テーマ:検察

国有地払い下げ事件の解明こそが、大阪地検特捜部の存在意義だ。

東京地検特捜部の新部長に、森本宏氏が就いた。その会見で、「国民の方々が不公正、不公平と感じ、水面下に隠れた事件を手掛けていきたい」と述べた。これを実行してくれるなら、大いに結構なことである。是非そうしてほしいものである。 東京地検特捜部長と言えば、当時の民主党代表の小沢氏が首相になる直前に、自民党議員なら記載訂正で済むような政治資…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

望月記者、森友土地取引に国の「口裏合わせ」についてツイート

一マスコミの一記者がこれだけ、注目されたことがあっただろうか?その記者は望月氏である。菅官房長に、菅氏がイライラするまで、毅然と質問した記者はないないだろう。この記者を送り出している東京新聞もジャーナリズ魂を感じる。 元々、東京新聞は、読売は論外であるが、朝日、毎日よりも政府に物申す新聞だと思っている。特に、原発政策では、先頭を切…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

地検、籠池夫妻の詐欺1億円に積み上げ。これで終わりなら、政府検察だ。

森友学園の籠池夫妻の逮捕拘留もそろそろ終わると思っていたら、やはり地検特捜部が罪状の内容を公表した。 その詐欺罪の総額は、1億円と聞き、正直言って、そうとうかき集めて上乗せしたなと思った。逮捕した理由を出来るだけ大きく見せるように積み上げたように思える。郷原弁護士に言わせれば、逮捕しなくても済むようなものと述べていた。 これ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

籠池夫妻は、郷原信郎弁護士に弁護を頼むべきである。

郷原氏と言えば、小沢一郎氏が政府を忖度した地検特捜部に狙われ、強制起訴されたとき、検察の一連のやり方を批判した。つい最近では、岐阜県美濃加茂市の藤井市長が検察に逮捕されたとき、検察側の証人の不合理を突いて弁護を行った。 今回、籠池夫妻が、大阪地検特捜部に逮捕され、その理由が「詐欺罪」と報道されたときから、直ぐに証拠隠滅もしない夫婦…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

森友学園の国有地払い下げの交渉録音が公開。いよいよ国は追い詰められた。

籠池夫妻が逮捕されてから、検察から籠池氏らが国を騙して、悪事を働かしたような印象ニュースがリークされている。 当初、籠池氏らは、補助金の不正授受容疑で、補助金適正化法で逮捕されるとされたが、郷原弁護士によれば、補助金適正化法では、籠池氏が受け取った補助金を返しているので、逮捕までの罪になりづらいので、詐欺罪にしたという。詐欺罪は本…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

籠池夫妻逮捕。なら、法の下で、巨悪の逮捕も無いと国民は納得しない。

籠池夫妻が逮捕された。その逮捕理由が、建物の補助金の不正授受及び、幼稚園の職員水増しによる補助金の不正授受である。建物の方の不正授受金約5600万円は返却したとある。 そもそも、森友学園の建設は、8億円の値引きによる国有地の払い下げがされない限り、事件の発生はなかった。当然、それを働きかけた首謀者は、罪を受けなければならない。 …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

今の検察の現状は、「巨悪は安心して眠って下さい」状態だ。

森友学園事件、加計学園事件を見ていて、安倍政権における検察と、民主党政権時における検察は、まるで別物の検察に見える。今の人たちは、民主党政権が出来る寸前に、当時の民主党小沢代表が、首相になる寸前に、政治資金違反容疑で秘書たちが軒並み逮捕されたことを知っているのだろうか?小沢氏も検察審査会の不正により強制起訴を受け、首相の芽を摘まれてしま…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

舛添という男には道理が通じない。市民団体が告発した第三者の検察しかない。

舛添という男は、自分の発言や行動の内容を聞いている者が、どう感じるかは関係ないらしい。今日の記者会見で、全ての質問に対して、「第3者の厳しい目で調査してもらう」と繰り返した。この記者会見を中継していた司会者の宮根誠司氏、キャスター安藤優子氏が、舛添の発言をくそみそに批判していた、このような番組では、あからさまな批判はしないものであるが。…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

検察は、秋霜烈日の精神が少しでも残っているのなら、甘利、舛添事件を裁け!

秋霜烈日(しゅうそうれつじつ)と読んで、何を連想するだろうか?これが日本の検察官が付ける検察官記章(バッジ)のデザインに対する呼称である。秋の冷たい霜や夏の激しい日差しのような気候の厳しさのことで、刑罰・権威などが極めてきびしく、また厳かであることのたとえである。これを知っている人は、少しでも政治事件に興味がある人だろう。 検察が扱う…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

甘利事件、あまりに遅い事情聴取。本当にやる気があるのかわからない。

特捜部が、今頃辻褄合わせのように、甘利氏の告発者を任意聴取と報道された。この報道をしたのは、日刊ゲンダイ紙の他に読売新聞のようだ。テレビで報道されたのは見たことがない。 現役の大臣でもなかった小沢氏が、陸山会事件で特捜部に秘書らが聴取、逮捕されたときの報道と月とスッポンほどの違いがある。日刊ゲンダイ紙がただ一紙、何回にも亘って、検…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

