だった

植草一秀の『知られざる真実』のブログの以下の記事を読んで、枝野氏の原発に対する認識が、これほど酷いものであるかと思い知らされた。植草氏の意見に同感である。 問責決議に値する衆院特別委枝野幸男氏の暴言 http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-35e1.html 3.1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東電の債務超過を隠して延命させ、これからさらにどれだけ国民に負担が掛かるかわからない

福島第1原発事故に伴う東電調査委員会の下河辺委員長から調査発表が為された。今回の調査委員会の報告は、個人的には今までこの手の発表内容としては、真っ当と考えている。きっと原子力政策を進めてきた自民党政権下では、委員の選択によって、これほどの調査はなされなかったと思われる。 今回の調査で一番評価したいのは、日本が世界一高い電気料金の源…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電力会社の総括原価方式を止め、東電、株主、債券者、社債権者が責任を取るべきである。

現在、東電原発事故の損害賠償財源確保のため、政府の経営・財務調査委員会において、以下のように10年で2.4兆円のコストダウンを提示している。年24000億円である。 東京電力:10年で2.4兆円コスト減 2年半で7400人削減--経営委報告書案http://mainichi.jp/select/weathernews/news/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どじょう野田首相の本性が泥の中から顔を現してきた。日本の原発水準は地に堕ちた。

菅首相は脱原発をさかんに述べていたが、その菅政権の延長の野田首相がどんなスタンスか興味があった。野田首相がニューヨークの国連本部で原子力安全に関する首脳級会合において、脱原発には触れずに原発の安全管理の基準を最高のレベルにする必要があると述べた。 また、一時期原発輸出の話も無くなっていたが、野田内閣になってから、急に原発輸出の話が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現政権は前政権と同じ轍を踏まないように、福島県製造花火は安全だと発表しろ

福島で製作した花火が核物質に汚染されているのではないかと、抗議や中止の苦情で、福島の花火の打ち上げを断念したと聞き、この底流に流れているのは鉢呂議員が辞任に追い込まれた原因を作った風評の世界が日本に蔓延してきたように思え、悲しくなる。原発事故の風評被害もここまでくれば極まってきたという感じがする。  核汚染はうつるとか、エイズは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菅前首相の原発事故対策のマスコミへの内幕暴露は、自己弁護のためである

菅前首相が、まだ原発事故が完全に収束もしていないのに、首相を辞めてから最近やたらと原発事故対策の裏話を話し出した。以下の記事のように原発事故がさらに進んだと予測して、首都圏の避難者が3000万人になることも考えていた、などと平気で話している。 それも、調査委員会の調査を受けて内輪に話すのならまだしも、調査の前にマスコミにべらべら話…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東電問題は、今日本の電力行政、エネルギー行政が、良くなるか悪くなるかの試金石である

東電について昨日も『東電の原発事故を「禍転じて福となす」機会にしなければ、日本再生はない』と書いたが、今日も東電をテーマに書きたい。 東京電力福島第1原発事故の賠償資金を捻出するため、東電の経営を調査する第三者委員会(委員長・下河辺和彦弁護士)が設置され東電の経営を調べている。これは国が支援をするに当たっての措置である。9月末ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長谷川東京新聞論説副主幹が、鉢呂氏辞任の真相を明らかにする

昨夜(9/13)、ニコニコ生放送の<緊急特番!鉢呂大臣辞任は記者クラブの「言葉狩り」なのか>に、東京新聞論説副主幹の長谷川幸洋氏出るというので見てみた。今回の「死の町」「放射能付けた」のマスコミ報道の中で、特に「放射能つけた、分けてやる」という言葉があまりに幼稚で、小学校でそのような遊びがあったということを挙げて、鉢呂氏を批判した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この期に及んでもまだ隠ぺい体質が進んでいる東電。この性根はもうどうしようもない。ただただあきれる。

