テーマ:年金

NHKの世論調査で内閣支持率6ポイント減。やはり年金問題で墓穴を掘る。

参議院会議で、安倍首相の問責決議案を提出した。当然、与党で否決されることはわかっているが、問責を出すことは野党の意志である。この問責決議に対する反対意見を自民党の三原じゅんこ議員が行った。この中で、三原議員は「問責決議案を提出する等全く常識外れ、民主党政権の尻ぬぐいをさせられて、 愚か者の所行とのそしりは免れない 野党の皆さん再度申し上…
トラックバック:4
コメント:2

続きを読むread more

麻生大臣には年金などどうなろうとも関係ない。まるで他人事の案件。

麻生大臣は、6月17日、北海道小樽市で行った講演の中で「90才になって老後が心配とか、わけのわかんないこと言っている人がこないだテレビに出てた。『オイ、いつまで生きてるつもりだよ』と思いながら見てました」などと語った。前記の話から言えば、麻生の頭の中には、自分は別において90才まで下々は生きるなよと言い、だから2000万円など必要ないよ…
トラックバック:3
コメント:1

続きを読むread more

麻生大臣が隠すことで、逆に国民の年金の真の問題を浮き彫りにさせた。

麻生大臣の2000万円年金発言からの始めての世論調査が出た。国民の71%は麻生大臣が報告書を受け取らないというのは「問題」だと思うことがわかった。公的年金に不信は61%ということだ。この国民感覚は当然である。年金が足りないのは、国民の誰もが思っている。思っていないのは、年金を貰っているのに知らないと偉そうに答えた麻生大臣ぐらいである。 …
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

年金2000万円報告の隠蔽は全くの逆効果。これで参院選挙の負けは確実。

各TV局が2000万円年金の話題を取り上げている。政府に優しい八代、田崎が出てくるTBSの「ひるおびも」も、こと2000万円年金問題についてはかなり政府に厳しい報道になっている。麻生金融庁担当大臣が報告書は政府の方針と違うから受け取れないとしたことも、なぜちゃんと受け取って年金の問題を国民に知らすべきだという論調であった。 …
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

消された2000万円報告書。自分で命じておきながら都合が悪くなれば無き物にする。

麻生大臣は「消された年金報告書」を自分で答申していたのに、受け取らないとした。この報告書は当初麻生大臣はいいものが出来たくらいのことをぶら下がり記者会見で述べていた。野党がこの2000万円報告書について、予算委員会開催を要求したら、政府が受け取っていないのだから報告書は政府はもっていないから、野党からの質問に答えようにも答えられない…
トラックバック:3
コメント:1

続きを読むread more

茶番演技:麻生大臣が2000万円試算報告受け取り拒否

麻生大臣が金融庁のトップを兼ねている。昨日、国会で年金2000万円報告書を蓮舫議員から読んだのか?と問われて、冒頭だけ読んで全部は読んでいないと答えた。 世間でこの2000万円問題が予想外に盛り上がりを示したことから、この報告書を俺は受け取らないと言い出した。要するに、金融庁が勝手に書いて報告したものと言いたいのだろう。全…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

安倍首相の年金100年安心は誤魔化し。年金額は減り続ける。

今日は、久しぶりに参議院で国会審議があった。金融庁から年金受給者は2000万円を貯めないといけないという話が取り上げられた。蓮舫議員が100年安心年金のシステムが壊れたのかと聞いたら、安倍首相は100年安心ストーリーは壊れていない。安心しろ答えた。本当にそうなら2000万円も必要がない。 麻生大臣も2000万円というのは、年金に他…
トラックバック:3
コメント:1

続きを読むread more

これでわかった。年金の他に老後2000万円必要という意味が。

先日、麻生金融庁が95歳まで生きるには夫婦で2千万円の蓄えが必要と試算した内容を報告した。試算に加えて、そのお金を株や投資信託などで運用して増やせというのだ。これに対して、世間のあまりの反応に驚いて麻生担当相は「老後を豊かにする額を示したものだ」と説明し、不足額を表す赤字という表現を使ったのは「不適切だった」と述べた。 そ…
トラックバック:8
コメント:1

続きを読むread more

安倍政府広報で老後は年金に頼るな、2000万円貯めないと生きて行けないと報告。

安倍首相が、「悪夢のような」政権と繰り返し述べた民主党政権時代は、社会保障である年金問題についても政策の重要な課題であった。今の安倍政権になってから、消えた年金問題も、将来の社会保障についての議論も一切なくなった。 そうかと思えば、金融庁が「最低限身に付けるべき金融リレテラシー」という冊子を発行した。この中には、「年金の給…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