甘利事件に動かぬ検察は、政権への忖度だということだ。なさけない。

元検事の郷原氏が、国会の公聴会でコンプライアンスの話として甘利問題の話をした。その際、自民党の補完政党である「おおさか維新」の足立議員に、売名弁護士などと非礼極める侮辱を受けた。公聴人に対して暴言を吐いたということで懲罰動議を受けたが、当の本人は未だに反省をしていないと郷原氏が怒っている。 最近は現政権に遠慮して、政権に都…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

検察による田母神氏の捜査は、甘利事件隠しのように思える。

国民の誰もが、甘利氏の利益斡旋利得罪に関する検察の動きがないのを、疑惑、不信の目で見ているのに、何故か全く動きが無い。ドリル小渕氏の政治資金疑惑でも、一応、秘書を検察が調べている。日刊ゲンダイ紙には、甘利氏の事件の捜査を動かすには、甘利事務所、URに働き掛けた告発者が自首すれば、さすがに検察が動かなければならないだろうという記事まで出て…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

甘利氏は逃げているつもりだが、自民にとっても逆効果となる。

甘利氏が、国会の証人喚問、参考人招致を免れるため、睡眠障害だとして自宅療養中である。眠れないというなら、今は随分とそれに効く良い薬がたくさんある。眠れないから会社に行けないなどという社会人は、見たことがない。 例え眠れなくても、国会の1時間程度の証人喚問が出られないとは誰も思わない。安倍首相も疑惑を晴らすため説明をしなさいといい、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

美濃加茂市長無罪判決に導いた郷原弁護士の率直の思い:正しい裁判の姿に救い

一昨日、以下の無罪判決について、率直な感想を述べた。 『美濃加茂市の藤井市長の無罪は郷原弁護士の功績で、幸運だった。 』 http://31634308.at.webry.info/201503/article_5.html ここでは、検察が、自分の立場(有罪にすること)を守るために、証人とバーター交換をしてでも、虚偽の証…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

美濃加茂市の藤井市長の無罪は郷原弁護士の功績で、幸運だった。

岐阜の美濃加茂市長の藤井市長が無罪になった。 この事件をなぜ取り上げたかというと、郷原信郎氏が主任弁護を担当したからである。郷原氏自身は元検事で、民主党の小沢一郎代表が陸山会事件で地検特捜部に捜査されたとき、検察の捜査の手法、強制起訴に向けた検察審査会へ検察の関与などを批判した。検察の手口、手法を熟知している。 その郷原氏が…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

野党には厳しい検察も、自民党議員にはアンタッチャブル。これでは「秋霜烈日」が泣く。

安倍政権になって、世の不正を正すべき検察が、まるで機能しなくなったと思っている。民主党政権が出来る寸前に、小沢代表を政治資金規正法違反として秘書3名を逮捕し、総費用20億円を掛けて小沢氏の不正を見つけようとしたが、記載の期ズレ程度しか出て来なかった。石川元秘書に5000万円渡したという嘘の証言を、当時の水谷建設社長にさせたのだと、今やネ…
トラックバック:9
コメント:4

続きを読むread more

腐った検察には、もはや真の悪を裁くことは出来ない!堕落した検察はいらない

原発事故で告訴された東電の経営者、菅元首相も含めて、全員が不起訴になった。これだけの大事故、しかも未だに収束しておらず、これから何年掛るかもわからない。小沢氏の場合には、政治資金の修正で済む話を、20億円以上掛けて捜査した。あの時は、東京地検はマスコミに連日捜査内容をリークし、小沢真っ黒のイメージを刷り込み、逮捕に向けてでっち上げを行…
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

田代元検事不起訴の茶番劇。もはや検察に自浄作用なし

検察審査会で不起訴不当とした議決に対して、最高検が田代元検事を再聴取していたそうだが、また不起訴にするとのことだ。この情報は、正式な発表に先立ち、露払い的に最高検の内部からリークされたものである。意図して流したものである。 この田代元検事、佐久間元特捜部長の一連の捜査の経緯を知るものからみれば、明らかに特捜部長などの上位上司から指…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

検察当局は無実の小沢氏らを起訴したのなら、原発事故の刑事責任起訴は当然だろう。

検察当局は昨年8月に「福島原発告訴団」など複数の団体からの告訴・告発を受理し、東電経営責任者、政府関係者の事情聴取を行っている。福島原発の事故は、所謂工場火災や、鉄道事故と色合いが異なる。 前記事故は場所としては局所的で、事故現場もせいぜい2、3か月で撤去され事故の跡がわからなくなる。福島原発は2年を経過するが、政府は冷温停止と実…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

「国民の生活が第一」会派の森ゆうこ氏が登場。

7月11日に、小沢新党が50人規模で立ち上がる。全国紙版のマスコミは、新党には期待していないという雰囲気を醸し出すために躍起になっている。設問自体に「期待する、期待しない」という言葉を入れていること自体、恣意的である。今の財界、マスコミ、既存勢力、米国を含めて、日本の将来を立ち直す政治をやられると困る勢力、つまり50年間自民党政治で満足…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

