テーマ:自衛隊

安倍首相「訪イランを中止」。菅「自衛隊心配してない」のなら自分が行け。

イランからの弾道ミサイルで米軍基地が攻撃された。安倍首相がそれを受けて今週土曜日から中東訪問の日程を中止した。これに対して東京新聞の望月記者が、自衛隊の派遣を変更しないのなら、安倍が先陣を切って中東歴訪すればいいとツイートした。ごもっともな話である。 共産の田村議員も、中東歴訪はやめて、自衛隊は派遣するのか?とツイートして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプ大統領指示による殺人により何が起こってもおかしくない。日本自衛隊も然り。

トランプ大統領の指示でイラン革命防衛ソレイマニ司令官らを殺害した。これが報道で偶発的な殺害ではなく、トランプ大統領の指示だと報道する。ソレイマニ司令官は国内では「英雄」として見なされている。こんな人物をイラン国内で殺害することは殺人である。まだ戦争でもないのに人を殺すことは殺人罪として罰せられる。トランプ氏は殺人を教唆したことになる。こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「背広を着た関東軍ほどおそろしいものはない」

東京新聞がテレビや他紙が報道していない事実を伝えている。安倍政権が出した防衛計画大綱の大きな目玉は「いずも」の空母化である。「空母」というと専守防衛の観点からまずいと思ってか、言葉のお遊びで「多用途運用母艦」だと述べている。こういう茶番な言い方を恥ずかしくもなく堂々というところに安倍内閣の本質がある。 この空母化するという発案…
トラックバック:3
コメント:1

続きを読むread more

防衛大学卒業後の士官への希望者減に加え、軍曹レベルの下士官の応募激減は安保法のせいだ

防衛大学卒業後の任官を希望しない人数が、例年の2倍に増えたと報道され、やはり安保法の影響があったと報道された。政府側は2倍の増加は例年と差がないと突っ張っていたが、2倍は明らかに有意差があると言っていい。 その更なる裏付けとなる記事が、日刊ゲンダイ紙に掲載された。この記事によると、防衛大学生は将来、士官となる人材であるが、所謂軍…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

参議院選挙前には、自衛隊員の新任務の実態を語ろうとしない怖さ

あれ程急いで強行採決をして可決した安保法は、採決から6か月以内ギリギリの3月29日に施行するという。しかし、施行はするが自衛隊の新任務の詳細の発表は、来年の参議院選挙が終わった後にするということだ。普通の施行のパターンは、施行日には施行の内容を明らかにするものである。安保法制の内容を参議院選挙前に明らかにすれば、多くの国民に、疑念、憂慮…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more