テーマ:沖縄

沖縄に野党4党首がそろい踏み。共闘のキックオフとすべし。

自由の小沢代表の呼びかけで、野党4党の党首の枝野代表、玉木代表、志位委員長、小沢代表の揃い踏みはやはり壮観である。 沖縄の補選は絶対に落とせない。ここで落とせば、辺野古基地埋め立ての県民投票の結果がパーになってしまう。自民党は、鬼の首を取ったように喜ぶだろう。立憲の枝野代表が、大阪12区にも入り、沖縄3区にも入った…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

沖縄補選は屋良氏がリード。大坂12区に立憲・枝野代表が入ることに野党共闘の象徴に!

現在、衆議院の補選を行っている。沖縄3区の補選は、屋良ともひろと島尻安伊子沖縄相が争っているが、屋良氏が先行しているという。この動向は、米兵による日本人殺人により決定的になると思われる。それにしても、沖縄はやはり異常である。まるで、まだ終戦直後の占領時のような事件である。 片や、大阪12区の補選は、自民議員の入れ替…
トラックバック:3
コメント:1

続きを読むread more

玉城沖縄県が独自に各国の米軍活動の規制について調査。与党、野党関係なしに支持すべき。

玉城沖縄知事は、必死に沖縄の爲にがんばっている。興味ある記事を見つけた。沖縄県が米軍活動について調べている。沖縄県が、世界に駐留している国に職員を派遣して、米軍に対する規制について調べている。本来なら国会議員がやるべき仕事と思うが。それだけ真剣に沖縄のことをなんとかしたいと頑張っている。 朝日新聞の記事に、沖縄県がまとめた駐留米軍…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

政府は「土砂延期ならどんな汗をかくのか?」という。これはヤクザの言い草。

玉城知事は、政府との協議を望んだが、沖縄県名護市辺野古の米軍新基地建設をめぐって県が埋め立て承認を撤回した問題で、沖縄県は22日、県の承認撤回効力を停止させた国土交通相の執行停止決定は違法だとして福岡高裁那覇支部に提訴した。今度は高裁である。ここも、ちゃんと安倍政権の手が回っていると思わる。これだけの気配りを政治に傾けてくれればいいのだ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

辺野古地盤工事は糠に釘状態。どぶに工事費2.5兆円。

自由の森議員(野党筆頭理事)が参議院の予算会議で、辺野古の軟弱地盤工事の予算、納期について質問した。しかし、その時は一切回答しなかったが、後出しジャンケンで回答してきた。森議員が質問した時は、もうわかっていたのに、その場で話すと森氏に突っ込まれるので話さなかったと怒っていた。 工事期間は3年8カ月と回答した。工事費は言わな…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

辺野古工事は大臣のせいで自分ではないという卑怯者。日本の民の首相ではない。

今日、参院で福山議員が沖縄の辺野古の投票について首相、防衛大臣の見解を問うた。その一部を書き起こした。岩屋大臣の回答を聞いてひっくりかえってしまった。 福山「あらかじめ県民投票の結果を全く無視して土砂の投入は決めていたのですか?県民投票はちゃんと地方自治体法に基づいた民主的な手続きだが総理は無視するということか? 岩屋大…
トラックバック:3
コメント:1

続きを読むread more

自由森議員、参議院で沖縄問題を滅多切り。出てきたのは嘘だらけ。

自由は国民民主と統一会派を組んだことにより、小沢氏がかつて総理にしたいと漏らした森ゆうこ議員が参議院の野党筆頭理事になったことは、あまり知られていない。その森氏が国民民主の時間も貰って長時間の質問を行った。NHKは一切野党の質問は取り上げない。御用NHKだから仕方ないが。この中で、森議員は国民の代表として政府を追及した。一部、質疑を書き…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

