テーマ:ニュース

自転車操業で人材たらい回し内閣ではこの国はもたない

仙谷は、この大混乱で国会で野党の追及もないことをいいことに、あれだけ野党に叩かれてシブシブ官房長官を辞めてたのに、またゾンビのように復活して、今度は副官房長官に復帰して、枝野の下で働くという。野党も災害で何も言えないことをいいことに、正に火事場どろぼうのようなものである。 民主・仙谷由人代表代行を官房副長官に起用 http:/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今回の大地震を「天罰」と言った石原知事に、都民は「天罰」を下さなければならない。

東京知事選挙に石原が早々と出馬しないと言っていたので、意気揚々と神奈川県知事の松沢が名乗りを上げ、石原知事の後継のような雰囲気であった。また、東国原も意欲満々に出馬を表明したが、突然の石原の出馬表明に両者とも立候補を辞めてしまった。松沢に至っては、無念の極みのような顔をして断念会見を行った(後で知ったが、日刊ゲンダイ紙によると石原が当選…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こんな危機管理意識の菅に、国民の命は任せられない。

福島原発の報道を見ていると、菅政権で大丈夫なのか心配になってきた。3月12日の3時半に爆発した後、建屋の壁が吹き飛んで骨組みだけになっていて、且つ放射能も1時間で1年分の被爆許容量よりはるかに多く、正門前で測定したと聞いた時、これは明らかに原子炉のシールドが破壊されたと思っていた。 6時から枝豆官房がこの件で記者会見を開いたが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地震により一時休みであるが、余命わずかな菅政権

今日のあまりに大きい地震に言葉もない。阪神大震災のときも被害の全容が分かりだしたのは、6時間以上経ってからであった。今回も震度7の地域もある。報道によると徐々に被害状態が明らかになってきている。今後、どんどん被害状態が明らかになっていくだろう。阪神大震災のときに匹敵するか、超えるかもしれない。 ご被害に会われた方々にお悔み申し上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小沢さんを核に、今水面下で政界再編の大きな動きがあるのか?

今日、小沢さんはニコニコ生放送で、(自由報道協会(仮)設立準備会主催の小沢一郎記者会見で)インタビューを受けた。自由報道協会だからといってマスコミ記者の質問を受け付けない訳ではないが、今までにマスコミ記者が手を挙げて質問したのを聞いたことがない。ではマスコミ記者がいないのかというと違うようだ。マスコミ報道では小沢さんの画像が流れる。記者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今は、新体制を目指す小沢氏を葬りたい旧体制との、しのぎ合いの正念場だ。

今日は、いくつかの話について書きたい。 その最初は昨日小沢さんの党員停止を答申した倫理委員会についてである。小沢さんの党員資格停止の決定で不愉快な思いをした。昨日のブログで、小沢さんが倫理委員会6名全員をよく覚えただろうと書いた。偶々、「地獄への階段」さんのブログを見たら、「民主党、もう終わったな。http://blogs.yahoo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小沢さんは正当に主張すべきことはした! あとは心おきなく次の手を期待する!!

小沢さんが誰が読んでも納得できる弁明書を出して、正々堂々と意見を述べた。しかし一顧だにされず、常任幹事会で決まった通り、判決が出るまで党員資格停止と決まった。倫理委員会の委員長の渡辺爺が、何の反論も出ず決まったと記者会見した。そうりゃそうだろう。全て菅の意向を組んだ委員で構成されているのだから。小沢さんも、委員の顔を心に焼き付けただろう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菅が虚勢を張って頑張れば頑張るほど、小沢さんの出番が間近い。

東国原という男が、先日東京都知事に立候補すると騒いでいたが、その後音沙汰が無かったので、立候補はやめたのかと思っていたら、ちゃっかりと原口議員が提唱している「維新の会」への参加を取り付けた。 この話を聞いて、原口議員が唱えた中身に疑問を持ってしまったのは私だけであろうか? 東国原は個人的には評価していない。なぜなら、人の様子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誰も自己中のマスコミの言うことは信用しない。解散を恐れていては変革は起こらない。

朝日新聞が菅政権が危なくなって、まるで社としての品格ある社説が書けなくなってきている。まるで、ヒステリックで、哀れな遠吠えのように響く。朝日新聞は、先日16名の党派離脱議員に対して口を極めて非難している。問題の部分を抜き出した。 小沢氏系造反―異様な行動に理はない  政権党に属しながら、国民生活を人質に取って「倒閣」に乗り出す。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菅政権の興味は解散総選挙に移った。民主党新会派の幹事長である笠原幹事長の主張に理がある。

やはり菅民主党は怖い。先日、国民新党の亀井代表が、今の菅執行部を連合赤軍と言ったが、まさにその様相を呈してきた。民主幹部が公明党に菅の首と引き換えに関連法成立に協力を得られないか打診したとあった。この幹部とは誰か? 党の幹部というからには、NO2の岡田か?または副代表の仙石か? この幹部は仙石ということが日々坦々さんのブログに書かれてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

民主党の心ある議員は、勇気ある議員16人に続け! 身を捨ててこそ浮かばれる!

