テーマ:都知事選挙

生活の小沢氏による明快な都知事選挙総括。野党再編の起爆剤の責務は重い。

最近、生活の小沢代表は、自民党の補完野党のみんな、維新は抜かして、次期衆議院選挙までに野党再編をしなければならないと言っている。 その小沢氏が定期会見を開き、東京都知事選挙についての質問を受けた。小沢氏は以下のように感想を述べている。その分析は明快である。 今回の都知事選挙は、事前にしっかりと体制を整えれば絶対勝った選挙だっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

東京都知事選挙の細川・小泉氏の活動が、やはり国政を決める関ヶ原であった。

毎日新聞によれば、安倍内閣の支持率は昨年12月以来、初めて5割を切り49%で、「支持しない」とした人も前回調査から8ポイント上がって発足以来最高の34%になったということである。特定秘密保護法に対する懸念が影響したとみられるとしている。個人的にはまだ49%もあるのかという感じであるが、特定秘密法案もあるが、集団的自衛権、原発再稼働も影…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

原発ゼロの国を作るという細川氏、小泉は本気だ。増長している安倍政権の足かせとなれ。

本題に入る前に、今回の選挙についてのツイッターなどを見ていると、宇都宮氏陣営の態度が何とも悲しい。宇都宮氏が舛添氏に負けた悔しさよりは、細川氏に勝ったことがうれしいという記事が見うけられる。ブログ、ツイッターレベルであるが、宇都宮氏を応援していた木内みどり氏が細川氏に勝って喜んでいたという記事は、本当に脱原発を願っている者として悲しいと…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

投票率の低さはマスコミの「脱原発」隠し。日本は経済成長の機会を失った。

このブログで、毎回原発ゼロを訴えてきた。それを最も実現してくれると思っている候補として、細川氏を推していた。前回記事は、思い入れ、願望を含めて細川氏が当選するかもしれないなどと書いた。 しかし、結果は、宇都宮氏と細川氏の得票を合わせれば、舛添氏に肉薄して負けたことは、何ともむなしい。出口調査で早々に舛添氏に当確が出たことに、当初か…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

細川氏・小泉氏の最終日、最終演説終了後の「細川!!、細川!!、、、、、、」の連呼は当選の予感

今日で東京都知事選挙の遊説が終わった。今日も、ツイキャストで、細川氏・小泉氏の演説を聞いた。選挙運動最後の場所は、新宿駅東口アルタ前であった。雪の降る中の演説であったが、かなりの数の聴衆が傘をさしながら聞いていた。どこかの党の正式な支持を受けていない中、最初から組織票は見込めない。全く、雲を掴むような戦いであったと思われる。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

見識の東京新聞は、細川氏を側面支援か? 

原発の問題に対して、東京新聞は読売新聞とは対極の立ち位置にいる。新聞の中では、原発に対して一番真摯にその危険性や必要性を論じ、脱原発の方に立ち位置を置いていると思っている。片や読売新聞は安倍政権べったりで、原発推進、原発を輸出せよと述べている。 その東京新聞が、東京都知事選挙日の2日前に、以下の社説を発表した。その内容は、エネル…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

原発ゼロの細川氏を当選さないと日本は日本沈没に向かう。

このブログで、ほとんど連日東京都知事選挙について取り上げている。それはなぜか? この東京都知事選挙は、東京の都政というよりは、日本の政治がこのまま誤った方向に加速を付けて転がり落ちるか、少しはブレーキが掛って踏みとどまるかの関ヶ原であると認識しているからだ。 さらに言えば、政治以上に日本の経済発展、技術発展、生活発展における…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

不偏不党のはずのNHKから、国粋主義のNHKに変貌する。

安倍政権が同意したNHKの経営委員の実態が明らかになってきた。安倍政権が同意したとあるが、政府が選んで決めた、自作自演の人事である。 今までの歴代の政府で、これほど露骨に自分好みの経営委員を選んだ例は過去にあっただろうか?まず、経営委員トップのNHK会長の籾田氏が、政府が決めたことは今更どうのこうの言ったって仕方がないと述べた…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

脱原発を最大の争点だと思っている人は、票を割らないために細川氏に投票すべきだ。

東京都知事選挙まで、あと数日となった。今日メルパルク東京で、細川氏、小泉氏の演説会が行われていた。1600人収容の会場が満席であった。 細川氏と小泉氏が到着する前に、細川氏の夫人が時間を繋いだが、話しぶりは熊本の地元で演説していただけあって、細川氏本人よりも上手なくらいであった。夫人の話の中で、細川氏は、殿、殿と呼ばれ、何一つ苦労…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

舛添氏の当選だけは阻止しなければならない。これを許せば、子々孫々に負の遺産を残す

東京都知事選挙もあと一週間で決着が着く。 日本経済新聞、読売新聞の世論調査では、相変わらず舛添氏がリードしていると報道されている。その次が細川氏、宇都宮氏という。しかし、この報道では実際の数字は書かれていないので0.1%でも多ければリードしていることになる。どのぐらい肉薄しているかもわからない。 舛添氏リード、細川氏ら追う 都知…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

