テーマ:原発核廃棄物

寿都町の片岡町長は一時の金のため、万年単位の不幸の種を拾い、子孫に不幸を残した。

北海道の寿都町の片岡町長が、20億円のお金に目が眩んで原発廃棄物の文献調査に申請した。それまで随分と地下で政府側と片岡町長が話し合いがかなりなされたと思われる。片岡町長は2001年から町長で5期目になっている。町議会定員は9名で、文献調査に賛成が5名、4名が反対した。経済の主力は漁業である。経済は漁業で回っている。しかし漁獲は半…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more