沖縄に一片たりも寄り添わない血も涙もない安倍首相。

玉城沖縄県知事が辺野古埋め立ての民意の選挙で埋め立て反対が70%を受けて、県条例に基づいて、安倍首相と米国大使館にトランプ大統領宛に結果を報告した。これに基づき、日米と沖縄県の「3者協議」を提案した。これに対して、安倍氏は回答しなかったという。しかし、官房副長官が安倍氏の代わりに、それは難しいとの見解を示した。このニュースはテレ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

安倍首相、沖縄に寄り添うなど真っ赤な嘘。民意など屁でもない。

辺野古沖の埋め立てに対して、出だしが悪く選挙結果を内心心配していたが、「反対」票が7割超の43万票超となった。投票に参加出来ない国民も本当に安心した。もし、反対がかろうじて5割を超えた程度なら、また安倍首相が何を言うかわからない。沖縄の民意はそれほどでもないというだろう。 沖縄県知事が結果を尊重し、安倍首相やトランプ米大統…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

玉城さん、沖縄のみなさん、本当に良かった。沖縄の民意を示せ!

宜野湾市、石垣市、沖縄市、うるま市、宮古島市の5市が投票拒否していたが、沖縄県議会で3択の投票で俄かにまとまり、5市が投票事務を行うことが決まった。県議会でそう決めても、市の方であくまで拒否することも可能であったはずであるが、ハンガーデモや五市の住民が裁判所に投票事務停止を不服として告訴するということが最も影響したと思っている。 …
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

辺野古埋め立て軟弱地盤に対して政府設計変更を県に申請予定。

沖縄県が辺野古埋め立てに反対する理由の1つとして、予定滑走路下に軟弱地盤があると指摘していた。ここに堅い岩盤まで杭を打つとしたら80m前後入れなければならないとされ、そこ埋め立てるとなると半端ない土砂が必要となる。その工事費は当初の予算よりははるかに増大すると指摘されていた。それを無視して埋め立てを始めたのだが、やっと政府もその問題をわ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

沖縄県民投票 投票権を求め参加拒否の5市を提訴

沖縄県の辺野古埋め立て賛否の県民投票を拒否している五市をいよいよ五市の住民が弁護団20人に支えてもらい、2種類の裁判を起こし、投票権の保全を求める仮処分か、市に投票事務を義務づける決定を求めていく方向で検討することになった。提訴は来週中に出すという。 憲法学者の木村草太教授は、以下の記事の中で、 『県民投票 投票権を…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

立憲の枝野代表、沖縄県民投票5市長に損害賠償提訴を発言。

東京新聞の望月記者は、菅官房長官の記者会見で、露骨に嫌な顔されながら菅氏に果敢に質問する。今日も、沖縄の県民投票を拒否する5市に抗議するためハンストをした元山氏について菅氏の見解を求めたとき、菅氏は例によってワンフレーズで短く、「その方に聞け」と述べた。元山氏もこの話を聞いて本当に悔しいと述べている。 菅氏が望月記者の質問…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

辺野古基地埋め立て賛否投票拒否の議決市の裏に自民党国会議員による不参加指南。

辺野古基地埋め立ての賛否を問う投票が行われるが、宮古島市、宜野湾市、沖縄市、さらにうるま市も投票を行わない動きが広がっている。その理由が、市議員が議会で選挙事務予算を認めないものである。 沖縄全県で投票を行う権利を奪うもので、このブログでも取り上げたが、憲法上からも問題があると憲法学者の木村教授が述べている。 『辺野古埋め立…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

辺野古埋め立て投票、不当不参加市に代わり県が代行検討。

クイーンのギタリスト、ブライアン・メイさんも辺野古埋め立ての中止を求めるホワイトハウス請願に署名し、SNSで話題になっている。既に署名数は20万件に近づいている。この話が世界的に話題になってきたことは喜ばしい。 辺野古埋め立て是非の県民投票に宮古島市、宜野湾市に次ぎ沖縄市まで投票事務を行わないことを受け、玉城知事は市がそう…
トラックバック:3
コメント:1

続きを読むread more

辺野古埋め立て是非投票の不実施は憲法違反!

