テーマ:れいわ新選組

二階幹事長の「まずまず収まった」の発言に安倍政権の末期状態を示されている。

自民の幹事長の二階氏が、台風被害は「まずまずで収まった」と述べた。この言葉は、自民の内々の会合で述べたものではない。マスコミのカメラがたくさん入っている中で発言されたものだ。その動画で確かにそう発言している。今回の死者は50人で不明者はまだ18人という。二階氏の近親者が1人でもいればこんな発言は出来ないはずである。全く他人事の話である。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍政治の影が教師いじめ、幼児虐待の殺伐とした世相を作り出す。

神戸市立東須磨小の教諭いじめ問題を見ていると、正に今の世相を反映している。生徒にいじめをしてはいけないと率先して教えを説かなければいけない教師が、徒党を組み同僚をいじめる。そのいじめは陰険そのものである。その主導者は女帝と言われ、一番年上の女である。もうネット検索すると顔が出てくる。幼い子供の虐待など、教師が弱者に対しての思いやりがない…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「桂太郎超え」の悪夢。頭が腐れば社会まで腐る。

日刊ゲンダイが、安倍首相が11月20日になれば、今まで最長任期であった桂太郎氏を超える日本一長い在位となると報じた。タイトルに桂太郎超えの悪夢と書かれている。安倍政権になってから、得意と言っていた経済も外交も全く成果を出していない。経済もアベノミクスという言葉も言わなくなった。消費税の増税は、法人税減税、防衛費の増大につぎ込まれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

共同通信世論調査によると「増税後の経済に70%不安」

共同通信が消費税10%へ上げた後、初めて世論調査を行った。その結果、経済に不安が70%という驚異的な数値を示した。軽減税率も複雑である。クレジットなどのカードを使うとポイントが付くというが、これを上手く利用している人は1割もいないだろう。そこから取り残された低所得者層が損をする。消費税の負担率が最も多くなるのは低所得者である。人…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

れいわの議員も自分の友達にしてしまう安倍首相。その手は食わぬ。

安倍首相が、れいわの船後氏を友人呼ばわりした。山本太郎氏の票で入ったことを考えると、これは最大の皮肉である。山本太郎氏、れいわの最大の敵は安倍政権のあるはずだ。安倍首相はこのさわりは、自分自ら入れるように指示したという。この辺りは、人の褌も自分の味方につける図々しいというか、利用出来るものは何でも使うあくどさがある。れいわの目玉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「検証“消費税廃止”は実現は可能か?」山本太郎 代表に問う!

昨日 BS-TBS報道1930で珍しく山本太郎が一人招待されて報道された。 タイトルは、「検証“消費税廃止”は実現は可能か?」というものであった。 増税前夜に緊急生出演 山本太郎 代表に問う! と表示されていた。 山本太郎の独壇場で、れいわの宣伝が出来るのはいいことだと思っていた。ところが、実際に番組が進むと話が違ってきた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道のツワーでわかる、れいわの期待はますます膨らむ。

れいわの山本代表が北海道を回っている。札幌駅前の演説では、参議院選挙の時のような聴衆が集まった。 この熱気は衰えていない。昨日の旭川の街宣のライブをずっと聞いていた。山本氏は、聴衆から無作為に質問を受ける。質問者は旭川から遠い小さな町からもたくさん来ていることがわかる。その質問の内容は、引きこもり問題、病気補償の問題、地方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小沢一郎、野党合併を主張するが、れいわ、共産でしっかりタッグを組み勢力を拡大すべき。

小沢政経塾で、小沢氏が持論の野党合併を強調した。2年以内に民主党政権を復活させたいと述べたという。バカな前原とバカな小池のお陰で、希望の党騒動で民主党(当時民進党)が大分裂してしまった。当初は立憲も元の鞘には戻らないと言っていたが、れいわのあまりの人気で危機感をもったのか、旧民主党勢力が統一会派を形成した。これはいいことと思う。遅すぎた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

れいわ新選組の山本代表が「東電原発事故経営陣刑事裁判の判決について」物申す。

れいわ新選組の山本太郎が正式に「東電原発事故経営陣刑事裁判の判決について」の談話を述べた。正式に政党として、今回の判決について批判したのは山本太郎だけだろう。本ブログでも述べたが、不当な判決である。 『これはないだろう。原発で死んだ人たち、故郷を奪われ人生を狂わされた人たちにあまりにむごい判決だ。https://3163430…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

小泉の目くらましに内閣支持率アップ。本質を見極めれば自ずと道は決まる。

朝日新聞の調査の内閣支持率が、朝日新聞社は14、15の両日、全国世論調査(電話)を実施した。安倍内閣の支持率は48%で、前回7月下旬調査の42%から上昇した。不支持率は31%(前回調査は35%)だった。改造内閣の顔ぶれについて、安倍晋三首相の人事を「評価する」は35%で、「評価しない」の33%と割れた。大体内閣改造すると、ご祝儀で支持率…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

