テーマ:民主党代表選挙

党員・サポーター票疑惑と菅内閣末路後の小沢氏への期待

菅内閣の改造が行われ新内閣が発足した。「有言実行」内閣と名付けたらしい。言う事(有言)はタダである。また実行することはするだろう。しかし、その実行の中身が間違っていれば日本は沈没する。そうなりかけている。国会の始まりが楽しみである。お手並み拝見だ。 普通、内閣の顔ぶれをみるとどこかで名前を聞いたことがあるものであるが、全然聞いたこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菅政権の挙党体制はNOT「ノーサイド」だ!、小沢氏は新党結成すべし!

菅氏が小沢氏に代表選挙で勝って、挙党体制、ノーサイドと言っていたが全くの嘘であった。 まるで真逆の「NOTノーサイド」人事であった。まず、小沢氏に代表選挙に出るなと言った岡田氏を幹事長にしたこと、もっともっと許せないのは参議院選挙で責任を取らなければならない枝野氏がほぼそのまま横滑りの副幹事長に納まったことである。これは、既に小沢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

民主党代表選挙における小沢氏勝利・敗北選挙区分析

今回の代表選挙においてマスコミが菅氏圧勝と報道しているが、その圧勝の理由は、党員・サポーターのポイントが主因であった。 つまり、割り当ての300ポイントの内、菅氏が249ポイントで小沢氏が51ポイントしかとれなかった。小沢氏側は、これでは国会議員票、地方議員票をいくら電話工作などの熾烈な努力をやって多少ポイントが菅氏を上回っても、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小沢氏は健闘した、また角をためて捲土重来を期せ

誠に残念ながら小沢氏が負けてしまった。 国会議員票は12票差で地方議員票は20票差で善戦した。党員・サポーター票の絶対数の割合は、菅氏が60%で、小沢氏が40%であった。しかし、選挙区ごとの党員・サポーター票のポイントは198ポイントもの大差になって現れた。ただ、この差はマスコミの小沢氏への攻撃の貢献かもしれない。しかし小沢氏は健…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マスコミの虚構が勝つか、ネット世論が勝つか、最後に笑うのは?

泣いても笑っても今日代表選の結果が出る。 このブログを初めてからマスコミの偏向報道への抗議、小沢さんの支持を一貫して行ってきた。マスコミ、世の中の人の中には、今回の代表選挙を民主党内の内輪の争いと意識もしくは無意識に矮小化している。先のように言われると、その意識の低さ、もしくはその悪意に無性に腹が立つ。 しかしその矮小化の実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

民主党よ、党員・サポーター票の集計だけは「クリーン」に行えよ!

植草氏が『代表選党員サポーター票不正集計疑惑の核心http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/post-6de5.html』で指摘しているように、個人的に同じように心配している。 なせなら、本ブログで再三、党員・サポーターの票がマスコミの予測している割合(菅60ポイント:小沢氏20ポ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マスコミの党員・サポーター投票予想のまやかし

昨日のブログで、代表選挙におけるTBS・JNNニュースの党員・サポーターの投票先のソースの疑惑http://31634308.at.webry.info/201009/article_14.htmlにマスコミが党員・サポーター票の投票行動をあたかも集計したかのように報道することに対する不信を書いた。この疑惑は、日刊ゲンダイ紙にも同様の主…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

代表選挙におけるTBS・JNNニュースの党員・サポーターの投票先のソースの疑惑

9日のTBSのJNNニュースで以下の報道がなされた(http://news.tbs.co.jp/20100909/newseye/tbs_newseye4522339.html)。 民主党代表選挙で3度目となる街頭演説会が9日午後、札幌で行われました。  「この選挙が終われば小沢さんとも、これまで通りしっかり手を握って全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小沢氏の「命をかける」を支持し、マスコミを真っ青にさせようではないか!

マスコミ及び旧勢力にとって、余程菅政権は美味しいのだろう。マスコミは、鳩山氏、小沢氏がタッグを汲んでいた政権のバッシングから手のひらを返したように、今度は菅政権を逆にヨイショしている。世論調査で代表に相応しいのは60%以上が菅氏で小沢氏は高々18%程度と何回も放映し、地方議員、党員・サポーターに刷り込んでいる。これでも不安で足りないのか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

代表選調査、マスコミとネットでどちらが正しいか?マスコミ社会との戦いである

代表選において、いわゆる大手新聞が菅氏と小沢氏の獲得の票を報道している。議員の票は、わずかに小沢氏がリードしていると報道している。一般人に対するマスコミの世論調査では代表に相応しい人は、菅氏が60%以上で小沢氏は10数%と報道されている。 今日の我が家の新聞には、地方議員(約3000人)の65%が菅氏を支持、小沢氏は35%と出てい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

代表選挙への思いと小沢氏の検察審査会について

今日の「カナダde日本語」さんのブログ(http://minnie111.blog40.fc2.com/blog-entry-2247.html)で、民主党の代表選挙の議員票の毎日新聞による調査結果が出ていた。同時進行で全国の党員・サポーターへの投票が始まる。現時点では議員票はわずかに小沢氏が有利らしい。しかし、これも信用出来ない。それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

公開討論会の横柄な記者は何様か? 

記者クラブの公開記者会見の中継を聞いた。これが日本の記者クラブの討論会というが3流雑誌並みの討論であった。このような場に、世界が注目している日本の総理になる人に出席して貰って話すような討論会ではなかった。 代表質問の記者の内、朝日新聞論説委員の星浩氏、読売新聞特別編集委員の橋本五郎氏は分かったが、その他2人はいたと思うが、記者も名…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

政権発表は小沢氏が勝ち! 菅氏の品性の無さを見る!