今年2月に辺野古基地埋め立ての是非について県民投票が決まっている。この投票を是としない市町村として、宮古島市、宜野湾市に次いで沖縄市の市長が議会の反対を理由に、投票事務予算を付けないと述べた。 それぞれの市民の全体が投票をしない方がいいと表明しているのなら致し方ない。しかし、投票をしたい人の権利を議員と言えども、その権利を放棄させ…
トラックバック:3
コメント:1

続きを読むread more

沖縄3区補選結果は来年夏の参議院選挙の良否のリトマス試験紙

自由の小沢代表は、来年4月に行われる沖縄3区補選は「国政に大きな影響を及ぼす」と述べた。沖縄3区は、沖縄市、うるま市、国頭郡、島尻郡伊平屋村・伊是名村が含まれる。ここの地盤は自由の玉城議員の地盤であった。玉城知事も全面応援すると述べている。来年2月には辺野古基地の是非の県民投票が行われる。 その後に行われる衆議院議員の補選で勝つか…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

沖縄3区補選に自由から屋良氏出馬。「オール沖縄vs.安倍政権」

沖縄県知事になった玉城氏の後の3区の補選がまた騒がしくなってきた。自民は前回選挙で負けた元北方領土担当相の島尻安伊子氏が候補者と決まった。島尻氏は、担当相時代に歯舞を「ハボ・・・何だっけ?」と読めなかった御仁である。 島尻氏の対抗馬として、玉城氏出身の自由党から屋良朝博氏の擁立を調整している。屋良氏は元沖縄タイムス社会部長であった…
トラックバック:3
コメント:1

続きを読むread more

辺野古基地の沖縄県民投票不参加は市民投票の権利を侵害することだ。

石垣市に次いで、宜野湾市が、辺野古基地の是非についての県民投票を不参加することを決めた。 このブログでも、市民の全てが不参加を容認している訳ではなく、中には投票したいという人がいる限り、市が不参加するということは権利を放棄させることで、市民が立ち上がるべきと書いた。 さすがに、心ある市民が県民投票不参加に対して市を提訴す…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

安倍政権は沖縄県予算を削り、言うことを聞く市町村には県を通さず政府から直接金をばら撒く。

天皇陛下の誕生日を迎えて、平成最後のお言葉を述べられた。何度も、言葉をつまされ、聞いている方も涙した。この中で沖縄の話が述べられている。沖縄は訪問地の中でもダントツの11回も訪問されている。 沖縄について「実に長い苦難の歴史」をたどってきたと述べた。この長い歴史とは、琉球時代も含まれているが、同じ時代を過ごした沖…
トラックバック:6
コメント:1

続きを読むread more

歯向かうものには見せしめ。沖縄振興費5年連続減少。

「2019年度当初予算案の沖縄振興費のうち、使途の自由度が高い一括交付金は前年度当初比95億円減の1093億円と5年連続で減った。」という。都道府県の中で、政府にとって、ある意味沖縄だけが政府の施策に唯一反対している。 今回の知事選挙で自公推薦の候補者が勝ったなら、大幅に増大させたと思われる。記事にあるように、玉城氏が知事になり衆…
トラックバック:2
コメント:3

続きを読むread more

政府の強引手法は沖縄県民の怒り、玉城知事の反骨に火をつけた。

政府が辺野古基地予定地に、来年2月の県民投票を待たずに土砂を強行投入した行為は、明らかに沖縄県民の反対の意思を挫こうとするものである。それによる無力が最も恐ろしい。 しかし、今日玉城知事が辺野古工事の現場に足を運び、反対住民に「我々の戦いは止まらない」と述べた。くじけた態度を示さず世論に政府の不当を強く述べたことは、今後の運動に大…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

