テーマ:財務省

福田前次官のセクハラを暴露した女性記者、処分せずは朝日テレビの見識。

前福田財務次官がセクハラで辞任したが、朝日テレビの女性社員がその事務次官のセクハラした際の音声を録音し、それを週刊誌に提供したことをについて、朝日テレビは「社員を処分しない」とした。この記事が、朝日、共同通信、毎日などたくさん出ている。どの記事も「記者処分しない」という表現が使われている。前福田次官も今回の女性記者の行為を裁判に訴えると…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

政府を忖度する官尊民卑の検察はいらない

検察の人事は、法務省によって決定される。裁判所も法務省の管轄である。検察、裁判所の幹部クラスは、法務省、つまり内閣官房により管理されている。露骨に言えば、日本の司法は、内閣総理大臣の管轄下にある。大阪地検特捜部長の山本真千子氏が、民間人の籠池氏はいやっというほどいじめた捜査を行ったが、首相官邸の意向を受けて、滅茶苦茶にした佐川氏は不起訴…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日本の政治史の中で最悪の不祥事、無責任がまかり通る。検察審査会で正義を下せ!

麻生大臣が、幹部を含め約20名の部下たちの処罰はしても組織的ではないと言い、自分は辞任しないで、財務省の再生を担うと述べている。民間の会社では、こんなモラルの無いことはあり得ない。羽鳥のモーニングショーで、解説者の玉川氏は、防衛省の日報隠しとそれの所管の稲田防衛大臣の辞任ケースと比較すると、今回の財務省の改ざん、背任行為の方がはるかに罪…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

大阪地検は存在価値なし。検察審査会で国民の常識で裁く。

今、日本の政治は、安倍首相によって毒されていると思っている。戦後の政治の中で、これほど政治が乱れたことはないのではないか?その乱れが、全て首相の膿が原因である。 大阪地検特捜部が、昨日の予想通り、佐川他誰一人、起訴されないことになった。佐川氏はの場合は、改ざん箇所が300カ所もあり、廃棄した罪もある。また、この改ざんで国会を1年間…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

検察の正義による立件が期待出来ないのなら、市民側の常識で立件するしかない。

検察の正義による立件が期待出来ないのなら、市民側の常識で立件するしかない。 今日は、野党党首と安倍首相との党首討論が行われた。全体で高々45分の時間では、安倍首相を追及することは難しかった。野党の質問も、安倍氏の言動が嘘であることをわかりながら、日大の内田監督のように、全て否定されれば、第三者の裁定者、例えば警察によらなければ…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

愛媛県新証拠文書をフェイクというなら、首相自身が「記録」で証明しなければならない

マスコミも日大アメフトの内田監督への追及は辛らつである。もう極悪人のような調子で追及している。確かにその通りなのだが、内田監督よりももっと悪いことをしている人たちがいる。自分たちのお友達に便宜を図り、それを追及され、ボロが出て来たら、霞が関全体の官僚を巻き込み嘘を言わせ、挙句の果てに、その嘘のため人ひとりが命を絶った。国会の国政調査権に…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

このまま嘘を通してしまえば、いくら嘘を言ってもいい国会になる

自公を支持している支持者は勿論だが、所謂無党派層の人の中には野党がいつまでも加計、森友にこだわって、それだけやっていると批判している。私の周りにも、そのような声を聞くことがある。 しかし、これだけは絶対に許してならない。一国の総理が、自分、妻がお友達に特別の便宜を図って不正を行ったからだ。断定しているが、ここまでくれば全て自分…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

大阪地検特捜部が佐川氏を不起訴にしても、市民感覚の検察審査会では強制起訴の可能性は大。

大阪地検特捜部の前田主任検事が証拠品のフロッピーディスクの日付を改ざんした事件は有名である。 その前田氏は、懲戒免後、1年6か月の実刑で罪を償った。その際法曹資格を失った。10年経つと法曹資格が回復するという。その前田氏が、出所の2012年から「元特捜部主任検事のつぶやき」と題し、Facebookのページに書き込みを行っている。 …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

佐川氏の虚偽答弁は明らか。検察はきちんと起訴すべき。

今月18日に改ざんした文書を野党に公開するとしていたふが、23日に提出するという。文書自体はあるのに、また不都合な部分を出さないため画策しているとしか思えない。この中には、森友学園との交渉経緯が書かれているという。 この文書は、佐川氏が廃棄したと強弁していたものだ。しかし、1年かけてやっと見つけたかのようなことを言っているが、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

財務省内でのセクハラ防止研修会は親分の麻生氏への強烈なあてこすり。

今日、財務省内で、セクハラなどの問題に詳しい菅谷弁護士が、幹部約80人を前にセクハラ防止研修会を開いた。その中には、理財局長の太田氏も出席していた。菅谷氏は、財務省の感覚は、世間の常識と非常にズレていると述べた。こんなことを大の財務省幹部が受けること自体が、恥も外聞もない。 この講習会を最も必要としているのは、財務省の親分であ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

