テーマ:枝野代表

枝野氏の代表選挙での消費税減税の言葉はポーズだった。れいわ、共産との連携も怪しくなった。

枝野氏と泉氏の代表選挙で、泉氏はコロナが収束するまで消費税をゼロに、枝野氏もそのとき消費税を減税すると述べた。するならゼロとまで述べた。これを聞いててっきり、共産、れいわが主張している消費税減税(5%)と連携出来ると安心していた。 ところが、『消費税を下げていくことができるかどうかについて議論すべきで、上げていくなんて論外だ」と批判し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新党は名前、中身の政治家も同じようだが、地獄を見て反省した塊は同じ以前の塊と違う。他の野党とさらに大きな塊を作れ。

新党の立憲が発足したが、親与党の新聞、評論家から新党は全く新味がない、数合わせの単なる塊になっただけとの批評がたくさん見受けられる。世の中の常として、どうでもよいことは評論されることはない。何か評論されることは、逆に新しい塊を意識していることである。これは良い傾向である。どんどん批判される方が希望が高まる。言わせておけ。 菅氏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新党、立憲民主は自公政権に対峙する重要な役割を負った。自公の絶対多数の政治を打破してほしい。

枝野氏が予想通り、新党の代表に選ばれた。党名は立憲民主党 枝野幸男 107 泉ケンタ 42 立憲民主党 94 民主党   54 泉氏は、それぞれ半々という数字である。 今日、報道1930で枝野代表が単独出演したので聞いてみた。最初枝野氏の印象が解説者の参加者から評された。その共通したイメージは、固…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

枝野氏に敢えていう。みみっちい低所得者の消費税月額1万円では負ける。幻滅!!!!

新党の誕生にケチを付けるつもりはないが、枝野氏には日頃、不満をもっている。枝野氏では政権をとることは絶対に出来ないだろうと思っている。立憲民主を立ち上げた時は7、8%の政党支持率であったが、今や3、4%に減少させている。それは、立憲が自民の政策の枠内で、その手の上で批判しているだけで、立憲の目玉政策がないからだと思っている。こんなことを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

枝野代表が決断。消費税減税も視野。れいわも新党との共闘可能になった。

今度の新党の代表と目される枝野代表が、次期衆院選挙で消費税減税も下げること、一時期ゼロも検討すると述べた。1千万円以下の所得者も1,2年は所得税をゼロにするとまで述べた。衆議院選挙で野党側は何を錦の御旗で対抗するかと思っていた。れいわの山本代表は消費税は少なくとも5%にしないと勝ち目はないと言っていた。国民、共産党も5%に同調するこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新党は昔の民主党のようなゴタゴタ無しで、期待を抱かせる船出をしなければならない。

明日、国民民主の両院総会が開かれる。ここで、何かが起こるか注目されている。玉木代表は分党して残留すると述べている。これに対して、国民民主の中でも多くの批判が出ている。代表は分党と述べたが、役員委員会で決まった訳ではないと言われている。また、小沢氏、開氏など色々なレベルで引き留めがなされているようである。 今日、枝野代表と玉木代表と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋には衆議院解散が予想されるが野党共闘のカギは立憲の度量。

先日、報道1930に国民民主の渡辺議員と立憲の小川議員が出席し、野党共闘についての意見を言う場があった。小川議員は将来野党のキーパーソンとなる男と思っているが、立憲と国民民主の統一が進まない理由を述べていた。その原因の70~80%は、枝野代表と玉木代表の過去からしがらみ、面子、役員人事、党名で確執があると述べた。それぞれが確執を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

枝野代表の原則論で立憲と国民の合併が難航。

立憲と国民との幹事長会談で、おおよそ合意が出来たと報道されていたのであとは代表間で微調整をすればいいかと思っていたが、ここに来て最も基本的な部分で双方の思惑が浮き彫りになった。国民の玉木代表がイーブンの合併と言い出したことに、枝野代表は不愉快な顔をして100%新党はないと述べた。つまり、立憲への吸収と言いたいのだろう。 これは国民…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

桜で安倍窮地。禊に桜疑惑解散の可能性大か。

今日の「ひるおび」の番組で急遽、「桜を見る会」が取り上げられた。安倍寿司友の田崎が出てきたので、安倍首相の後援会者が前夜祭の翌日、バス17台を仕立てて850人の話が出たとき、田崎が何と言うかと思えば、意外にも「やり過ぎ」と述べた。いつも弁護する田崎にも弁護が出来ない程だということだ。安倍首相大好きの八代に振られたときも、いつもは政権側の…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

国民民主の小沢氏はオリーブの木方式をとれば野党は確実に勝てると断言。枝野代表の君子豹変を期待。

昨日のBS-TBSの1930報道番組に国民民主の小沢一郎氏が出演した。松原キャスターからかなり踏み込んだ質問がなされた。単独ゲストで長時間のインタビューであった。 小沢氏が自民から飛び出し、新生党を作った経緯、加藤の乱の裏話などをした。加藤の乱は、山崎拓派は自民を出ることが決まっていたが、加藤氏にはその気概がなかったと述べた。 …
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

立憲の枝野代表、沖縄県民投票5市長に損害賠償提訴を発言。

東京新聞の望月記者は、菅官房長官の記者会見で、露骨に嫌な顔されながら菅氏に果敢に質問する。今日も、沖縄の県民投票を拒否する5市に抗議するためハンストをした元山氏について菅氏の見解を求めたとき、菅氏は例によってワンフレーズで短く、「その方に聞け」と述べた。元山氏もこの話を聞いて本当に悔しいと述べている。 菅氏が望月記者の質問…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

安倍政権支持率がやっと支持、不支持逆転。野党は立憲、共産、自由、社民で協力すべき。

NNNが世論調査を行った。それによると 安倍内閣の支持率:41.7% 不支持率:44.2% となり、2か月ぶりに不支持が支持を上回った。この数字を見て、まだ40%以上の支持率があること自体不思議である。選挙の時には、サラリーマンの増税など一言も言っていなかった。また、その増税分は、ミサイルなどの防衛費に化けさせている。介護…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more