テーマ:解散

安倍政権をもう4年続かせるか、終止符を打たすかの政権交代選挙だ。

今日、前原代表の両院総会の事情説明を聞いた。普段、あれだけ勝手な意見を言う民進だから、両院総会でも、批判のヤジが飛ぶのではないかと思っていたが、逆に掛け声や、合いの手の声が掛かり、満場一致で決まった。 前原氏は「安倍首相の5年間の政治をこれ以上続かないように、我々の理想の社会を作るため、好き勝手な安倍政権を終わらせるため、もう一度…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

安倍首相の筋書きを覆す神風が吹いてきた。安倍首相の脂汗の顔が見られそうだ。

小池氏が、新党代表になったことにより、俄かに野党の選挙体制が流動的になった。まず、民進が「新党」希望と連携調整に入った。また、昔の仲間同士であった小池氏と小沢氏が会談し、連携を模索している。小池氏は、出馬人数を3桁、つまり100人以上を立てたいと述べている。これらの動きに小沢氏が絡むと、政権奪取が俄かに現実化してくる。小沢氏は、政権を取…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

来る総選挙は、野党、市民連合と安倍政権との闘いだ。負ければ「国難」が来る。

安倍首相が、解散を表明した。今回の解散を「国難突破解散」と呼んだ。私から言わせれば、安倍首相自身が「国難」であり、国難を突破するには、安倍氏自身が首相を降りることだ。 安倍首相になってから、「秘密保護法」、「安保法」、「共謀罪法」、「森友・加計事件」、「憲法改正(予定)」と、まあ、これだけ好き放題に国民の権利を蹂躙した首相は、安倍…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

世論調査で64%も解散反対。国民は党利党略の解散と不快感を示す。

25日に安倍首相が解散を宣言し、解散の理由を述べるという。北朝鮮の出方が年末以降危ないこと、消費税の使い方を、社会保障と借金補填ではなく、教育予算につぎ込むという。3党合意は反故にされる。歴代の自民党首相の中で、強権的な最低な首相となると思われる。 共同通信が世論調査を行った結果、解散反対は64%という。国民はバカではない。何で今…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

安倍首相のあまりにえげつない解散が、逆に野党をまとめる結果に。

安倍首相が、国連から帰って来て、少し焦っているだろう。民進の前原代表が、共産党とは選挙協力はしないと言っていたことが、今が解散のチャンスと思った大きな理由だろう。しかし、その話は大きく違ってきた。前原氏も、安倍首相のあまりにも理不尽な解散に、理念だとか四の五の言っていられないと腹を決めた。元々は、枝野代表代理は、選挙協力派である。松…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

安倍首相が、史上最悪な解散をもくろむのは、それ以上に何かまずいことが有るのか?

安倍首相は、9月28日の臨時国会の所信表明すら行わないで、冒頭衆院を解散する方向で最終調整に入ったという。安倍首相はもう国民が何を思うかなどという考えもない。 自民党からも河野洋平氏が「(国会召集要請を)ここまで引っ張って自分の都合で解散するのは、過去になかったことではないか。議会制民主主義の本旨を踏まえて議会運営をしてほしい」と…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

「森友、加計」は「そんな小さな問題」という政治に、鉄槌を下さなければならない。

臨時国会では、森友、加計学園とも、新たな証拠が出てきて、安倍首相、夫人とも窮地に陥ることは明らかになっていた。森友に関しては、近畿財務局の幹部が土地値段を籠池側に提示した音声録音が、地検特捜部にも証拠として押さえられている。会計検査院からも、国側に不利な報告がなされるという。また、地検特捜部の任意聴取により、本省の佐川元局長の国会答弁が…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「憲政史上最低・最悪の解散」だが、それを許す民進・前原代表の責任は大きい。

安倍首相という人は、一国の宰相としての品格、品性としては最低ではないかと思っている。森友、加計問題は、まさに安倍氏、昭恵夫人の公人としての品性、品格を持ち合わしていないから起こった。安倍氏が居て、昭恵夫人がいる。 新聞では報道されていないが、ツイートを見ていると、先日、昭恵夫人がインド首相、安倍首相と一緒に沿道をオープンカーでパレ…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

