テーマ:ニュース

大手マスコミが小沢氏の陸山会事件を批判するなら日刊ゲンダイを読め!

一昨日、小沢さんが記者クラブに属さないフリージャーナリスト主催のニコニコ生放送に出演した記事を、昨日アップした。 その中で大手マスコミが悔しがるのではないかと書いたが、今や小沢批判の東の横綱で、政府ご御用達の地位を得た朝日新聞が、案の定、余程危機意識を持ったのであろう、小沢氏の人気に水を差すような形で記事を書いている。その部分を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小沢さんニコニコ生放送で激白、政治の向上は国民自身の政治意識の向上しかない

27日、ニコニコ生放送で、上杉氏が司会になってフリーのジャーナリストが主体で「フリーランス・雑誌・ネットメディア有志の会」が主催した会議に、小沢さんが出席するということで見てみた。 当初、午後4時半から始めるということであったが、5時に変更され、さらに遅れて始められた。理由は、国会の本会議が伸びたためである。菅首相の答弁など聞きた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菅民主党、自公の小沢氏証人喚問ごっこも、もうおしまいになる

27日に与野党の幹事長が集まり、小沢さんの証人喚問について話し合うことになっている。 それについて、民主党の羽田氏と国民新党の亀井氏が以下の報道に述べている。 小沢氏証人喚問で亀井氏「裁判ごっこ必要ない」  民主党の羽田雄一郎参院国会対策委員長は26日の記者会見で、民主党の小沢一郎元代表の証人喚問について、「証人喚問は全会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日刊ゲンダイ紙の小沢「強制起訴」の虚構記事こそがジャーナリズムの本髄

出張すると駅頭で日刊ゲンダイ紙を買うのが習慣になってしまった。 日刊ゲンダイ紙WEB版の脇に1面の紙面が小さく掲載されている。大きい見出しは美味しそうに見れ取れるが、細かい字は読めない。如何にも読みたいようにさせる。また、WEB版にもそれらの中の一部の記事が出るが、1面の一番読みたい見出しの記事は出ない。憎い演出である。読みたけれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小沢さんへの支持の原点である誰にも強制されないネット草の根で小沢支持議員を支えよう

我が家には以前ブログで紹介したように、犬の里親ボランティア団体に保健所で殺される寸前に引き取られ、お見合い(団体から許可)の結果引き取った雑種の犬がいる。この犬は同じ団体から頂いた2代目の犬である。同じ犬でも個性がある。一代目の犬は、最初にもらわれてきたとき、家族に絶対服従の感情を表すため、足を広げてお腹を見せて転がったが、その一度きり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菅代表による小沢離党勧告により、マスコミも気にしだした小沢氏の去就

毎日新聞は好きな新聞ではないが、小沢氏の離党勧告が現実味が帯びてきて、マスコミも小沢氏の去就が気になり始めたようである。以下の記事の中に、今後の小沢氏に絡む政局についての3つのパターンが書かれていた。 最近、多くのブログで取り上げてられているが、菅、岡田が病的に小沢切りを行っているのは、ウィキリークスが公開した米外交公文書から、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

政治がうまく運ばないのを、相も変わらず小沢氏のせいにする朝日新聞

小沢さんが政倫審に出席しないということで、菅と岡田、枝野、仙石、安住の4人組+1(全て責任を取らないゾンビ組だが)で、強制起訴が出た段階で、党員停止、離党勧告を出すという。 誰のお蔭で首相に成れたか考えたことがあるのか?  正直言って、ここまでくれば小沢さんは国民新党あたりと融合して新党を作った方がいいと考えている。見るに堪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小沢氏に繋がる石川議員、秘書氏らの公正な裁判を望む

本ブログは毎日アップするように努めているが、それには各新聞社のWEB版を一応ほぼ全て見て、それに基づいて書くようにしているのでアップするのは、いつも12時を過ぎてしまう。昨日の記事には、証拠採用されるか危惧していた石川議員の事情聴取における検事が話した録音が、地裁に一応門前払いにされず採用されたので、とりあえずはホッとしたことを書いた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小沢氏強制起訴裁判にも影響する石川議員による録音が証拠採用

昨日のブログで、裁判所にも不信感をもってみていると書いた。 この理由は、日本の裁判において、検事が起訴した事件の99%以上が有罪で、先に小沢氏が検察審査会の強制起訴議決について、行政訴訟したが、あれだけ出鱈目な手続き、出鱈目な議決に対して最高裁では行政訴訟では争えないと棄却した。 殺人、強盗などのような事件における証拠自体に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日刊ゲンダイ紙もこの時期大事と見て、小沢氏無実記事連載を行うと表明

民主党の新内閣改造に伴い役員会人事を発表した。 仙谷由人代表代行や石毛えい子副代表など増員となった5人は、いずれも反小沢であり、これにより離党勧告や除名処分などの決定権を持つ常任幹事会は、引き続き反小沢系議員が過半数を占めることになった。 また衆院政治倫理審査会の委員についても、執行部は親小沢氏側の委員の交代を考えている。そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小沢さんの勝負はこれからが正念場だ、我々も支援しよう

