テーマ:甘利事件

甘利ワイロ事件を握りつぶした黒幕は黒川弘務氏 from日刊ゲンダイ紙

先日、甘利氏の利得斡旋処罰事件について取り上げたが、日刊ゲンダイ紙がその内幕を暴いている。 甘利ワイロ事件を握りつぶした黒幕は、黒川弘務官房長というのだ。その黒川氏が法務省の中でNo4の事務次官に昇格するという。この黒川氏は、度々検察の不正義に絡む事件に登場している。 日刊ゲンダイ紙の記事には、甘利事件で明らかに検察が起…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

甘利氏の斡旋利得事件の秘書捜査終了。法の下での不平等。

元特捜部の検事であった郷原弁護士が、斡旋利得事件のど真ん中のストライクと述べていた甘利氏の事件で、甘利氏、秘書2人が不起訴になった。しかし、検察審査会で秘書2人は起訴不当となり、検察で再捜査を行ったが、甘利氏の斡旋利得の事実を得られなかったとして不起訴とし、一連の捜査は終了した。  この事件では、甘利氏にお金を渡した本人がマ…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

米国の次期大統領候補・クリントン氏が反対のTPPは、日本をもっと不利益にする。

安倍首相がTPP批准に全力を尽くすと、父の墓参りで誓ったそうである。 しかし、このTPPの内容は秘密会議で、また話された内容は公表してはいけないというルールのため、国民には全く知らされていない。知っているのは甘利元大臣と、関係した官僚である。その甘利氏が仮病?の(仮病の?)睡眠障害で国会会期中に休んでいて、後任の大臣も本当の実態…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

政府に従わないものには、金を出さないという安倍恐怖政治

政府は、沖縄復興予算の減額を示唆した。政府は、高江のヘリパッドの設置の強硬、辺野古のへの基地移転の考えは変えないと言いながら、予算減額の示唆は明らかに恫喝であり、辺野古基地の許可取り消しの翁長知事への脅迫である。政府は翁長氏へ脅迫であるが、それは「沖縄県民」への脅迫であり、侮辱であることをわかっているのか? まさに安倍政権の強権性…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

睡眠障害なのに、やつれもしない甘利氏を、国会喚問すべき。

先日、検察審査会で、甘利氏は不起訴相当、秘書2名は起訴相当と出たことを記事に書いた。その甘利氏が、今日睡眠障害も無事治り、国会にニコニコした顔で登院した。普通、睡眠障害なら顔がやつれているものであるが、全くその気配もない。半年程国会から雲隠れしていて、その間給料だけはちゃっかり受け取っている。いい身分である。 記者からの質問に、ケ…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

甘利事件の検察審査会に大いに失望

安倍首相のお友達の甘利議員程、検察が遠慮している事例を見たことがない。検察も、下手に安倍首相の逆鱗に触れたら、ただでは済まないと思っているのであろう。今や、検察、裁判官も体制に沿ったことをやっていれば、身に何か災いが降ってくることはないと思っているのだろう。 元特捜部検事の郷原氏に言わせれば、斡旋利得処罰法のど真ん中の事件と述べて…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

舛添は自分で墓穴を掘ったが、与党という力で法を逃れるのは許せない。

舛添氏は、都民というより、全国民から総スカンを食っているにもかかわらず、リオオリンピックに旗をもらいに行きたいと願ったが、その神経は余人にはとても図りしれない。全日本、世界の人がこの騒動を見て、死に体でボロボロの知事がオリンピックの旗をもらいに来たと冷ややかな目にさらされることを、何とも思っていないらしい。  この舛添氏の辞職に…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

舛添騒動で一番喜んでいるのは甘利である。最後の望みは見識ある検察審査員だ。

舛添知事の公正なる第三者の検証は、正に舛添氏の金で雇われた弁護士の、検証ではなく弁護報告であった。元検事の郷原氏がテレビで見解を述べていたが、刑事犯罪の元検事として一番のポイントであるとわかる、木更津のホテルで面会していた関係者を直接確認していないのは、逆に最も触れられたくなかったからと言っていた。このポイントが、虚偽記載として唯一、…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

斡旋利得処罰法にストライクな甘利事件が不起訴に。日本の司法の崩壊を見る。

昨日麻生大臣が、消費税増税の延期に大見得を切って、解散して信を問えとマスコミにアッピールした。このブログでは、自作自演の茶番劇と述べたが、今日の昼おびのTVで自民寄りの解説者も、麻生大臣が財務省へのポーズで増税延期に反対したのだろうと述べていた。マスコミも盛んに、自民党内に「軋み」が生じていると囃したてた。しかし、昨日安倍首相と麻生氏の…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

甘利事件、あまりに遅い事情聴取。本当にやる気があるのかわからない。

特捜部が、今頃辻褄合わせのように、甘利氏の告発者を任意聴取と報道された。この報道をしたのは、日刊ゲンダイ紙の他に読売新聞のようだ。テレビで報道されたのは見たことがない。 現役の大臣でもなかった小沢氏が、陸山会事件で特捜部に秘書らが聴取、逮捕されたときの報道と月とスッポンほどの違いがある。日刊ゲンダイ紙がただ一紙、何回にも亘って、検…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

甘利事件に動かぬ検察は、政権への忖度だということだ。なさけない。

元検事の郷原氏が、国会の公聴会でコンプライアンスの話として甘利問題の話をした。その際、自民党の補完政党である「おおさか維新」の足立議員に、売名弁護士などと非礼極める侮辱を受けた。公聴人に対して暴言を吐いたということで懲罰動議を受けたが、当の本人は未だに反省をしていないと郷原氏が怒っている。 最近は現政権に遠慮して、政権に都…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more