「話し合い解散」を封じられて、不退転の増税なしで解散か総辞職に追い込まれた野田政権

鳩山元首相がまた余計なお節介に動き出した。鳩山氏が動き出すと碌なことはない。以下の報道のように野田首相と小沢氏との会談を仲介してやれと、よりによって岡田氏に打診したという。もう、余計な事をするなと言いたい。 野田首相と小沢氏の会談仲介を=鳩山氏が岡田副総理に打診 http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野田首相の捨身の解散に対して、小沢氏は手を打つ必要がある。

野田首相は、人から批判されると意固地になる性格と見える。小沢氏に谷垣総裁との密会を批判されて、なお一層消費税増税の不退転の覚悟を貫きそうな気配である。以下の報道は、小沢氏らを揺さぶる魂胆が見え見えである。消費増税関連法案が成立する前に、衆院を解散する可能性についても言及している。これは小沢氏の公判が4月にあり、無罪の可能性が大きくなって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小沢氏が「解散」に言及。つまり小沢氏が解散に絡むことを宣言か?

小沢氏が北海道の北見市で開かれた元民主党の松木謙公氏のパーティに出て、以下の報道のように「何となく来年は選挙があるかもしれないというにおいが、雰囲気がしてきつつある」と述べたそうである。何とも感覚的な言葉である。何となくとは。小沢氏が別に嘘を言っても仕方ない。解散を決めるのは総理しかいない。しかし、長年政治の世界で修羅場をくぐってきた動…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小沢さん、国民は民主党に愛想を尽かしているのだ。

この菅という首相は、本当に確信犯というか、人をまとめ上げて政治を遂行する実行力はないが、自己保身の能力だけは超一流である。以下の見出しを見てカチンときた。国会の答弁で述べたらしいが、早期解散は自分はするつもりはないが、「国民もないと思っている」と言ったことだ。日頃は、各種世論調査から早く辞めろという声は無視しているのに、解散は国民の声を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今の菅政権は全く異質な政党になった。小沢氏は民主党を出て自分の信念を貫け。

前回も書いたが、民主党に政権を与えた有権者をあまりにバカにしている話で、もう一度文句を言いたい。 民主党が、以下の報道のように公約を『抜本見直し』するとして、謝罪文章を、国民にではなく、自民・公明党に出した。これはなんたることか? そもそも、公約が間違っていましたと、謝罪文を敵対する野党に出すということは、民主党に一票を入れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この期に及んでも、「原発解散」の可能性は消えず

菅首相は、先日の国会の本会議において、「脱原発解散」はしないと明言した。したがって、少なくともシングルissueでの解散はないと思っていたが、その内閣の一員である海江田氏が、以下の記事の見出しのように、菅首相が「脱原発解散」するために、各閣僚に署名を求めても、自分は署名をしないという。 菅首相が少なくとも国会本会議において、「脱原…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の混沌とした状態を収めるには西岡議長が言うように民主党自身の手で内閣不信任案を!

菅首相が、「3次補正予算」作成を内閣に指示した。これについて、首相の延命の手段ではないかと、枝野官房長官が質問された。そういうつもりはないと答えていたが、菅首相が辞めると言わない限り、内閣不信任案もしくは東京地検特捜部が逮捕でもしない限り、強制的に辞めさせることは出来ない。 菅首相もこのうま味を知ってしまったので、平気の平左である…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菅首相、衆院解散を排除せずとは本気か?

心理学や精神科に携わっている学者や医者にとって、菅首相は非常に興味があり、分析したくなる対象人物と思われる。そういう自分も、ついつい菅首相の特異性について書いてしまう。国民がこれだけNOと思っているのに、鈍感で自己中なところはどこから出てくるのであろうと不思議で仕方がない。鳩山氏が「宇宙人」と言われが、ある意味、国民の言っている、思って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more