テーマ:生活

野党共闘の体制と市民側の体制が出来つつある。今度こそ国民を失望させるな!

民主党と維新が両院総会で、国会で統一会派を組むことを正式に決めた。これで、質疑も民主、維新が別々のスタンスでやらないで、統一をもった攻め方が出来るようになる。これはこれでいいことだ。出来れば、流れは同じである生活などの弱小政党も入れば、存在感を示せる。 野党の中軸である、民・維がまとまったので、いよいよ参議院選挙における統一候補…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

震災復興のカギである法律改正に、生活が中心的役割を果たす

生活の小沢代表が、『東日本大震災復興特別区域法の一部を改正する法律』の議員立法を出したと、以前から述べていた。この議員立法が超党派で成立したと発表した。 この法律自体は、マスコミでも何も報道しないことから、世の中的に見れば小さな法案であるのかもしれない。穿った見方かもしれないが、生活の党が率先して動いて提案し、成立まで漕ぎつけたの…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

生活の小沢氏が、今の政治の一番重要な政策を熱く語る。

今の野党は、民主、維新、みんなにしろ、巨大与党の自民党との差別はなくなって、与党の好き放題を抑える力もなくなっている。今また、民主党の細野氏、みんなの江田氏、維新の松野氏が集まり、野党結集として新党を考えているという。しかし、今までの彼らの行動を見ても、五十歩百歩自民党と変わりないように思える。 やはり、野党として最も骨太の人物は…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

小沢代表、麻生氏のナチス発言は麻生氏の本音であり、看過出来ない話である。

生活の党は8月2日、臨時国会開会にあたり両院議員総会を開き、党の新役員人事を決定しました。 新役員体制は以下である。随分少なくなったものである。谷亮子氏が副代表となった。大きい党なら、副代表にはなれない。これだけ少なくなったので、誰かが代表をやらなければならない。役職は人間を作る。自覚と人間が出来てくる。 代表 小沢一郎▽代…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

生活の森氏の次に向けた新たな決意表明

7月26日に『日本を破壊する5つの罠』(日本文芸社)刊行記念 森 ゆうこ 講演会があった。出版記念のパーティ―には出席したが、このときは参議院選挙への出陣式であった。7月26日の講演会の内容は、以下の講演会の動画をアップして頂いたのでご覧頂きたい。 20130726 UPLAN 森ゆうこ講演会@Kinokuniya http:/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミヤネ屋・宮根の原発無いと「江戸時代に戻る」に対するスポンサーの見識

ミヤネ屋の放送の中で、山本太郎氏の発言に対して宮根氏(司会)が原発を使わないと「江戸時代に戻る」と言ったことに、全く時代錯誤の話をしていると思っていた。この程度の男が茶の間の国民を洗脳しているかと思うとTVは凶器とも言える。どうも関西の人には悪いか、関西でテレビ受けする人物、宮根、辛坊、橋下には特徴的な点があるように思える。読売新聞にし…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

野党、敗北を受けて国民の受け皿となる真の野党政界再編を望む

生活の党は小沢代表続投を全員一致で決めた。私の周りには、もう小沢氏は終わった。生活も終わったと言う人がいる。しかし、政策の主張は最も素晴らしいと思っている。 きっと、今の安倍政権の政策の反動で、生活の主張が認められる日が必ず来ると考えている。それにしてもまだまだ、主張が浸透していない。 今の生活には良いも悪いも小沢氏以外に代…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

森 ゆうこ 講演会 演題:国民が知らない政治の真実(2013年7月26日) に参加を!!!

森ゆうこ氏を是非励まして下さい。 定員400名ですが、まだまだ席に空きがあるようです。 **************************** 捲土重来を期す、森ゆうこにご激励を賜れば幸いです。 皆様のご参加をお待ち申し上げます。**************************** 《新宿セミナー@Kin…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

反自民の火を消してならない。捲土重来を期して。

今回はネット選挙解禁とあって、マスコミの前宣伝の自公安定多数という評判に少しでも泡を吹かすかもしれないと期待していたが、やはりマスコミの通りになってしまった。世論誘導に見事に嵌ってしまったとも言える。なぜなら、戦後第3番目の低投票率という数字に表れている。 今回一番がっかりしたのは、生活の候補者が一人も当選しなかったことだ。当然選…
トラックバック:2
コメント:14

続きを読むread more

小沢一郎代表 岩手県選挙区・関根敏伸候補応援演説(7月18日)

私たちの理念は、国民とともにあり、正しい主張です! 小沢一郎代表 岩手県選挙区・関根敏伸候補応援演説(7月18日)  雨の中、お忙しい中、こうして街頭に大勢の皆様が足を運んでくださり本当にありがとうございます。皆様のいつも変わらぬご厚意とご支援に対して心から感謝申し上げます。ありがとうございました。  もうすでに畑…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

拝啓 有権者様 特に若い世代有権者様 是非投票に行って下さい!!!