JR北海道の中島尚俊社長が12日から遺書を残し、行方不明となり、警察などが捜索しているが、依然として見つかっていない。JR北海道は今年5月、特急列車がトンネル内で火災事故を起こし、その後も運行トラブルが続いたため、国交省から、17日までに事業改善報告書を提出するよう求められていた。 今回の事故は、JRの集中管理室、列車の乗務員の不…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉢呂大臣の辞任は、この内閣の実力の無さを端的に現している。国民として恥ずかしい。

今、鉢呂経産相が話題を集めている。結局、自分で辞表を出したというが、実際は野田首相に引導を渡されたのであろう。平野国対委員長が、まだ「内閣は未完成」だからと言い、国会会期を長くすると直ぐにボロが出るから会期を短くしろと言っている。 事の顛末は、鉢呂氏が、福島の町を見て「死の町」と言ったとして、自民党に批判され、またマスコミも住民…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菅前首相が、今頃急に原発事故の自己弁護をし出した訳

菅前首相は、今回の原発事故について4月に第3者調査委員会を以下のように設置して、原因を究明すると国会で答弁した。 原発事故検証の第三者委員会設置へ…首相方針 http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110426-OYT1T00850.htm これを受けて、インターネットで検索すると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

“東電栄えて国滅びる”はあり得ない。東電は一旦、破たん処理すべきである。

最近、マスコミでは原発事故の話はあたかも済んだような雰囲気であるが、ネット社会ではまだ原発事故の建屋から白煙が上がっているとか、地面から蒸気が上がっているとかの書き込みがある。つい最近まで、地中に潜ってしまった核燃料が地下水に触れないようにするために、原発建屋の周りに深く防護壁を埋め込まなければならいという話も出なくなった。しかし、まだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石原親子の原発事故に対する懲りない感覚。日本も原発是非の国民投票を!

自民党の石原幹事長が、イタリアの国民投票で反原発票が9割を超す圧倒的多数を占めたことを受けて、これを「集団ヒステリー状態」と述べたことに、石原の本性が見える。全く個人的な話であるが、この石原親子は政治家の中で嫌いな方からワースト1,2に挙げることが出来る。特に親父の方は、今回の大地震、大津波の被害を天罰だと言って男である。この親にして、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島電発事故の菅首相の大罪を未然に防いだのは吉田所長か?

一体、東電と政府は何をやっていたのだ。当初は、斑目原子力安全委員長が再臨界があるかもしれないと言い、菅首相が激怒して海水の注入を中止させたと報道された。それを菅首相が中止と言った、言わない。海水注入を聞いた、聞かない。知らせた、知らせないと、混乱を極めていた。 「枝る(詭弁を弄する)」枝野官房長官が、「事前に海水注入する」とは聞い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菅政権は嘘の上塗り状態。「やったこと」でも「やっていない」と言い訳ばかり。

先日、何人いるのかも分からない、しかも何でこんな人物が内閣参与でいるのか分からない、劇作家の平田オリザ氏が、韓国で講演した中で、東電は放射能汚染水を米国の指示で海に流したと言ったが、早速政府側の枝野らがそんなことはないと発表した。その途端、あっという間に平田オリザも勘違いであったと謝罪した。 そもそも、この話はオフレコの会話の中で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東電事故収束の工程表はメルトダウン、今の政権もメルトダウンだ。

原発事故の蓋を開ければ、開けるほど恐ろしい事実が明らかになって来ている。1号機の圧力容器(核反応で燃料棒が高温になり水蒸気を発生させるための容器)の中に長さ4m程ある核燃料棒が解け落ちて、圧力容器の底に溜まって穴が開いているという。水位計を修理して再測定した結果わかった、衝撃的な事実である。 敢えて衝撃的と書いたが、もう新聞も、テ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発事故収束のための工程表は、絵に描いた餅か?

阿修羅の記事に、以下のように福島第一原発3号機が、一昨日(7日)に爆発し黒煙を流したとあったが、テレビ等では大きく取り上げられていない。 『福島第1原発3号機、昨夜の爆発黒煙映像を最後に、TBSライブ映像が利用停止となる。』 http://www.asyura2.com/11/genpatu10/msg/663.html 投稿者 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more