「陸山会」の土地取引事件で、検察審査会の強制起訴議決を受けて指定された検事役の指定弁護士からの事情聴取の聴取要請に対し、小沢側の弁護士団が応じないことを伝えた。これを受けて指定弁護士は、近く小沢氏を政治資金規正法違反(虚偽記載)の罪で東京地裁に強制起訴する見通しとなった。 例え、事情聴取を受けたからと言って強制起訴が無しになるわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旧体制構造温存での増税では民意違反だ、やるなら国民に信を問え!

本ブログの中で、マスコミの批判の際、産経と並んで最悪と思っていたの読売新聞だったが、最近は朝日新聞がその座を奪ってしまった。 一昔は天声人語が大学入試問題に度々出題され、自分自身も親にざわざわ地方紙から朝日新聞に替えて読んだものだ。そんなことがあったということ自体、今の世代には想像がつかないだろう。その朝日が鳩山・小沢政権になって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「新報道2001」に出演した小沢さんを見て、改めて政治家としての大きさを見た

今日の朝はフジテレビの新報道2001に小沢さんが出るというので、必死に起きて見てみた。 テレビ局側は、政倫審、菅政権の政策の批判、党内分裂の話を引き出そうとしたが、今日は政策を議論するということが主題だとして、大人の小沢さんは終始、菅に対して批判がましいことは一切言わなかった。私のような小人なら、ここぞとばかりに皮肉の一つでも言うだろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菅新内閣早くも暗雲、しかし石川議員裁判には一筋の光明が見えてきた

昨日書いたように、ただでも挙党体制とはほど遠い体制を、責任を取らない4人組で勝手に役職をたらい回している。 国民から見れば噴飯もので、こんな拙いブログを書いているものでも、与謝野のような民主党がバラマキ支出していれば日本は潰れると痛烈な批判を行ったものが入閣したのなら、予算審議を討議する前に、どうか与謝野の変節の話を質問して下さい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

各総会で国民不満かえって増大し、小沢氏政局となると予想

今日は東京に用事があり、民主党の党大会の様子がニコニコ動画で中継があったということだが見られなかった。 残念と思って、いろいろとニュース等で様子を見てみたら、かえって見ない方が精神衛生的によかったようだった。 正直もう少し混乱して、民主党も何か良い方向に変わる気配が出てくるかと期待していたが、マニュフェストも変え、党綱領も代…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やはり陰の首相は伸子夫人だった?

案の定、両院議員総会は、菅執行部批判が大部分だった。 特に小沢氏切りだけでもまだ足りず、小沢氏を支持した有能な議員まで全て排除し、人材払底の中でとっくに責任を取って静かにしていなければならない議員が、こっそりと横滑りして居座り、人の噂も3か月とばかり、またゾンビのように要職に復活している。気心の知れた、同じ悪さを共有した仲間内でつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小沢さんの主張を後押しする東京新聞、これが真っ当な主張である

昨日、小沢さんのデモのUTREAMの映像に映っていた、一部参加者のインタビューを紹介した。その他に印象に残った話として、60歳代?ぐらいの男性が、「昔は朝日新聞も天声人語など大学入試に出るような良い新聞だったが、いまは酷い。優秀な記者が辞めているし、毎日新聞も潰れかかっている」と述べていた。特に朝日新聞の話は、このブログでも同じこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「何故小沢氏は新党を立ち上げよ、と言っているかの思いを述べる」

昨日は、日比谷での小沢さん支援のデモをUSTREAMで見た。記者が行進中の人にインタビューしていたが、さすがにデモに自発的に出られる人は、自分の意見をお持ちでした。記者が、ほぼ全てのインタビューに答えてくれた人に聞いたのが、「何時ごろからこのようなことに疑問を持ち始めたか」という事だったが、それに対しては、鳩山政権時、特に小沢さんの秘書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小沢さんは、菅民主党に替わる受け皿となる新党を作るべきだ

菅の頭の中には、小沢切りと仙石裏首相の処遇と、それによって決まる内閣、党人事で頭がいっぱいだろう。国の大事などは2の次であろう。なにせ官僚の原稿がないと話すことが出来ない男だから。官房長官は野田、玄葉までの名前が出てきている。もう誰がなろうが、4月までの統一地方選挙の惨敗までの布陣と考えれば何の興味もない。 ただ、最近ではこの菅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国家大事より、自分の政権維持の維持のため小沢切りに専念する者には天誅が下る