昨日夕方の小沢さんと菅さんの代表選挙に当たっての共同記者会見を聞いた。 小沢氏が菅氏を暗に官僚政治に戻ったことを批判し、それを元に戻すことを強烈に宣言したことは、多くのブログで訴えていたことを代弁してくれた。政策、普天間基地等の発言についても小沢氏の方が、一枚も二枚も上で小沢氏が圧勝した。 しかし、小沢氏が日本の国家を論じて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小沢氏と菅氏は大いに闘え!、結局日本のためになる

小沢氏が菅氏との会談後の会見を見ていてが、結論を言わないで悲観的な言い回しをしていたので、これは100%立候補しないと思って酷く落ち込んで見ていた。 しかし、最後の最後に「正々と立候補」すると言った時は家内と拍手を送った。本当に救われた思いであった。もし出馬がなければブログ記事を書く気力もなかったであろう。また家内も民主党にサポー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

民主党よ、衆目監視の前で代表選出馬の談合などするな!

民主党よ、今何をやっているのかと言いたい!!  国民が見ている前で談合などするな! 正々堂々と戦え! 小沢氏の不出馬の操作はマスコミの陰謀でもある。 鳩山氏が正に伝書鳩の如く、小沢氏と菅氏の間を飛び回っている。昨日の鳩山、菅会談でトロイカ体制を確認したと言い、挙党体制のため代表選挙を回避しようとしている。これを受けて、今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小沢氏は菅氏側・マスコミの攻撃に対して信念を変えず代表選を正々堂々と戦え!

それにしても菅氏は往生際が悪すぎる。菅氏と小沢氏が選挙を行えば党の分裂に繋がると、国民には道理のわからないロジックで囃したて鳩山氏と昨日の夜に会談を持った。 菅氏から小沢氏を推さないように、あらゆる提案、またえげつない提案も含めて、必死の形相で鳩山氏を説得した光景が目に浮かぶ。 上記会談後、鳩山氏は一応菅氏に代表選では小沢氏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どんなにマスコミが小沢氏を攻撃しようとも我々は支持する!

いよいよマスコミのお得意の世論調査の攻撃が始まった。一般世論は約70%菅氏が代表に相応しいという。 今までこれだけマスコミが社説、TVなどで小沢氏の出馬を批判していれば、一般の浮動層を含む電話調査で、この程度の数値で済んでいるが不思議なぐらいである。 これだけ叩かれてもまだ15%も小沢支持が出しているのも不思議である。この数…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝日新聞社説に見る異様な論調は何を意味するのか?

朝日新聞は随分長く購読していたが、昨年夏の政権交代後暫くしてから、各紙と共に鳩山・小沢政権に対して批判的になり、お金を出してまで不愉快極まりない文章を読まされるのに辟易して数カ月前に購読を止め地方紙に替えた。 この地方紙も社主が自民党国会議員の縁者であるのでやはり民主党には厳しい、特に小沢氏には批判的であるが、朝日新聞よりはるかに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小沢さん、これからはマスコミの批判に黙っていないで情報発信を!

小沢氏が出馬を表明したが取り合えずスタートラインに立った。このブログも昨日「祝 小沢氏出馬!」でエントリーした。この拙いブログに対して私にとっては過分の多くの方からアクセスをして頂いている。ありがたいことである。 正直アクセスが多くなるなるほど何か責任を感じ、若干気分が重くなる。政治ブログランキングでいつも上位に居て、読ませて頂い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祝 小沢氏出馬! 鳩山氏の批判撤回します 

今日の朝、新聞を見るとまるで不出馬が決まったかのような報道だったので、再度今日の朝急いで 「小沢氏の不出馬の妥協は憲政の常道に反している http://31634308.at.webry.info/201008/article_24.html」 と題してエントリーした。 是非読んでほしい。雌雄を決する公明正大な選挙をや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小沢氏の不出馬の妥協は憲政の常道に反している

小沢塾で出馬の考えが発表されるのではないかと国民が注目していたが、この塾ではそのような下世話の話はしないということで真意は述べられなかった。 それにしても、鳩山氏はまた普天間基地の余計な期限を言ったと同じように、また余計なお節介を行っている。つまり、小沢氏が出馬すると党が割れるから出馬しないようにという。小沢氏の会談を受けて菅氏に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝日新聞よ、こんな社説しか出せないのならもうおしまいだ!

今日のブログは最初、小沢批判広報担当の渡辺恒三が小沢氏の代表選挙出馬を牽制して、 『「小沢首相なら、指揮権発動よりひどい」民主・渡部氏 http://www.asahi.com/politics/update/0821/TKY201008210083.html』の記事を題材に、政党人、しかも同じ政党の仲間としては言ってはいけないこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いよいよ、また日本の進路を決める関ヶ原の戦いが始まる

小沢氏が19日軽井沢の研修会に出席したが、まだ小沢氏が出馬するかどうか正直半信半疑であった。しかし、その後の両陣営の動きを見ると選挙対戦前夜の様相を帯びてきた。まさに全国規模で日本の進路を決める関ヶ原の戦いが始まる。 マスコミが党内でそんな争いをしている暇はないなどと言っているが、これは違う。まさに昨年夏の政権を信じて投票した原点…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more