維新・橋下氏の市長再選は、自民補完野党の再編に繋がる。

維新の橋下共同代表が、大阪市長選挙を表明した。これで維新の行く末は混沌としてきた。維新の橋下氏に最も期待が集まったのは、前回衆議院選挙の前であった。この時は各党とも橋下氏の維新と組みたいと、引っ張りだこであった。その橋下氏自身と維新の人気が無くなり、すっかり輝きを失ってきたのは石原氏の太陽の党と合体してからである。石原氏の極右思想に触れ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

原発ゼロに向けて千載一遇のチャンスを潰すな。相手を批判する暇はないはずである。

暇があると、ツイッターを見ている。その中で、細川陣営の盛り上がりに焦ってか、脱原発の主張をしている宇都宮氏支持者の中でも有名なブロガーが、細川氏に対して読むに堪えない批判を繰り広げている。こういう批判を 読むと悲しくなる。批判する相手が違うだろうと。 とくに、このような批判をする人は、細川氏、小泉氏の過去の話を引っ張り出して批判を…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

細川東京都知事が誕生したら、日本は確かに変わる予感が現実となる。

今日、ツイッターをみていたら、以下のツイートが目を引いた。舛添氏陣営、自民党陣営はかなりあせっただろう。創価学会の池田名誉会長が「脱舛添指令」を出したというではないか。この情報が本当なら、舛添氏側はかなりのダメージを蒙るだろう。この創価学会の動きは、最近の自民党と公明党の関係から来ているのかと勘繰る。最近、安倍首相は数を背景に図に乗りす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍首相が原発の再稼働を明言。これを阻止するには、細川氏を勝たせるしか道はない。

今日は首相の所信表明から、各党の代表質問が始まった。相変わらず、安倍首相は木で鼻を括ったような答弁である。対抗する党に対して、強弁に終始し誠実さがまるで感じられない。そもそも国会の代表質問の質疑形式が形骸化されている。 予め、代表質問内容は政府に提案され、その答弁は各所管の官僚が絶対に当たり障りのない、決して突っ込まれたりしない答…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本一新の会:平野代表が語る 、日本の将来を決める東京都知事選挙選挙の重要性

日本一新の会の平野氏が語る東京知事選挙の重要性を熱く語る。拡散希望ということで紹介したい。最後の方に共産党の話が出ているが、今回もそのことが彷彿とさせる。 *********************************** ◎「日本一新運動」の原点―198             日本一新の会・代表 平野 貞夫妙観…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真の野党再編のためには、維新・石原氏にはそのまま残ってもらっていた方がいい。

維新の石原代表が、以下の記事によると、維新が原子力政策を否定するなら、党を辞めるという。 維新・石原代表「原子力政策否定なら党辞める」 http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20140125-OYT1T00407.htm?from=ylist  日本維新の会の浅田均(大阪府議会議…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国民総意の代表として、都民の過半数は「脱原発」が正しいと考え、投票の基準と考えている。

都知事選挙の世論調査では、舛添氏が先行し、細川氏、宇都宮氏が追っているという。この調査結果は告示直前の話であるので、今どうなっているかわからない。東京新聞から知事選挙の世論調査が出て来た。東京新聞なので、他の新聞よりは信用が置ける。 その内容は、政府や一部のマスコミが今回の選挙の争点が原発だというのはそぐわないと言っているが、投…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

脱原発の中身はないと批判する人は、まずその無責任さ浅はかさを反省することだ。

今回、小泉氏の支援を受けた細川氏が「即時原発ゼロ」の公約を掲げて立候補し、記者会見を開いた。 それに対する批判で一番多いのは、以下のようなものである。 1.細川氏、小泉氏も脱原発への具体的な方策がない。単に願望を述べている荒唐無稽な議論で、非現実的だ。無責任だ。 『脱原発、手だて示さず=佐川問題払拭に躍起-細川氏・都…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

本当に真剣に脱原発を望むなら、必然的に当選に近い候補者に結集するはずだ。

東京都の知事選挙は、近年にない歴史に残る関ヶ原に匹敵する選挙の様相を帯びてきた。当初、舛添氏と宇都宮氏だけが候補者として名乗り出た時は、自民党や自民党に近いマスコミも平然としていた。自民党にとって、共産と社民推薦の宇都宮氏は、全く脅威に感じていなかったことを物語っている。 それが、細川氏が小泉氏の支援を受けて「脱原発」を争点にして…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

政府の不遜極まりない態度を崩すには、票を分散させないため、勝ち目のある脱原発候補に投票すべきだ。

安倍政権の強権ぶりは、ここに極まっている。名護市長選挙に負けて少しは反省するはずであるが、逆にむきになって、開票翌日に防衛局が工事会社の入札を告示した。 これは、確信犯、まさに挑戦的な態度である。稲嶺市長もかなり頭に来たろう。地元の理解を得てやりたいと首相は述べているが、やっていることはまるで違う。不遜の極みである。自分が一番エラ…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