れいわが始まる 山本太郎 全国ツアー 【第一弾・北海道】

れいわが始まる。北海道の皆さんは幸せです。多くの心ある道民の方が盛り上げて下さい。北海道にもれいわ議員が生まれるように。 そのためには、共産の協働作業が必要です。 以下は共産党との共同会見の動画です。 れいわの山本太郎氏と共産党との共同会見。 れいわが始まる 山本太郎 全国ツアー 【第一弾・北海道】 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

れいわと共産、野党連合政権に向けて合意。大変結構だ。何か新たな政治の兆しが見えてくる。

共産党は、他の野党との野党連合政権への呼びかけを行っている。その手始めとして、れいわの山本代表と会談した。このニュースは19時のNHKユースで取り上げられた。極めて珍しい。それほどれいわの動きに敏感になっている。れいわは明らかに、今の野党の閉塞感を破る何かやってくれそうな希望の空気を運んできた。特に、その政治の視点は世の中から取…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

参議選挙のれいわの得票率は、マスコミ露出皆無の中で全選挙区で最低でも1~3%。

れいわの山本太郎が週刊誌、ラジオ、テレビに呼ばれて、マスコミでの露出度が参議院選挙前の桁違いに増えている。選挙前には皆無であったことを考えると隔世の感がある。ツイッターも未だにれいわ山本氏の記事が多い。「れいわ」、「山本太郎」をツイッターの紹介文に入れるものが増えてきた。そのツイッターの中に、以下の日本地図が掲載されていた。この…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

れいわ山本太郎、今月北海道利尻島(18日)からキャラバンいざ行かん。

れいわの山本太郎代表が一人で、全国キャラバンを始動すると、天下の朝日新聞が取り上げてくれている。こんなことは、参議院選挙前には考えられないことだった。大手マスコミになんか決して取り上げてくれなかった。 このツアーは参議院選挙に落ちたときから言っていたことだ。選挙に落ちたので、議員時代よりはツアーに時間をとれる。山本は今回ツ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

れいわ山本氏、立憲若手議員と消費税ゼロのマレーシア調査。しかし枝野代表はつれない。

れいわの山本太郎は消費税ゼロを公約としている。秋には消費税10%になるギャップは限りなくギャップがある。当然、何を言っているのか?と言われる(言われている)。これに対して、山本議員は、法人税の減税を止める。また所得税の累進課税をもとに戻し累進性を確保する。つまり、富める人から取る。株式などは分離課税にしないで、所得税と一体化するなど…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

れいわの山本氏の下に野党が結集すれば政権は取れる。

立民が、参議院選挙を振り返って、れいわの躍進を見て「自民に対する対抗イメージつくれず」と述べて反省していると報道されている。対抗イメージを作れずと述べているが、そもそもれいわを立ち上げた時、どの政党も対抗勢力になるとは全く思ってもみなかったと思う。支持率の中にれいわが出てきたのは選挙後半にそれも1%にも満たなかった。別に立憲だけではなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国民玉木代表、れいわ躍進は既存野党の内部騒動の幻滅からの反動。

国民の玉木代表はよくわかっている。れいわが伸びている理由は、既成野党がお互いにけん制していることに対して、嫌になってしまっているからだと分析している。玉木氏もバカでないようだ。的確に原因を述べている。玉木氏自身は、何度も立憲と一緒にやろうと言っているので、この主因は立憲であると、心の中では思っているのに違いない。 立憲は、希望の党…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

立憲と国民の統一会派誕生。れいわ、共産、社民の統一会派は?

立憲と国民の衆参の統一会派を組むことが決まった。一時は、破綻するかに見えていたが、統一出来たことは野党全体から見れば良いことだ。この統一会派の力は、れいわの躍進が作用したことは間違いない。 今後、会派内部でさざ波が立っても、それをかつての民主党時代のようにゴタゴタする姿を表に見せるようなことはしてほしくない。自民もいろいろ内部であ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

財務省の文書改ざんの実行責任者、駐英公使に大栄転。夫妻を助けたご褒美。

日本の会社、特に競争の激しい大会社では、管理職の課長クラス以上になると、上位になるほど地位のポストは少なくなり、一度仕事で問題を起こしたりすると、昇進ラインから外れていくのが普通である。課長試験は昇進のためと言われているが、課長としないためのふるい落としと考えた方がいい。全ては課長、部長、取締役、専務には出来ないという訳である。日本の官…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

衆院野党の統一会派は遅きにししている。次期総選挙はれいわ様々で協力が必須。

衆議院で野党3党(立憲、国民、社保)が統一会派を組んだ。随分と回り道をし、時間が掛かった。小池都知事の希望の党は壮大なる回り道であった。一つの大きな党になるつもりが、逆に分裂してしまった。その後、国民民主がさかんにヨリを戻そうと立憲に働きかけたが、立憲の枝野代表は、統一会派や一つの党になるのは野合だと大きな声で叫んでいた。その時、これは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

