テーマ:参議院選挙

与党を倒すため、立憲、国民民主、共産、自由、社民が次期参院で共闘誓う。

与党を倒すため、立憲、国民民主、共産、自由、社民が次期参院で共闘誓う。 今日のNHKの日曜討論では、各党の党首が年頭の所信を述べた。この中で、野党の立憲、国民民主、共産、自由、社民の党首から、今まで以上に対安倍政権打倒に立ち向かう意気込みが感じた。 立憲の枝野代表は、次期参議院選挙の32の1人区については、自民党との一騎打ち…
トラックバック:3
コメント:1

続きを読むread more

野党1党立憲・枝野代表、一人区の統一候補協力を誓う。

自由の小沢代表は、安倍政権の横暴を止めるためには、野党が選挙に勝つため、特に選挙区の候補者を党利党略でなく、今までの選挙の実績などを参考に、つまり客観的なデータで候補者を絞るための協力を行うべきと述べている。 小沢氏は立憲の枝野代表とも会食などをして意見交換をしている。その枝野氏が、参院選挙の1人区で他党候補に一本化の可能…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

参議院選挙結果に対する野党責任は?

今回の選挙結果を受けて、民進のお家芸の内部批判が始まったと報道されている。理由は、執行部が自公+改憲勢力で「3分の2」を阻止できなかったからだという。しかし、今回は執行部が野党共闘に最初積極的ではなかったが、最終的には1人区において野党共闘をした。これをやっていなければ、野党は目も当てられないぐらいひどい結果になったはずである。こうい…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

生活、山本太郎が支援する三宅洋平氏のような若者が出てきたら政治も変わる。

参院選挙投票日まであともう少しである。この中で、東京選挙区に異変が起きているという。ダークホースとして、三宅洋平氏が穴馬とされている。前回選挙では17万票で敗れた。今回は、生活の党と山本太郎となかまたちの山本太郎氏の強力な支援を受けて、自民、民進、公明、共産の当選が硬い4名の残りの2名を争っている。 先日、三宅氏の街頭演説に生活の…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

マスコミはまた、自公、おおさか維新で3分の2の可能性を報道。国民は本当にそれでいいのか?

世論調査で投票先未定が4割もいて、参院選終盤情勢分析で、改憲4党より3分の2の可能性を、またマスコミが騒いでいる。投票先が未定の人は、バリバリの右派でもなく、バリバリの左派でもない。そのときの選挙の雰囲気、生活の実感から投票する。生活の実感から言えば、一部の富裕層以外、生活が良くなったと実感する人はいないハズである。 公明党の山口…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

今回の参院選挙の状況は前回の衆院選挙と明らかに違い、安倍首相の主張を否定している。

今回の参院選挙の状況は、前回の衆院選挙と明らかに違い、安倍首相の主張を否定している。 参院選挙を公示した途端、マスコミが自公で3分の2を窺うと大見出しで報道したが、最近このような報道がない。 逆に朝日などは、安倍首相の経済政策の是非についての世論調査を行っている。安倍首相は、アベノミクスは上手く行っているので、もっとエンジン…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

憲法、経済に加えて「年金」が第三の争点である。NOの意思表示を!!

安倍首相が先の衆議院選挙で大勝ちして、新内閣で厚労相になったのが塩崎氏である。塩崎氏は年金資金を株に投資することに昔から積極的だということで知られている。それを知っていて、安倍首相は厚労相にしたと言われている。それまで、株式への運用は確か30%以下であった。それを塩崎大臣は一気に50%まで増加させた。一般家庭でも人のお金を預かった場合…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

若者よ、今もう少し政治に目を向けよ!無関心は君達の将来を危うくする。

今回の選挙から、18,19才まで選挙年齢が引き下げられた。自分のことを思い出せば、20才になったとき、選挙が出来るということで、やっと1人前になった気持ちで意気揚々と選挙に行ったことを思い出す。以来、この年まで一度として投票所に行かなかったことはない。 以下の18、19才の参議院選挙への関心調査で、「ある程度関心がある」まで入れて…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

全野党で話し合い共闘できれば、与党を過半数割れに追い込める」小沢一郎

今、野党共闘について、最も的確に状況を掴んで主張しているのは、生活の小沢氏だと思っている。事ある毎に、野党第一党の民主が率先して、野党共闘の調整をしろと述べている。しかし、その民主が、前原、長島らの自民に近い議員を気にして、確実に野党共闘のキーとなっている共産党とは組めないなどと言っているようでは、今度の参議院選挙で自公に3分の2の議席…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

