テーマ:創価学会

安倍政治の補助エンジンの創価学会の中にも嫌悪感が増大。

唯一安倍政権に対して堂々と批判を連日掲載しているのが、日刊ゲンダイ紙である。主に首都圏人が行き帰りの電車の中などで見ている。一般の大手の新聞が、中々書けない政府批判を堂々と掲載する。 最近の記事で、自民の腰巾着の公明党に関する記事を注目している。以下の記事では「自公連立解消の兆し」と書かれている。 記事の中に以下の創価学会関…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

自民とGive and Takeしている公明党に、ブレーキ役は務まらない。

今、公明党は自民党のブレーキ役と任じているが、政治は結果である。いくらポーズをとっていても、国民は自民と同類と見なす。昨日、公明党の集団的自衛権の限定容認について、やっぱり与党の地位が捨てられないのかと批判的に書いた。 公明党の支持母体が創価学会ということは、自明の理である。今や、自民党議員ですら、基盤の弱い議員は創価学会の支援な…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more