室井氏もよく本質を見ている。れいわと共産の共闘に期待。

室井佑月氏と言えば、「ひるおび」番組で、安倍シンパバリバリの八代弁護士らに交じって、かなり政府批判寄りの発言をする。いつ首になってもおかしくない立場であると思っている。こちらが心配になる。週刊朝日の連載「しがみつく女」はかなり辛らつに政治批判を書いている。 その中で、以下の記事が目に留まった。内容は、共産の志位委員長が、れいわの山…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

野党は、山本氏の下でまとまればいい。

昨日は、立憲が衆議院で統一会派を国民民主、社民にも呼びかけた。これは明らかに立憲の議席は増えたが、それ以上の広がりが無かったからの反省からであることは間違いない。立憲から必ず当選すると思っていた候補者も落としている。れいわには風が吹いたが、立憲には吹かなかった。国民民主には全く風は無かった。国民民主も社民も衆院での統一会派に賛成意向とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

政治、政策の常識の打破は政治素人の山本氏でないと出来ない。

BS-TBS「報道1930」に90分間、山本太郎氏が単独で質疑に答えた。選挙前の状況から見ると隔世の感がある。世論調査には選挙前にはれいわの支持率は出て来なかった。今や、政党支持率が1.3%で、国民民主の0.9%、社民の0.3%より多い。これだけ露出が多くなれば、あっという間に、数%レベルまで行くと思われる。維新の3.6%、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

早くも「れいわ」効果が期待される。厚労省、重度訪問介護見直しへ。

根本厚労相が、れいわの2人が問題提起した、仕事中の障害者介助の費用負担について、プロジェクトチームで検討するという。さっそく「れいわ」が問題提起したことが検討されるという。仕事をしたいのに、家に籠ってただぼんやり過ごす場合に介護補助が出るが、少しでも仕事をすれば介護補助を受けることが出来ない。これにより、障害者が就職したくとも、稼ぐ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

8月1日 山本太郎の街頭記者会見を聞いて彼の根底の思いに触れる。

昨日8月1日の新宿小田急デパート前のれいわの山本太郎の会場から質問を受け回答する会見をユーチューブで最後まで聞いていた。実によく勉強している。何の準備も無く回答する。安倍首相には到底出来るものではない。選挙前に街頭で経済指標、データに基づき、政策提言していたが、会場からの質問に合わせてスクリーンに表示して説明していた。 この中で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本維新の松井代表の言いがかりに対して山本太郎ばっちり反論。

れいわ新選組の山本代表が、羽鳥モーニングショーの玉川氏のそもそも総研に再度呼ばれ、今日登院した船後氏、木村氏に関連して話した。この中で、前記の両氏に参議院で介護費を出すことに対して、日本維新の松井代表が以下の記事のように、「議員優遇はおかしい」と述べたことに対して、山本氏の見解を求められた。 「議員優遇おかしい」 れいわ2氏の介護…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

れいわ新選組のTV出現は異常レベル。早くも国会の常識の打破と期待膨張。

れいわ新選組の異常なほどのTVでの取り上げ方である。花火で終わるか空に輝く星になるのか?これからが本当の勝負である。このブログでは、選挙に旗揚げした当時から、(期待を込め)頻繁にれいわ関連記事を書いてきた。正直、書きながらこれほど注目されるようになるとは思っていなかった。しかし、山本太郎と仲間たち代表、自由党で小沢一郎と共同代表をやって…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

N国の本来の趣旨から訳アリ議員集団に変容。

昨日は、『「れいわ」と「N国」の立党の志があまりに違い過ぎる。』と題して記事を書いた。この中で、N国の立花代表は、みんな党の渡辺喜美氏と会ってN国の入党について話し合ったら、N国入党とはなく、「みんなの党」の会派を結成するという。ひるおびの番組で、日頃大っ嫌いのコメンテーターの田崎氏が、全て訳アリの人物が会派に入ってくると述べていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「れいわ」と「N国」の立党の志があまりに違い過ぎる。

今回の参議院選挙で、政党要件を満たしたのが、「れいわ新選組」と「NHKから国民を守る党」である。 しかし、「れいわ」と「N国」の立党の志があまりに違い過ぎる。 N国が党要件の投票率を得たことは、日本の中に如何にNHKの報道に不満を持っている人がいることを示している。政府べったりの報道、番組を見なくても料金を取られる。 N国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

れいわ新選組の重度障碍者が、全国の障がい者の働く権利のための改革に繋げる。

れいわ新選組の山本太郎代表が重度障碍者二人を参議院議員にしたことで、今国会が大きく変わろうとしている。参議院事務局で、上記二名の登庁時の不便を無くすための施設改善、設備改善を行っている。物理的な不便性は最低限改善されているようだ。 この中で、船後氏、木村氏が重度障碍者制度の不備により、「登院出来ない」という問題に直面している。その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more