麻生大臣の「セクハラ」発言は、民主党時代の辞任程度から言えば極刑だ。

民主党時代の鉢呂通産大臣が、福島の原発事故で真っ暗になった町を見て「死の町」のようだと述べ、また福島の放射能汚染地区から防護服で帰ってきたとき、記者に冗談で「放射能つけちゃうぞ」と述べたとして、不謹慎だと野党、マスコミに叩かれ、辞任したことを覚えているだろうか? 鉢呂氏は、その発言も別に辞任するような話ではない。「放射能つけち…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

与野党で議員立法のセクハラ防止法を法制化すべき!

麻生大臣が、「セクハラという罪はない」と福田元事務次官を庇ったが、その福田氏は週刊新潮を訴えると話していたが、マスコミに訴えたという記事は未だに見ていない。訴えると言っていたのは、家族へのポーズと思っている。財務省としてはセクハラがあったとしているのに、そのTOPの麻生大臣が、未だに福田元次官はセクハラで辞めたのではないと述べている。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

麻生氏、「セクハラ罪という罪はない、殺人とは違う」と言う感覚に全てが凝縮されている。

麻生財務大臣が、公衆の前で福田前事務次官のセクハラ事件について、「セクハラ罪という罪はない、殺人とは違う」という持論を述べ、これは組織の問題ではなく、本人個人の問題だから、もうこれ以上調査しても仕方がないと述べた。 麻生大臣が今までの他人事のよう態度を示し、福田氏をかばい、逆に福田氏が逆に女性記者に嵌められたかのように言ったことと…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

安倍首相が本当に「膿」を出したのなら、自分が辞めればいいのだ。

安倍政権は、5月の連休は、数かずの不祥事を国民から目をそらせ、忘れさせる時間と見ているのだろう。国民も連休に浮かれて、森友、加計、財務省文書改ざん、財務省セクハラ問題、自衛隊日報問題などを忘れない欲しい。何ひとつ解決されていないのだ。何一つだ。 この未解決の元凶が、二言目には「膿を出して正さないといけない。私が率先して正していく」…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

安倍政権は嘘まみれ。検察に頼れないなら検察審査会でやるしかない。

安倍政権は、何から何まで嘘まみれ。別の表現をすれば、膿まみれ。立憲の逢坂氏が質問主意書で、自衛隊日報の中の「戦闘」と書かれていたことを、法的な「戦闘行為」ではないと回答したという。こういうのを、福田前次官がセクハラで弁明して述べた「言葉あそび」の類である。安倍首相になって、いつも詭弁がまかり通る。都合が悪く成れば、普通では通じない理屈で…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

福田前次官のセクハラ調査で、謝罪無はまるで安倍首相の森友、加計問題と同じ。

福田元次官のセクハラ調査について言う前に、希望に居る前原について一こと言いたい。ツイートを見ていると、前原が国民民主に移ると書かれている。確かに、細野、長嶋、松原は分党すると述べている。その中に名前が出てこなかったが、ちゃっかり国民民主に紛れているらしい。これで、国民民主も船出からケチを付けた。前原が似合いなのは維新か自民だ。 立…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

与党の傲慢国会運営は安倍首相の責任。いつか罰が当たる。

今日は、野党が国会審議を拒否した中で集中審議として、安倍首相が維新以外の野党が出席していない中、その割り当て時間の間、じっと座って待っていた。これは、俺は出ているのに、野党は来ない場面を見せつける嫌みだろう。これを受けて、TV番組のひるおびのキャスターの八代氏が、野党は給料をもらっているのに審議拒否はおかしいと述べていた。野党の言い…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

福田財務次官のセクハラ問題は、20年前の大蔵省不祥事よりはるかに深刻

福田財務次官の女性記者セクハラの本人は、朝日テレビの社員であったことが、4月19日の午前0時以降に会見した。会見を朝方やってもいいはずである、敢えて真夜中にやったということは、羽鳥のモーニングショーで取り上げるためと思われる。もう一つは、麻生大臣がワシントンに飛び立つ前という意図もあったと思っている。 モーニングショーで、安倍のご…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

財務省の幹部はどこまで腐っているのか?本当に自分本位のヒラメ官僚だ

福田事務次官が辞表出した。本人は、自分の声ではないと、週刊新潮と裁判で闘うと述べた。19日に新潮が反論を掲載する。今まで以上に、録音でも出て来ないような話が出てくるのであろう。それにしても、福田氏には謙虚さのかけらもない。腐っている。裁判をするのは、自分の家庭に対する面子を担保するだけだろうと思っている。霞が関の官僚の幹部で国民の奉…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