拝啓 有権者様、特に 若い世代有権者様 今日が参議院選挙で候補者が選挙活動を出来る最後の日です。 今回の選挙を見ていると、私の人生の中でも特別な選挙と思います。 約50年間続いた自民党政治が、現生活代表の小沢氏の力で民主党が政権に就いたときは歓喜した。日本が変わる、変えてくれると思った。しかし、小沢総理大臣誕生直前に小…
トラックバック:1
コメント:7

続きを読むread more

アベノミクスで暮らし向きが良くなった実感は全くなし。生活の支持率はマスコミ報道の10倍の6%台

Yahooのみんなの政治で、アンケートを行っている。質問は以下の通りである。 Q:安倍政権の経済政策である「アベノミクス(財政出動、金融緩和、成長戦略の3本の矢)」で、暮らし向きが良くなった実感は? (2013年7月2日~) http://seiji.yahoo.co.jp/vote/result/201307020005/?s…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

マスコミ調査で一喜一憂しても仕方がない。必ず県民の支持を得られる。

小沢一郎代表 岩手ぶら下がり取材要旨(2013年7月7日) 7月7日、小沢一郎代表が出張先の岩手県で記者団のぶら下がり取材に答えました。その要旨は以下の通りです。 【ぶら下がり取材要旨】 Q 公示後、各社の情勢調査で生活の党は大変に厳しい結果が出ている。その受け止めと、どのように巻き返しを図るのか。 A 選挙は常…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

小沢一郎代表 参議院選挙第一声

生活のメルマガ編集部から小沢代表が太田かずみ候補の地区である千葉で第1声を上げたときの演説の内容が送られてきましたのでお知らせします。 ***********転載内容************************** 2013年7月4日 千葉県の代表として太田和美候補を参議院議員に! 小沢一郎代表 参議院選挙第一声 …
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

参議院の「ねじれ」は悪ではなく「良し」である。「ねじれ」があるから自公の暴走を阻止できる

小沢氏は、参院選の第1声を千葉市市原で上げた。千葉選挙区と言えば、生活から1名と全国区の1名が関係している。岩手選挙区は後回しにして千葉にきたことは、それだけ千葉を重要視しているからだろう。自民党と公明党は、参議院のねじれを、まるで「悪」のように主張している。公明党の山口代表は、口癖のように「ねじれ」を解消することが日本の最大の幸福の…
トラックバック:1
コメント:7

続きを読むread more

参議院選挙で自民を勝たせれば、また3度目の核被害に向かって歩き始める

参議院選挙における各党の公約が発表されている。 この中で、原発の各党の公約をしっかり比較したことはあるだろうか?今回の参議院選挙には、是非原発の公約も参考にして投票してもらいたいものだ。 自民党の公約は、原子力のインフラ輸出を最初に書いている。原発を止めるなどということは、どこにも書かれていない。昨年末の衆議院選挙で多くの…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

暴走して自制の効かない自民党に過半数を与えたら、日本は確実に沈む

今日、与野党9党の幹事長などは、大阪市での関西プレスクラブ主催の討論会で、憲法改正や原発をめぐり論戦を行った。 自民党と他党の原発政策が明確に違うことが明らかになった。民主党、与党の公明党、みんなの党も「原発ゼロ」を目指すとした。維新は原発ゼロと言ったらしいが、原発推進の立ち位置にいる石原共同代表がいる限り、全く信用ならない。当…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

生活、森ゆうこ議員の『日本を破壊する5つの罠』出版記念パーティーに出席

昨日(6月26日)は、生活の党の森ゆうこ議員の『日本を破壊する5つの罠』出版記念パーティーに、新幹線に乗って出席した。普段、この手のパーティーには遠路中々出席は出来ないが、参議院選挙の資金の足しにしてもらいたいという思いが強い。この日は雨の中、会場の部屋が満員となる盛況であった。出版パーティ―となっていたが、安倍首相の問責決議が可決し…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

生活、社民、みどりの風の安倍首相問責は、十分正当性がある

生活、社民、みどりの風が、参議院予算委員会に出ないことを理由に、首相の問責決議案を提出した。これに対して、民主党が一緒に出さないのが全く情けない。 自民党は、民主党の平田参議院議長に対する不信任決議案が提出されているとして予算委員会に欠席したのだから、当然民主党は問責に同調すべきであるが、電気法案の方が大事だとして同調しなかった。…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

生活の公約には、与党を取る覚悟が感じられる

維新の橋下代表は、都議会選挙で惨敗なら辞任は当然考えるだろうと言った。しかし私は、辞任しないで続投すると予想したが、その通りになった。敗北は全て自分のせいだが、参議院選挙でもう一度チャンスをほしいと述べた。まさに恥の上塗りである。維新がいくら改革と言っても、誰も信用しなくなった。なぜなら自公より右よりの人達の集まりだからである。自公から…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