この民主党という党は、ただ小沢さんが所属している党という感情しかない。今の菅民主党には夏の政権のときのような愛着も何もない。岡田幹事長は、今やっていることが挙党体制と述べている。アホかと言いたい。 今内閣改造で菅は一生懸命に悩んでいるらしいが、民主党の半分しかいない親菅グループのメンバーの中のたらい回ししか考えはないらしい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「菅の宣戦布告によって、水面下で小沢さんとの戦いが始まった」

昨日、小沢さんが出演したBS11にぶつける形で、同時刻に菅政府と癒着している報道ステーションに菅首相が出演したが、現職総理生出演にもかかわらず視聴率6.9%で、報道ステーション始まって以来の過去最低記録だったらしい。菅側は、県連レベルにまでFAXでTV出演を通知したようだが、ほとんど小沢さんの方に流れたのであろう。 菅が官邸で行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5日BS11出演の無役の小沢さんと菅首相の政治家としての資質は違い過ぎる

5日、22:00からBS11で、小沢さん単独のインタビューを聞いた。 その全く同じ時間に、正に当てつけに菅政権の御用マスコミとなっている朝日テレビの報道ステーションに菅が急に出演したという。このテレビ出演は、民主党議員他、2ちゃんの記事によれば地方の民主党県会議にもFAXが送付されたようだ。 当然、報道ステーションは見るはず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菅首相がいよいよ小沢氏に宣戦布告、これからが国民の正念場だ

いよいよ菅が元旦に言った言葉の意味が分かってきた。「ハレーションが起こることを覚悟」、「権利を掌握する」という意味は、やはり国家を論ずるより、まずは小沢氏を消し去りたいという執念というか妄執である、ということが分かった。これは、単なる強がりではない。水面下で何らかの手筈が整ったことを意味するのではないか、とみている。それでなければ離党で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年はもう、反小沢の政治やマスコミの批判はうんざりだ。政界再編しかない

やぶれかぶれの菅執行部は小沢氏に対して何をやるか分からない。 3日はどの新聞も政治ネタは休業状態で、元旦に述べた内容を再度出して紙面を埋めている。この中で、読売新聞WEB版に以下の見出しで、また首相の話を書いていた。 自分の会社務めの経験から、社長や役員クラスになると、自分が発する言葉が即会社内外に伝わり、いらぬ憶測や不要な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新年年頭の朝日新聞、読売新聞、東京新聞社説に見る新聞社の体質

1月1日の年頭の大手マスコミの社説を読んで、その社の体質について考えてみた。 まず、どの新聞も昨年、鳩山・小沢政権をあれだけ批判して菅政権を誕生させたのに、その見立てが間違っていたことには一言も言及、反省していなく、批判していることに腹が立つ。あれだけ持ち上げておきながら、今の菅政権はどうしようもないという論調である。 朝日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2011年新年における小沢氏と菅氏の情報発信の違い

小沢さんと菅首相の1月1日の年頭の情報発信に、政治家としての大きさの違いを見た気がした。 1日のマスコミは、相変わらず小沢批判をしているが、最大の関心事は小沢さんの新年会の話題であった。昨年は、小沢私邸に集まった人数は160人程度であったが、今年は120名程度と、テレビなどは40名も減少したというような言い方であった。 一方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2011年、小沢一郎を日本の総理にするため支持する!

あけましておめでとうございます。 まず、このブログを少しでも目に掛けて頂き、ブログのランキングボタンを押して下さる方、また「気持ち玉」を入れて下さる方々に、感謝申し上げます。 ブログを初めて1年と2か月となります。非常に俗っぽい言い方ですが、自分の拙い意見でも何かを感じて頂いて、皆様の気持ちを表現して頂けるということは、世の中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大手マスコミが明かさない、尖閣諸島沖船長釈放の真相

30日のわが地方紙朝刊の政治紙面(3/4面程)に、尖閣諸島沖中国漁船事件を検証する特集記事が、かなりセンセーショナルな大見出しで出ていた。このような裏話の記事は大手マスコミで読んだことはないので敢えて紹介したい。以下がその見出しである(すべて書き写すことが出来ないので一部だけを抜書きした)。 『首相「指揮権」で船長釈放』、『「中国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

政倫審に出席すると言っている小沢氏を批判するマスコミのしつこさ

読売新聞社説は、相も変わらず、小沢批判を繰り返している。以下がそのタイトルである。先日の岩上安身氏による小沢さんとのニコニコ動画でのインタビュー(http://31634308.at.webry.info/201012/article_24.html)で、マスコミのオーナーシップ改正、新聞の再販価格維持改正について小沢さんが一番積極的な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小沢氏、政倫審に出ることによって逆攻勢に出た!

小沢さんは、自分が政倫審に出ることによって国会冒頭か審議が進むなら、国会冒頭で政倫審に出ると言った。 また、自分が国会冒頭で出ても国会審議が進まないようなら、審査会を国会の終わりに伸ばしてもよいとの提案を行った。ある意味非常に考えられた案である。 輿石会長が、役員会の後で岡田氏と握手したこと、小沢氏グループがあまり騒がなかっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more