福田氏の言い分を認め恫喝する財務省を認めているのは安倍政権そのもの

今日、元経産省官僚である古賀茂明氏が昼番組に出演し、福田財務次官のセクハラ問題について話題にしたツイッターを見た。以下がそれである。 ここには以下のように書かれている。 『女性記者を知る古賀茂明「出て来い、出て来いという状況になって本人脅えている。ただ彼女が言っているのは、ひとつだけ心の支えは(伊藤)詩織さんだと。詩織…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

福田財務省次官問題の財務省の姑息な対応は安倍政権と同じ。

福田財務省次官は、週刊新潮でセクハラ記事が出たとき、新潮の記者にはかなり怒って否定したが、その後セクハラのYoutubeで、音声と本人写真が出てから、取り巻き記者には別に否定する訳ではなく、無言を押し通した。そのYoutbe画像と音声は、毎回朝、昼のテレビショーで取り上げられた。番組の中では、音声分析で確かに国会答弁時の声紋と同じだとの…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

理財局の罪が暴かれてきたが、捜査もその根源に迫れなければ不公正、不正義だ。

今日の森友に対する自民西田氏の質問は「やらせ質問」であった。検察のリークと思うが、8億円値引きの根拠であるゴミ処理にトラック約4000台分の土を処分することを理財局職員が森友側弁護士に口裏合わせをしたかを西田氏が質問した。 これに対して、太田理財局長は検察に事実を押さえられて観念して、「理財局職員が『撤去費用が相当かかった、トラッ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

安倍官邸の官僚絶対操縦に綻びが生じてきた。

最近、森友学園、財務省の公文書の改ざんの調査の動きが見えてこないが、検察の調査待ちということだろう。リニア新幹線の談合調査をしていた東京地検特捜部の検事が、リニアの捜査がひと段落したのを受けて、森友の事件に支援参加しているという。佐川氏も任意聴取を受けているかもしれない。その内に、検察がリークするだろう。検察が官僚を逮捕起訴すれば官…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

佐川氏は安倍夫妻を守ったからといって、全て罪を擦り付けられる。

検察も明日の証人喚問を援助するかのように、リークしている。日本ニュースネットワーク(NNN)に、職員への捜査で、改ざんは「佐川理財局長の指示だったと思った」と報道された。佐川氏の罪は固まってきている。 今日の、国会中継で、社民福島議員と立憲福山議員の質疑を聞いた。中々いい質問であった。 社民の福島議員は、今日、籠池氏接…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

佐川氏証人喚問の外堀は埋められている。真実を述べた方が身のためである。

日テレが大阪地検特捜部に食い込んでいる。先日も、財務省が国交省にも文書改ざんを依頼していたとのスクープを報道したばかりである。 今回は地検が理財局の複数の職員を任意で聴取したとの報道である。職員は聴取に対して「組織のために仕事としてやった」という趣旨の供述をしているようだ。地検関係者によると、文書改ざん問題の経緯について説明を求…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

安倍夫婦の包囲網は徐々に狭まっている。もう逃げられない。

麻生大臣は、昨日森友学園との契約決済文書について、記者から決済文書の原本を検察に見てもらうことはしないのかと問われて、捜査を受けている身のものが、そんなことは出来ないと言い、全くそのような考えはないと述べた。捜査が終われば、求めることは出来ると述べた。こんなことを堂々ということは、一般人には言えない。言えば、いいかげんなことを言うなと怒…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

安倍夫婦を守るためについに犠牲者が出た。これで何も変わらなければあまりに酷すぎる

財務省の配下の近畿財務局の職員が自殺したという。財務省が、調査、調査すると言っていたのは、誰が朝日新聞にリークしていたか、犯人探しをしていたとしか思えない。 本人は、森友学園側と直接交渉していた責任者の部下ということである。最もよく知りうる人物で、議事録などは全てメモしていたと思われる。当然、籠池夫婦とも面識があるはず…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

安倍夫婦のために日本の政治、官僚組織が腐っていく。

昨日からの予想通り、財務省は決裁書の原本は出さなかった。原本があるのかと、野党合同委員たちが財務省役人に聞くと、あるともないとも言えないという。これは、誰に聞いても「ある」ということだ。検察と朝日に原本を抑えられているので、「無い」と嘘を言えないのである。 日本の政治が、安倍夫婦の個人的な行いに振り回されている。本当に憲政史上にい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明日の財務省開示文書はまやかしの文書らしい。国会の権威はバカにされっぱなし!

どこの風の吹き回しか、自公の幹事長が、財務省に決済文書を開示するように、政府に要望したら、途端に、自民党と民進の国会対策委員長が協議し、明日8日に決済文書のコピーを提示すると発表があった。あれだけ、拒んでいたのがそのまま本物が出てくるとは、俄かに信じられない。それも、自民と協議の相手が、民進の国会対策委員長というのも違和感がある。民進の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more