年金資産の10%を損しても、誰も責任を取らないいい加減さ。

退職後の収入である年金は、年金だけに頼る人にとっては生活費の全収入である。そのなけなしの年金積立金が安倍政権になってから、大規模に株式に投入されている。 その年金運用において、昨年10月~12月の4半期に過去最大の14.8兆円の赤字を発生させたという。総資産150兆円の10%に相当する。巨額な損失である。この結果を受けて、…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

政府が老後の最後の砦である年金基金を減らすことは、詐欺に相当する。

民進の岡田代表が、次期国会で年金損失について追及することを宣言した。 その理由が、今年4~6月期で5.2兆円もの損失を出したからだ。もっと正確に言えば、参院選挙の直後に発表した今年1~3月期にも、5兆円以上の損失を出した。安倍政権の塩崎厚労相が、投資先に株式の比率を20数%ありに引き上げてから、10兆円以上損をしている。今までの政…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

憲法、経済に加えて「年金」が第三の争点である。NOの意思表示を!!

安倍首相が先の衆議院選挙で大勝ちして、新内閣で厚労相になったのが塩崎氏である。塩崎氏は年金資金を株に投資することに昔から積極的だということで知られている。それを知っていて、安倍首相は厚労相にしたと言われている。それまで、株式への運用は確か30%以下であった。それを塩崎大臣は一気に50%まで増加させた。一般家庭でも人のお金を預かった場合…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

自公は、野党共闘の予想外の健闘に、余裕が無くなってきた。

民進からの、参議院争点に関する公開質問状に、自民党は「回答しない」と伝えたという。▽経済▽社会保障▽憲法▽政治とカネ、の4つについて質問した。自民党も、回答しようと思えばできるはずであるが、ここで下手なことを言っては、選挙後に言ってもいないことをやるのに足かせになるから、敢えて言わないのであろう。これは自民に余裕が無くなってきた兆しであ…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

英国のEU離脱で国民が貯めた年金基金が無くなる。

英国がEU離脱は無いということで、今日の株価は逆に市場が開かれた当初は、株価は前日より上がっていたが、EU離脱の気配が出てきてから、一気に株価を下げ、1300円近く株価を下げた。16年ぶりということだ。また円も99円/ドルまで円高になった。この株価の下落は、株価の全銘柄で平均10%前後下落した勘定になる。 ファンドや個人の株式が下…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

自公政府によるGPIF政策の失敗により、我々の年金がどんどん減っていく。

15年度の年金運用赤字が5兆円超になるという。今まで、国民がチマチマと収めたお金である。我々国民は、少なくとも、自分が収めたお金が減るなんて思っていない。銀行に預けたと思っている。 それが、運用を決める委員会のメンバーが、大学教授だとか各省からの出向官僚というのだから、はなはだ心もとない。いくら損をしても、誰も責任を取らない。どう…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

安倍首相、GPIFのヘボ運用で運用損が出たら、年金が下がるのは仕方がないと言ったも同然。

今日の株価は日経平均で1000円程度上がったが、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)がつぎ込んだ我々の年金が10兆円前後目減りしてしまった。この問題について衆議院の予算委員会で質問を受け、安倍首相はGPIFの運用悪化なら、年金給付の減額はあり得ると述べたそうだ。これを聞いて、これが国のトップが言うことかと、驚きと怒りがこみ上げてき…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

巨額損失を出すGPIF組織の改革をしないと、年金がなくなる

日銀の黒田総裁を筆頭に、日銀の政策を決める委員は9名である。その政策決定は多数決で決められるという。現在の委員構成は、安倍政権から選ばれたのは黒田総裁を入れて5名という。それ以前の委員は白川前総裁時のメンバーという話である。 今回のマイナス金利の決定も、5:4で、黒田総裁に近い委員が過半数を取ったという話である。マイナス金利にする…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

年金株運用で7.9兆円大損。けれど誰も責任はとらない。

塩崎厚生大臣になってから、年金の株運用の制限を15%程度から二十数%まで引き上げた。ネット記事には度々、年金の株運用で十兆円損したと出ていたが、朝日新聞に運用損が7.9兆円となったと報道された。世界株安の影響で、過去最高の損失である。 今国会で、消費税の軽減税率で4000億円だ、それ以上出せと、騒いでいるが、ここ1年も立たない内に…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

年金情報の流出は、戦争法案にうつつを抜かしている安倍政権の大罪。

消えた年金の杜撰な事務処理も酷い話だった。年金機構と名を変えたが、その中にいる人材は変わっておらず、以前の組織と何ら変わっていない。人のお金を管理しているという気概は、極めて薄いようだ。 これだけ、ネットによるハッキングが横行しているのに、自分達の組織は狙われっこないと思っていたとしか思えない。流出件数が125万件と言っていたが、…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

