テーマ:細野氏

民進細野新党構想を聞いて想うこと。

民進の細野氏が自民に対抗する2大政党を目指して、離党し新党を作ると述べた。細野氏と言えば、民主党が政権を取る中で、当時の小沢代表も細野氏を買っていたように見えた。しかし、ケチが付いたのは、モナとの路上キスの写真を撮られて、モナ男のレッテルを付けられたからではないかと思う。将来、日本国の首相を狙う政治家がこれをやってはダメだ。男の甲斐性な…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

細野が共産党を単なる選挙の道具と言って、政権交代を言うのは片腹痛い。

また、今日も細野の記事になってしまった。今日細野が、党内グループ「自誓会」の研修会で、「経済、社会保障政策を作り直し、もう一度政権にたどり着く」と政権交代への意欲を訴えたという。 このニュースは、NHKで自民の茂木選挙対策委員長の話にぶつける形で放映された。米国では、自民党の連中と一緒に、夏の参院選に向けて共産党と候補者の擁立調整…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

民進の中の野党共闘を阻害している議員たちは、早く去るようにした方がいい。

先日は、民進のモナ男こと細野について書いた。普段はもっと丁寧な言葉で書くのだが、本当に怒っているのだ。この細野といい、首相まで経験した野田が、共闘をしている小沢氏を最も許せないのだという私情を、公式の場で述べる。例え、それが本心あっても、普通は公では言わない。民進に少しでも期待している人に、どんなに失望を与えるか、わかっているはずである…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

民進細野のお陰で、野党共闘に冷や水。細野発言は反党行為だ。

民進の細野という男は、もう少し配慮のある男と思っていたが、やはりモナ男である。現在、岡田代表、つまり民進党が共産を筆頭とする他野党との共闘を推進しようとしているのに、民進が有利になるから、偶々共闘しているだけあると述べた。 共産党と連立を組むなどと言うのはありえないと言い切った。この主張が民進の総意で言っているなら、今までの態度は…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more