政府は埋め立てで着手で先手を打ったと思っているがそうはいかない。

安倍首相が「沖縄に寄り添う」と言っていたが、今日の土砂埋め立ての行為はその言葉が全くの嘘であることを証明した。日本全体の面積の0.7%の土地に、米軍の70%も居ること自体が異常である。日本の土地の%当たり700倍も密度が高い。 安倍氏は沖縄県民は日本の国民と思っていないのではないか?安倍氏は沖縄の気持ちをひとかけらもトランプ大統領…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

安倍政権は外国には甘いが沖縄県民意に徹底して辛い。

それにしても、安倍首相は県民の民意に徹底して寄り添わない。玉城沖縄県知事は、孤軍奮闘状態である。今日も岩屋防衛大臣に辺野古基地の土砂埋め立てを中止するように要請した。しかし、岩屋氏はあくまで土砂を14日には投入すると述べた。 あくまで強行するのは、来年2月にある県民の基地移転の是非投票をする前に、既成事実を作り、もう後戻りは出来な…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

沖縄の基地反対の住人にカミソリ鉄線を使っても阻止する無慈悲措置

ツートを見ていたら、沖縄の伊波議員のツートが目にとまった。ツイートには高江の森の中に張り巡らされた鉄条網にカミソリ刃がついたタイプを使っていると批判する質問している。 沖縄の基地警備に最も危険なカミソリタイプが使われていることに、来るところまで来た感じを受け、暗澹たる思いに襲われた。このカミソタイプは写真にあるように、米国…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

政府の沖縄埋め立てに抗議する。

政府が玉城沖縄県知事と辺野古基地移設について会談したことは、単にポーズだったということが明らかになった。なぜなら、いよいよ辺野古基地の埋め立ての土砂を運搬船に積み込む作業を始めたからだ。 この件で野党の中でも本当に反対の態度を表に表しているのは、ツイート記事に出ている共産党ぐらいなものである。 玉城知事…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

玉城知事は安倍政権に負けないで、沖縄県民の基地反対の総意をまとめるべき。

安倍首相と玉城沖縄知事は28日、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡り、首相官邸で会談した。玉城氏は辺野古移設の断念を重ねて要求し、首相は「米国との計画」だから変更は出来ないと答えた。しかし、今後も折を見て話し合いの場を設ける意向を示した。会談に先立ち杉田和博官房副長官と謝花喜一郎副知事は東京都内で移設について協議して…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

県民の圧倒的な後ろ盾で玉城知事、米国で奮闘!

県民の圧倒的な後ろ盾で玉城知事、米国で奮闘! 沖縄県知事の玉城氏は、米国政府要人との会談について日本政府の横やりで決まっていないと報道されていたが、ワシントンの国防省、国防総省の当局者(ナッパー国務副次官補代行とボスティ国防総省日本部長代行)と会談したらしい。ここではっきり沖縄県としての辺野古移設の反対の意を伝えた。そこで、日米政…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

玉城沖縄知事訪米に官邸・外務省横やりに「横やり」は本当だろう。

今、沖縄県知事の玉城氏が訪米し、辺野古への基地移設に反対のため渡米している。最初の会議は設定されているが、その後米国高官との会談を希望しているが、現時点で予定がついていないという。玉城氏の心情を察するに、居たたまれない。孤軍奮闘である。心を折らさず頑張ってもらいたい。 日刊ゲンダイ紙は、その陰には日本政府が裏から手を回して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

辺野古基地埋め立て承認撤回:子供の喧嘩に、自分の子供の言い分しか認めない国

ひどいもんだ。沖縄県の辺野古埋め立て承認撤回を石井国交省大臣が国の機関である防衛局の不服審査を認め、効力を停止した。これを例えで言えば、A、Bの子供同士の喧嘩で、訴えられたA子供が自分のA親に不服を述べ、A親が無理やりA子供の言い分を有無を言わさず、認めたようなものである。子供同士の喧嘩に親が口を出し、無理やり自分の子供の言い分を通…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more