小沢氏はなぜ新党への時間稼ぎを行うのか?何か裏がありそう。

昨日のブログで書いた田代元検事の不起訴について、市民団体「健全な法治国家のために声をあげる市民の会」の代表の八木氏が次の手を打ったと書かれていたが、その手とは小沢氏がやられた検察審査会への告訴であった。この検察審査会以外に、一般市民が手を打てる手段はない。検察審査会に告訴しても、最低2つのハードルがある。 一つは、最高裁判所事務…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

小沢氏にまつわる、7月26、27日の出来事が、日本の政治史、司法史の汚点として残る。

昨日の3党合意による消費税増税法案の可決は、日本の政党政治が戦争に突入した翼賛政治、つまり談合政治に帰した昭和以来の歴史に悪名として残るものであった。その翼賛政治の大きな原因が、それぞれの党がそれを進めるための最も大きな障害であった小沢氏の存在で、小沢氏に対する互いの利益でまとまったものであった。つまり、自分たちの党に不利益な一政治家の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネット社会が絡んでいる限り、マスコミがいくら検察をフォローしようがそうはいかない。

野田首相が、小川元法務大臣との話で指揮権発動の相談について否定したと、共同通信では書かれている。 また時事通信http://jp.wsj.com/Japan/Politics/node_459136には、「明確に個別の事案について指揮権の話を具体的にされた記憶はない」と自民党の稲田朋美氏に答弁したと書かれている。古今東西、国会答弁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小川前法相、検察は田代検事の無罪の証拠しか集めていないと激白

今、ネット上では小川前法相の指揮権発動問題の話題で沸騰している。この件で東京新聞の論説委員がツイートしていて、7日の7時に小川前法相インタビューを現代ビジネスの「ニュースの深層」に掲載するというので早速見てみた。詳しくは、以下を読んでほしいが、小川氏が退任時の記者会見で述べたことより、一歩も二歩も踏み込んだ言い方をしている。以下にそれを…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

人を逮捕し、起訴し、刑罰を決める権利を持つ検察は、組織として、人として最も厳しくなければならない。

朝日新聞、読売新聞、産経新聞が、田代検事は懲戒処分、それも訓告で、上司も処分と報道し、最後にNHKが前記の内容を反復して報道したときは、これは完全に5月中に検察庁から正式に不起訴の発表があると覚悟していた。しかし6月に入ってもまだ正式な不起訴の報道はない。 以下のツイートはいささか古くなった情報であるが、前記マスコミに検察がリーク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八木啓代さん率いる「健全な法治国家のために声を上げる市民の会」がんばれ。守旧派検察に負けるな。

検察の垂れ流し広報機関と成り下がった朝日新聞、読売新聞が、田代検事が起訴ではなく、懲戒処分となることを盛んに流していたが、田代検事を指揮した佐久間元特捜部長も懲戒処分として訓告がなされることが産経新聞に出された。 この訓告は、懲戒処分の中でも最も軽い「戒告(譴責:けんせき)」よりも更に軽いもので、上司がこれから気をつけなさいよ、と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田代検事の「人事上処分」は、単に「懲戒処分」に変わっただけ。

検察の御用垂れ流し機関である朝日新聞が、昨日の読売新聞に続いて、田代検事を不起訴ではなく懲戒処分とすることを公表すると報道した。今まで報道されていた人事上の処分とは、懲戒処分だと言うのだ。20数万人の有権者が選んだ総理大臣になるはずの政治家に対し、虚偽の報告書を上司の指示で作り裁判に縛り付けた刑事事件を、単なる懲戒処分で済ますと言う。何…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

検察の垂れ流し情報を大手マスコミが批判しない代わりに、ネット社会が悪を眠らせない

検察の垂れ流し広報機関となり下がっている朝日新聞と双璧の読売新聞が、いよいよ真打として登場。以下の記事のように、虚偽記載した田代検事を「偽計業務妨害容疑で告発された当時の特捜部長ら上司も不起訴とし、今週にも法務省と人事上の処分について協議に入る。」と書いている。所謂、世論のガス抜きで反復化である。人間何回も同じ情報を与えられると、だんだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小沢氏控訴によって逆に天に唾したことで、検察の組織犯罪が暴かれる。

指定弁護士が控訴したが、控訴権はまだ明文化されていない。こういう話が後からわかることに、マスコミの劣化を知ることが出来る。つまり、マスコミは知っていながら、こと小沢氏に関しては都合の悪いことには口を噤んでいる。一説には、控訴を一番期待していたのは財界だという話がある。なぜなら、小沢氏が完全復権すれば消費税増税は潰され、財界として困るから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田代検事不起訴? おい、冗談じゃない、冗談も休み休みに言え!!

田代検事を不起訴にする方向で最終調整しているという以下の記事を読み、愕然とした。おい、おい、嘘だろうと。このニュースは、新聞では朝日新聞だけが報道している。他のマスコミを見ても出ていない。朝日新聞の願望が先走ったように見える。 検察は小沢氏には超厳しく、自分たちには超甘い。この事件は、前田元検事のFD改ざんよりも重い。なぜなら、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more