安倍首相の憲法改正の選挙争点化発言に、自民の中でも危惧の意見が出始めた。

先日のNHKの日曜討論で安倍首相は、夏の参議院選挙の争点として、はっきりと憲法改正を上げると明言した。世論調査では、憲法改正に賛成する国民は過半数は行っていない。反対はむしろ6割以上と記憶している。それを敢えて争点化すると明言したところに、自信のほどが窺える。 それに対して、昨日憲法改正の推進者と見なされる高村副総裁が、夏の選挙の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

参議院選挙1人区における野党候補当選のキャスティングボードを握るのは、共産票となる

共産党が野党共闘の象徴として国民連合を提案したが、民主が否定的な立場なので、共産の志位委員長自身が難しいと述べた。確かに、共産党は以前は何でも反対で、教条主義的な面があった。政権を担うということは、旧来の政治土壌、制度をまずは継承して、直ぐにガラリと変えられるものではない。 特に安全保障の話になると、ほとんど全てギクシャクしたもの…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

民主岡田代表の共産に対する期待感のない発言に、改憲の可能性を見る思いだ。

今日のNHKの日曜討論を見ていたら、安倍首相は、はっきりと与党だけだなく、おおさか維新との連携により憲法改正に必要な3分の2の議席を確保したいと公然と述べた。ここまではっきりと述べることは、自党の調査アンケートでかなりの手ごたえを感じているのではないかと考える。 民主の岡田代表も、安倍首相は、3分の2の議席を得たなら間違いなく憲法…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

野党共闘が遅れれば遅れるほど、衆参同日選挙は現実となる。

安倍首相は、衆参同時選挙について先日改めて否定したが、首相自身が「やります」とは決して言えない。今日、自民の二階総務会長が「同日選挙の可能性はある」と述べた。安倍政権は現在、株価の下落、自衛隊派遣法の新設(安保法制の枠組み)、消費税10%の増税など、これから時間が経つほど政治情勢は厳しくなる。まだ、傷が大きくならない内に、衆議院でもう一…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

野党の協調が遅まきながら発進しているが、まだ危機感がない。

昨日から国会が始まっている。代表質問は、予め与野党から出された質問に政府が答えるが、首相、大臣とも、官僚が徹夜?して作成した原稿を読み上げている。したがって、どんな質問に対しても、決してシッポを踏まれるようなドジな回答はしない。つまり、どんなに政府が困るような本質的な質問をしようが、ロジカルな説明もせず、一方的に、その指摘は当たらない、…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

新年早々、安倍首相から野党に、憲法改正の果たし状が叩きつけられる。

安倍首相は新年の年頭会見で、参議院選挙において過半数を取ると述べた。夏の参院選では憲法改正をしっかり訴え、そうした訴えを通じて国民的議論を深めていきたいと述べたという。安倍首相がここまではっきりと改憲を争点にする考えを表明するとは思わなかった。ここまで、はっきり言うということは、それだけ手ごたえを感じているのであろう。この発言が選挙に損…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

安倍首相は衆参同時選挙を考えているのか?当然視野の中にあるだろう。

政治家は、選挙に当選しない限りタダの人である。したがって、どんな手段を使っても、自党に有利な条件を選ぶ。今年、参議院選挙があることは決まっているが、今さかんに衆参同日選挙が噂されている。安倍首相自身は同日選挙はしないと述べている。選挙については、動物的感覚を持っている生活の小沢氏は、衆参同日選挙は、「現実味を帯びてきた」と述べている。 …
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

来年の参議院選挙の熊本5区は、共産党が候補者を出さないことにより野党候補当選の実現大

共産党が、自公の通した安保法を廃案にすべく、野党共闘を提案している。そのために、野党の候補者を一本化するために、共産党が協力出来る選挙区には候補者を出さなくてもいいと述べていた。来年の参院選挙の熊本選挙区において候補者を取り下げるという。有言実行の第一号として評価出来る。 自民党の現職は松村氏である。当選2回で来年改選である。前回…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

安倍首相は本性むき出しで、本丸の憲法9条改正を明言

安倍首相が、一時期封印していた憲法改正について、敢えて選挙中に言いだした。それも本丸の憲法9条の改正を明言しだした。今まで憲法改正の手続きの96条の発言であったが、いよいよ悲願の9条の改正について明言した。 安倍首相が何故急に言い出したのか、その理由が下記に書かれている。もう自民党が圧勝することを見越して、浮かれて述べたのではな…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

参議院選挙の自民党楽勝阻止の争点は原発である。ここが日本のターニングポイントになる。

今回の参議院選挙は、いくつかの争点があるが、自民党は憲法改正についてかなりトーンを下げている。公明党が憲法の改正について反対しているからだ。社会保障についても、全く争点にすらなっていない。唯一、自民党が自らの別働部隊である維新とも違う、明らかに右寄りな施策を首相自ら強引に進めているのが、原発の再稼働であり原発の輸出である。マスコミが言…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more