テーマ:関西電力

関電収賄幹部を逮捕すべき。謝って罪が許されるなら警察、検察は要らない。

関西電力の金品授受は底なしの状況になってきた。今回の発端は福井県高浜町の元助役森山栄治氏が亡くなって、国税局が査察に入って関電に送った先氏名、金品の内容が書かれていたので発覚した。だから、関電側も隠すことが出来なくなったのだ。森山元助役が書いたリストが無ければ、知らん存ぜずの態度をしていただろう。豊松元副社長と鈴木常務執行役員が1億円超…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

関電社長この国は壊れてきてきた。腐ったトップのリンゴは伝搬する。

関電から原発の関連施設の発注しお金が、福井県高浜町の森山元助役を通して、関電社長以下20人近くに還流していることが今頃、明らかになってきた。普通のパターンは会社側から立地町の幹部に金が流れるのが普通と思っていたが、発注先の関電に逆流し、それも関電社長、会長、幹部ももらっていたことは、これは犯罪である。社長は多大な心配とご迷惑をか…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

裁判に逆転勝訴すれば、損害賠償を要求すると脅す。関西電力は何か勘違いをしていないか?

関西電力の社長は、高浜原発運転停止の判決を下した大津地裁に、異議申し立てをしている。この高木社長は、上級審で関西電力の主張が認められ逆転勝訴すれば、損害賠償を要求出来ると発言した。損害賠償の請求相手は、記事からは訴訟を起こした人たちと読める。これは、脅しである。さらに、裏を読めば、異議申し立ては、同じ裁判官で敗訴する。しかし、上級裁判所…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more