好き放題、やり放題の安倍氏にも、やっと重大課題に「ならぬことはならぬ」結果が生まれてきた。

前回、地方選挙の勝敗が国政に影響する選挙が、名護市長選挙と東京都知事選挙であると書いた。その中の名護市長に、辺野古基地移設反対の稲嶺氏の当選確実が早々と発表された。結果的に大差をもって当選ということだ。推薦は、共産、生活、社民で国政では弱小党である。 石破幹事長が、自民党に投票すれば500億円の基金をくれてやると話したが、名護…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

都民の選択は日本国民の将来を決める。「即時原発ゼロ」か「原発推進・即時再稼働」の闘いである。

東京都知事の脱原発の公約について、細川氏、宇都宮氏とも、自分が身を引くという1本化の話は無くなったようだ。少なくとも、反原発を最重要に考えている東京都民の票は分断される。これで、反原発の候補者が当選する確率は、残念ではあるが減少した。 これを一番喜んでいるのが、舛添氏だろう。田母神氏は維新の石原氏が個人的に応援している。類は友…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

脱原発を唱えると、小沢氏の時の様に総攻撃されるだろうが、それに負けず結集すべきである。

今、日本の政治史の中で、国政に影響を与えるだろう地方選挙が2つ行われる。沖縄の名護市長選挙と東京都知事選挙である。この中で、それぞれの陣営に、与党とその応援団が強烈な攻勢を掛けている。 自民党の石破幹事長は「名護が発展することで沖縄も飛躍的に発展を遂げる。安倍政権として全面的に支援し、国、県、市が協力して新たに五百億円の名護振興…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

細川氏、小泉氏の裏に、イデオロギーを超えて脱原発の大義を持って小沢氏が動いているはずである。

今回の東京都の知事選挙において、宇都宮氏は脱原発、TPP反対等で立候補を表明した時、共産党、社民党の推薦を受けていた。ドイツの視察までやって脱原発を最も熱心に訴えていた小沢氏の生活の党が、直ぐに宇都宮氏を推薦してもいいのではないかと思っていた。生活も宇都宮氏を支援すべきだと、その気持ちを本ブログでも述べた。その後、細川氏が脱原発を掲げて…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

日本が子々孫々にまで禍根を残す過去の愚かな社会に戻るか、発展する日本を残すかの選挙となる。

東電が再建計画を提出し、政府がその計画を認定した。その再建のカギが、柏崎原発の「7月再稼働」である。柏崎の4基の原発を再稼働する。その電気はほとんどが東京で送られ、消費される。 この原発再稼働を、東京都民はどう考えるのか?福島原発も、ほとんどの電力を東京で消費していた。都民はその電気で生活していたのだ。 今回の東京都知…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

東京で細川氏が勝てば、小泉氏が言うように国の原発政策を変えられる

細川氏が出馬するにあたって小泉氏と会談し、小泉氏が「支援する」と表明した。個人的には、「脱原発」の議論が国民的に盛り上がり、それが国政に影響を与えることは非常に意義があると思っている。少なくとも国政では原発事故は過去の話になってしまい、原発推進に邁進している現状だ。 国政の中で、消費税、TPP、経済などが重要なことは勿論であるが…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

東京都知事選挙の脱原発派候補者の勝利は、原発推進ストップの最後のチャンスと思っている。

福島原発事故のとき、NHKに頻繁に東大教授が出て来て、えらそうに原発事故でメルトダウンなどないと言っていた。原子力ムラの学者で、それを糧に生活している。最近は顔も出さない。 原発は安全だ安全だと言っていたが、偶々停止していた4号機以外の原子炉はメルトダウンで全滅してしまった。東電自体が、津波が来る前に原発工場内の冷却配管系が壊れ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

細川元首相が都知事選出馬決定で自公が大慌て。「脱原発」派の統一を!!

昨日のブログでも取り上げたが、細川氏が都知事選挙に「落ちてもいいから」出馬することが決定したようだ。 これを受けて、自公が慌てまくっている。以下の記事から、その狼狽ぶりが窺える。 「殿、ご乱心」=細川氏の出馬検討を批判-甘利再生相 http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=201401100…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

「脱原発」を争点化することが、自公に勝てる唯一の鍵である。

東京知事選挙が混沌としてきた。 その混沌度は、細川元首相が出馬するならもっと増大するだろう。特に、「脱原発」が争点になれば、個人的には非常に良いと思っている。本ブログで、東京知事選挙は、安倍政権が嫌がる争点が一番効果があると述べ、その最大の争点は、「脱原発」と言って来た。自公が推す候補に勝てる要因は、それだけと言っていい。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

名護市長選、東京都知事選の勝敗が国政への批判票となる。両都市民の見識に期待する。

近々の地方選挙が、安倍政権の国政に影響する。その一つは、沖縄の名護市長選挙だ。告示まで1週間を切った。候補者の1人は現職の稲嶺進氏で、名護市辺野古への基地移設には反対である。 その対抗候補者は、自民党の前県議の末松文信氏である。当然末松氏は移転賛成派である。自民党は小泉進次郎氏ら国会議員を多数投入すると言われている。仲井真知事の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more