テーマ:理研

理研は自らの責任に目をつぶって、全て小保方氏に罪をなすり付けているように見える!!

研究開発は、個人の能力、見識が問われる仕事である。しかし、会社の研究所、大学の研究室、公的研究所は、組織で動いている。理研も公的研究所であり、そのトップはノーベル賞受賞者の野依理事長である。研究は個人とはいいながら、チーム、グループで動いている。さらに、その上には教授、笹井氏のような世界トップクラスの研究責任者が付いている。 今回…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

笹井氏の自殺を受けて国民の税金を使った理研は解体的出直しをすべき

理研の一連のSTAP細胞に関する出来事についての所感について、以前に一度書いたことがある。このSTAP細胞について、世の中で、STAP細胞など無いとか、いろいろ批判されている。ネイチャーの論文は取り下げられたが、今小保方氏も加わって、その検証を行っているところである。 世の中には、STAP細胞なるものは存在しないと言っている人が多…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

理研は不利な状況を隠すため再調査を拒否。小保方氏が不正をしたなら理研も不正をした。

理研は、小保方氏が出したSTAP論文の再調査の要求に対し、再調査しないとの結論を出した。これでは益々臭い物に蓋である。今回、理研の調査委員会の委員長に加えて、さらに2名の委員が、小保方氏と同じように画像の切り貼りを行っていたことが暴露された。小保方氏の画像操作を捏造、改竄というなら、程度の差はあるが、委員の内、委員長を含めて過半数を超え…
トラックバック:3
コメント:1

続きを読むread more

理研調査委員会の崩壊。もう小保方氏を裁く資格なし。

小保方氏の論文を、捏造、改竄とした理研の調査委員会の石井委員長が、自分の論文の画像を操作、加工したことを指摘され、あっさりと辞任した。小保方氏は2画面の画像加工があったが、自分は1画像だから、悪くないという、全く男らしくない言い訳である。反吐が出るぐらいひどい。 これだけでも十分酷い話であるが、調査委員会の他の委員の論文にも、疑惑…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

どいつもこいつも、偉そうなことを言っている奴ほど、口ほどにもない

最近、えらそうなことを言っていた奴ほど、逆に自分の事は棚に上げて相手を批判している。みんなの党の渡辺代表は、自民党を飛び出して官僚の天下りなどを批判し、同じく霞が関政治を批判していた生活代表の小沢氏の政治資金問題では随分批判した。小沢氏の場合は、申告の期ズレ程度の話で、本来なら修正申告で済むような問題だったのだ。渡辺氏は、自分自身は8億…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

理研は腐っている。上から下まで同じ穴のムジナである。

理研という組織は一体どう組織なのか?企業に勤めていた身からすれば、こんな酷い組織は見たことがない。30代前半で1000万円近くもらい、学会活動が主というから、大学より浮世離れした世界ではないか? 小保方氏のSTAP細胞で、石井委員長が、小保方氏の画像の切り貼りを捏造と断じて、まるで吐いて捨てるような言い方で研究者失格の烙印を押し…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

小保方氏の記者会見は、本人、この成果を待っている国民にとっても、良かったと言わざるを得ない

今日、理研の小保方晴子氏が記者会見を行った。NHK、民放のTVで長時間中継し、まるで、ノーベル賞を取ったかのような記者会見であった。この小保方氏の件について取り上げるのは、今回で3回目である。過去2回は、理研が小保方氏の問題に対して、同じ組織の仲間という扱いではなく、自分たちの責任は棚上げにして、一方的に小保方氏の責任だけとして切り捨て…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

理研が小保方氏だけに責任を負わせるのは、余りに理不尽である。理研自体が責任を取るべき。

小保方氏のSTAP論文の調査で、理研が最終報告を行った。この報告書を読むと、論文は全て小保方氏一人が改竄し、捏造したと決めつけている。 「小保方氏が捏造、改ざん」 STAP論文 理研最終報告 http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2014040102000228…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more