民主党の16人が会派離脱届を出した。至極真っ当な訴えである。拍手喝采である。これが普通の考えであろう。別に、小沢さんと連携した訳でないと言う。しかし、マニュフェストを守ると言っている小沢さんを抹殺しようとしている、菅および執行部に反発したことは確かであろう。 この16名の出身を見ると、比例ブロックからの議員である。一昨年の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小沢さんを支える議員は勇気をもって民主党を出て地域政党とともに立て!

常任幹事会で多数決で党員資格停止を決めたが、川内議員がこの議決は無実の人を予見によって党員資格停止にしたわけだから、今後のために賛成、反対した議員名を公表すべきと申し入れた。何らやましい気持ちが無いのならきちんと公表すべきだし、国民もしっかりと知りたいものである。 この議決をもって、16日に倫理委員会を開き今後の方針を決める…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小沢さんの事件を通して国民は多くを学んだ。 来たる総選挙には学習成果を発揮しなければならない。

私もこのような文を書く際に、一応議員の名を書くときには「○○氏」と敬称ぐらいは付けなければいけないとは思いながら、菅を筆頭として、その取り巻き連中の議員にはとても「氏」などを付ける気持ちにもならない。あまりにえげつなく、人としての品性が感じられない。ここまで小沢氏、また小沢氏を支持するグループの議員を対等に扱わず、軽視というか無視するの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小沢さんは党員資格停止を逆に利用して、地域政党を結集させる核となれ!

報道の通り、小沢氏の党員資格停止が菅代表も出席した役員会において決まった。 菅、岡田、仙石、安住、玄葉などの顔が見えたが、いよいよ党分裂の坂を転げ出した。今日の常任幹事会で、多数決で決定される。今回、ほとんど菅支持グループで抑えているので決まってしまうだろう。 その決定内容は、処分としては3番目に軽いと言っているが、実際は意…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菅首相の後継で蠢きだした前原は勘弁してくれ。その前に総選挙だ!

阿修羅の掲示板に エジプトのデモは放送するのにさ  : さすが 迫力満々な大阪デモ (必見動画)  (さらさら越え)http://www.asyura2.com/11/senkyo107/msg/329.htmlが紹介されていた。満を持して大阪で行っただけあって、かなりの迫力を感じた。大阪のど真ん中の御堂筋を通る大行進であった。名…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小沢氏の「生活第一」と河村・大村氏の「減税日本」の融合が、新しい真の潮流だろう

昨日、2月11日(金)BSライブプライムニュースhttp://www.bsfuji.tv/primenews/movie/index.htmlでトリプル選挙において市民税10%恒久減税を掲げて勝利した河村たかし名古屋市長が、主役で出演していたので見てみた。河村市長と対抗する意味合いで、以前三重県知事であった北川正恭早稲田大教授と三重県議…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小沢氏の処分を菅代表に求める偏向マスコミと、断固戦わなければならない! そうしないと日本に明日はない

昨日の菅代表が小沢氏に自主的な離党を勧めたが、小沢氏が拒否したことについて、各大手マスコミが反発すると思い社説を比べてみたら、各社の論調は予め談合しているように同じであった。各社説において、論調のポイントとなる部分を抜き出した。 これらの論調は、一刻も早く菅執行部は躊躇せず小沢氏を処分せよ、というものである。この中で朝日新聞がや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小沢氏、菅氏ともに後戻り出来ない賽を投げた。菅は自分で自分の首を絞めだした。

昨日の小沢氏のニコニコ生放送は、7万5千人近くのアクセスがあった。丁度この時間帯に同じニコニコ生放送で岡田幹事長、枝野が記者会見を開いていた。小沢氏が出演するときは余程、他の人に視聴させたくないのであろう。何とも考えが浅はかで、ケツの穴が小さい。 小沢氏はこのニコニコ生放送に出席する前に菅代表と会談していた。この内容について聞かれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小沢氏、河村氏、大村氏の会談は、これからの新党に向けた狼煙か!

10日に、菅首相が小沢氏に会談を申し入れ会談を持つことが決まった。 菅自身で小沢氏の出処進退を促し、衆院政治倫理審査会への早期出席を改めて求めるという。当然、小沢氏は、何でそんなことをする必要があるのか、ということで拒否するであろう。今回は、党の代表である菅が言っても、言うことを聞かないのは処分の理由になるとして、処分を行う儀式の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

民主党の最大の協力者、稲盛氏に愛想を尽かされたが、国民はとっくに見放している

民主党を支援していた財界人の稲盛氏が、昨日記者クラブで会見し、「大変落胆した」と言い、「民主党が政権をとってよかったと思ったが、現在はこの体たらく。こういうことで私は支援をしたつもりではなかった」と述べたということである。 まったく同感というところだ。京セラ会長でもあり、前原氏の地元で付き合いもあるが、小沢氏、鳩山氏とも親交が深…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石川議員、元秘書らの公判始まる。真実は必ず勝つ!