年金資金運用のGPIF運用委員が、株式の超怖いリスクを激白。

アベノミクスが上手く行っているように見える、一番の要因は株価が2万円にまで到達したからと思っている。 この株価の上昇は、日銀が市場に投入しているお金が回り待って、安直に直ぐに儲かる可能性のある株式に流れているからだ。安直に直ぐに儲かるの裏返しの言葉は、あっと言う間にお金を失うということである。 今の株相場は、完全に官製相場で…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

アベノミクスを良く見せるため、年金を博打のような株式に注ぎ込むなど無責任の極みだ

アベノミクスが上手く行っていると思わせているのは、株式が上がっているからである。民主党政権時代には株価は低迷して、安倍政権になってから、日銀が銀行などが保有している国債を買い、大量にお金を市中に放出している。所謂、量的緩和と言うやつだ。米国のFRB(連邦準備制度理事会)が量的緩和を止めると言ったので、いつも米国追随の日本も量的緩和政策を…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

塩崎厚労大臣になったことにより、株式に公的年金資金を積極運用の危機迫る

毎日新聞の社説を見て、これは大変なことになるかもしれない。安倍内閣改造で、厚生労働省大臣は塩崎氏に代わったが、その塩崎氏が公的年金積立の運用に関わっていることを心配しているのだ。 安倍首相が株価を維持、引き上げるため公的年金を株式に運用しようとしていることは有名である。今回、厚労相大臣に塩崎氏を任命したのは、いよいよその懸念が出て…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

政権維持のために、公的年金資金を上限撤廃で株式に投入する愚挙指示。

公的年金の株式による運用を引き上げるように、首相が4月に指示した。首相の執務室には株価の掲示ボードがあると、ネットで読んだことがある。今の首相は集団的自衛権で人気に陰りが出てきているので、株式だけは下がらないようにしているという。 国民から集めた年金を運用する年金積立金管理運用独立法人(GPIF)が、運用額の上限を撤廃したという…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

アベノミクスを良く見せるために、国民のなけなしの財産である年金で損失を出されてはかなわない。

国民の年金資産を「株式」の運用に向けると先日報道された。嘘だろうと思ったが、どうも本当らしい。年金積立管理運用独立法人が、自ら運用するという。この独立法人に株式の運用のプロがいるとは思えない。記事を読むと、運用委員長が早稲田大学の教授という。これではダメだ。株式を扱う会社において、日々株式の売買をやっている経験のある人物がやっているのな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

企業再生機構、日航の株式上場の方向で調整

日航の債務が約8000億円ということで、企業再生支援機構と日本政策投資銀行は11日、日航による会社更生法の適用申請にあわせ、現金の流出などに備えて総額8000億円の資金を準備する方向で調整に入ったという。 内訳は、機構自ら資金を調達して4000億円の融資枠を設定し、政投銀が新たに2000億円の融資枠を設ける方向という。政投銀は既に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

企業再生支援機構、日航OBが年金減額拒否なら年金解散

企業再生支援機構は、日航の債務超過が約7000~8000億円となることを発表した。銀行には、債務放棄を3000億円程度求めている方針という。 この債務超過の約半分近くが、企業年金の債務超過と言われている。この中で、現役社員の3分の2は年金減額(50%)を認めたと報道されている。また、今年のボーナスもゼロと報道されており、再建に向け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

企業再生機構が日航支援計画を19日に決定

企業再生機構が日航の資産査定した結果、7000~8000億円の債務超過状態にあるとしたことは知られている。 本機構は、19日に日航支援を決定することを固めたという。これを、日航や国土交通省、関係金融機関に伝えた。 機構は、会社更生法の適応申請と同時に支援決定を行う「事前調整型」の法的整理としたいとしている。 会社更生法…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

企業再生機構、日航の債務超過は7000~8000億円と査定

企業再生支援機構が、現在日航の再生案を検討している。 支援機構から債務の状況が明らかにされた。査定の結果、実質7000億円から8000億円の債務超過状態にあるとした。 以前、前原大臣が再建策を検討させた専門家チーム「JAL再生タスクフォース」が債務調査した。その時の額は、2000億円から7000億円と見積もっていたが、今回の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日航退職者、年金減額同意はまだ三分の一

正月早々政府からの日航への支援金が、2000億円にすることが決められた。その結果、株価も12月末の時点で60円台であったものが、4日には90円台までに上昇した。 政府が支援するお金は、言わずと知れた「国税」である。その支援前提は、政府が何回も言っているように、日航の企業年金の減額が条件であったはずである。 今日の朝日新聞社の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不祥事多発の社保庁が日本年金機構として船出

老後のため、国を信じて長年、納入してきた保険料が、これほどいい加減に処理された例はない。これは、言わずと知れた社保庁の今までの仕事だ。 民主党の長妻議員が、ある通報を契機に、「消えた年金」問題を、当時の自民党政権を追及しなかったら、未だに問題が世間に明らかにされず、闇から闇に葬られていただろう。 それこそ社保庁のデタラメが続…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more