都議会選挙はマスコミの宣伝よろしく自公圧勝。維新惨敗が唯一の朗報

東京都議会選挙が終わった途端、午後8時には予想通りというか、自公過半数確実と出た。投票率が43.25%で、過去2番目に低い投票率という。前回から10ポイントは下がると予測された。これで有利になるのは公明党、共産党で、やはり大きく伸ばしている。低投票率様々である。ニュースでは、今回は大した争点はないと述べたが、争点はたくさんあるはずであ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

どんなに叩かれようがぶれない小沢氏の生活を支援する

今日(6/19)、 『小沢一郎代表と堀茂樹慶大教授のちょっと硬派な対談Part2「憲法の話をしよう」』の放送があった。 小沢氏の話はだいたい聞いているので、その考えはほぼわかっているつもりであるが、今日は憲法についての対談であった。 憲法の話になると小沢氏は饒舌になる。また実に博学である。途中から聞いたので全てフォロー出…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

原発輸出のトップセールに邁進する、気が触れた日本の首相に、国民はNO

時事通信の7-10日の調査で、安倍政権の原発輸出の推進について、 「支持しない」 58.3% 「支持する」  24% で「支持しない」が2倍以上で、約6割の人が反対であった。自民党の支持者でも輸出支持40.4%に対して支持しないが43.2%となっている。民主党支持者に至っては76%が支持しないであった。この中で維新は…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

生活のはたともこ氏らの努力で、子宮頸がんワクチン投与一時中止

女性の子宮がん防止の特効薬と期待された子宮頸がんワクチンが、厚生省の判断で投与が一時中止となった報道が目についた。 子宮頸がんワクチン一時中止「非常に残念」 米製薬大手メルク http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1500W_V10C13A6CR0000/  【ニューヨーク=西邨紘子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

森ゆうこ議員ら、生活、民主、社民3党で、明日は我が身に降りかかる検察審査会の改正法案提出

2013年6月12日、森ゆうこ参議院議員(生活の代表代行)が、民主党小川敏夫参議院員、社民党吉田忠智参議院議員の3党の共同提案として、「検察審査会法改正案」を提出した。指揮権発動を決意し、野田元首相に更迭された小川敏夫元法務大臣も提案者に入っている。 その記者会見の動画を以下に示した。 改正の骨子は3点ある…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

小沢氏、参議院選挙後、大同の下に野党結集せよと主張。そのためにも生活の躍進が望まれる

生活の小沢代表が時事通信の単独インタビューで、参議院選挙後に次の衆議院選挙に向けて野党結集をと訴えた。 参院選後に野党結集を=「安倍政権長くない」-生活・小沢氏 http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013061100687 今回の参議院選挙では野党共闘には至らず、小沢氏は自民党の…
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

東電と政府が福島原発処理工程表発表が意味するもの。脱原発勢力に参院選挙で力を!!

東電と政府が福島原発の廃炉工程表案を発表した。溶融燃料取り出しを前倒しを行うと発表した。 溶融燃料取り出し前倒し=1、2号機で最大1年半-福島第1の廃炉工程表案・政府 http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013061000735  東京電力福島第1原発の廃炉作業を進める政府と東電などの廃炉対…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

自民党はまた参院選挙でも「2枚舌」公約で国民を騙そうとしている

自民党が参院選挙においても、昨年末と同じ「二股公約」をおこなっているという。昨年末の衆議院選挙においては、脱原発が最大の争点であったはずであった。しかし、自民党は原発の再開や脱原発については2、3年掛けてじっくり考えると述べ、東北地方の候補者は、はっきり脱原発の公約チラシ、看板を作って訴えた。 これと全く同じやり方を参議院選挙でも行お…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

日本とフランスの経済協力が原発推進では困る。そんな協力関係は御免だ

フランスのオランド大統領は、今フランス内で支持率が急落しており、今回の日本との経済協力を支持率回復のきっかけとしようとしている。前大統領のサルコジ氏はロシアを重要視したが、オランド大統領は日本を重視しようとしているらしい。これはオランド大統領の側近で、日本を良く知るルノーの前社長が話している。 しかし、東京新聞の社説がガツンと論評…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

東京新聞のアベノミクスの欠陥指摘は正確だ。その解決策は生活の党の政策である

東京新聞の今日の社説は、今のアベノミクスの本質を実にうまく良く評価している。 成長戦略を発表した時点から株価が下落して、未だに改善の気配はない。つまり、市場には失望感が広がったのである。 自公政権は、6日に成長戦略に続いて経済・財政政策の骨太の方針をまとめた。その内容は、社会保障を抑制し、さらに生活保護を削り込む一方、好況…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more