河村氏、大村氏の大勝で、民主党の執行部が何を言うか注目していたが、選挙対策委員長の石井が、愛知県の特殊性と言ったそうだ。今の菅執行部は誰も責任をとらないが、今度も例外に漏れず、中学生が聞いても詭弁であることを述べて責任逃れをしている。どうしようもない執行部である。岡田に至っては、民主党の議員全てに選挙応援に入れ、と言ったにもかかわらず負…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

前原の変節してきた言動に見る、菅政権の崩壊の兆候

前原が「親小沢・非小沢、くだらない分け方」と以下のように言ったという。この男は自分たちの形勢が悪くなると、自分が言ったことや自分の行ったことを、何事も無かったかのように平然と都合の良いように言い換える、いい加減な男である。 「親小沢・非小沢、くだらない分け方」前原氏 http://www.yomiuri.co.jp/polit…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今の民主党執行部では、地方議会選、地方知事選においても大惨敗だろう。自分たちが責任をとれ!

今日、名古屋の知事と市長の選挙がある。 この選挙は、民主党、自民党のどこにも属さない候補として、知事選では大村氏、市長選では河村氏が出馬する。大村氏はご存じの通り自民党の中堅議員で、河村氏は民主党から総理になると言っていた人物である。この二人がどういういきさつでタッグを組んだのか理由はわからないが、二人で当選を目指している。選挙予…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小沢さんの影響力を消してはならない。 自分たちが出来る行動を起こせ!

菅首相が、自民党の石破議員の質問に対し、以下の報道のように『小沢氏の影響力「山を越えつつある」』と語ったと述べたことに、非常に違和感がある。これが同じ党の代表の発言とは思えない。 小沢氏の影響力「山を越えつつある」 衆院予算委で首相 http://www.asahi.com/politics/update/0201/TKY20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「石川議員再聴取やりとり詳報」に見る検察の「裏取引」の実態 

石川議員の再聴取における検事とのやり取りの詳報が出てきたので読んでみた。 少し長いが、まだ読まれていない方は一度読んで頂きたい。まず、録音機をもっているかいないかを極度に警戒している。自分たちが如何に録音されたら、法律的に「ヤバイ」行為を行っていることを、よく認識している。確信氾である。公明正大な取り調べなら、逆に被疑者の話したこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本国会を早く解散させるために、菅執行部は本当に小沢氏を怒らせてみろ!

岡田幹事長が、小沢氏処分の協議を始めたらしい。 民主党における倫理規則では、処分の重い順に並べると「除籍(除名)」、「離党勧告」、「党員資格の停止」となっているらしい。党員資格の停止は、党員でなくなるのだと思ったが、党にとどまり議員活動は続けられるという。しかし、停止期間中は選挙があっても公認を受けられない。岩手県の衆院小選挙区支…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小沢氏批判大合唱に見る大手マスコミのジャーナリスト魂の劣化は、どうしようもない

やはり今のマスコミは、何とか小沢氏を排除しようと必死だ。何とか小沢氏の失脚の一歩手前までやってきたのに、ここで手を抜いて小沢氏が復活しては逆に反動が怖いので、何とか阻止しようと必死な書き方である。しかし、言うことは一昔前と何ら変わらない。ジャーナリズムのかけらもない。 以下に、主要各社の社説で、小沢批判を展開している。 小…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小沢氏強制起訴と言えども、「百術は一誠に如かず」で勝つ!

マスコミ、特に朝日新聞の情報通り、31日に指定弁護士の記者会見が行われ、小沢さんの強制起訴がなされた。 マスコミもやっと出たかと言う感じで、各社トップニュースで報じた。毎日新聞のWEB版など敢えて「号外」という見出しで強制起訴を伝えた。 菅執行部もヤキモキしていたが、やっと出たかという思いだろう。テレビにはこういうときの小沢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菅首相はザッケローニ監督のような采配が出来ぬなら、解散総選挙を行え!

日本が全勝してアジアサッカーの王者になった。ここまで来られたのは、ザッケローニ監督の指導力が大きい。どこかの国のトップリーダーとはえらく違う。 今までの日本サッカーを率いた監督は、24人の選手の内イレブン+αの固定したメンバーしか使わないことが多かったが、ザッケローニ監督は、自分が代表に選んだ選手をほぼ全員出場させた、また決勝の一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小沢氏陸山会事件の原点は、東京地検特捜部による佐藤栄佐久元福島県知事件にある

私が本ブログを始めてから1年と少しになるが、ブログをやり始めたのは、鳩山・小沢先生が怒涛のようにマスコミ、米国、野党等から批判や攻撃を受けだし、その不条理さに何か声を発しなければならない、と思ったからである。 最初に世の中にはこんなひどい話があるんだと、何回かブログ記事で取り上げたのが、東京地検特捜部に逮捕され起訴された福島県元…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more