テーマ:野田氏

この程度でも挙党一致組閣と喜んでいるが、それほど菅、マスコミの小沢グループ排除の罪は重い

昨日、マスコミに岡田が財務大臣と早々と出ていたので、今回の人事で一番許せないのは、A戦犯の岡田が財務大臣にちゃっかり収まったとことだと書いたら、いつの間にか名前が消えていた。昨日の松木謙公氏の番組の発言を見ていたのか、まさかこのブログを見たから(笑い)ではないと思うが。 前記の番組を見て固辞したのかはわからないが、人としての最低…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今回の野田首相の人事で一番許されないのは岡田氏の起用だ。

野田新代表のお手並みを見ていると、全て菅前代表を反面教師として、人事を行っているように感じる。その人事の目玉が、挙党一致の象徴である幹事長に輿石氏をもってきたことである。普通で、真っ当な党なら、最大グループに近い人物を、グループに配慮して幹事長にすることは、何の不思議もないことだが、それが驚きをもって受け留められること「自体」がおかしい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野田代表の言う挙党一致は本物か?そのリトマス試験紙は小沢氏である。

もう終わったことは言っても仕方ないことだが、小沢氏が代表選挙に西岡氏を出馬させようとしたことは、西岡氏の口から以下の報道のように裏付けされた。西岡氏が代表選出馬は「本気だった」と述べた。それがなぜ実現しなかったかと問われて、この手の話は言わないことになっているとして話さなかった。小沢氏の推薦に輿石氏が強烈に反対し、実現しなかったという。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

輿石幹事長は本当に小沢氏に近い采配が出来るのか?「ウーン」疑問だ

小沢氏は、政経フォーラムの中で『出来る限り積極的にその仕事に携わり努力していきたいとそう思っています』と述べたが、海江田氏が負けて、小沢氏はまた塩漬けになるので、どうするつもりかと思っていたら 国会内で会合を開き、三つに分かれている同グループの統合をどのような形で行うか週内にも一定の方向性を出すことで一致したという。 また、小沢元…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野田氏の本性が次々とさらけだされてきた。とても首相の器ではない。

一般の会社員は平社員から先輩に仕え、上司にも怒られながら一歩ずつ人間形成をしていく。しかし、民主党の若手の執行部の議員を見ていると、鳩山、小沢氏が総選挙で大勝させた、その財産を食いつぶしているだけと映る。小沢氏がいなければ、本来大臣にもなれず、万年野党議員であったものが、急に大臣になり、官僚に抱きこまれ、官僚の手の上でちやほやされ、官僚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

与党、野党が捻じれているというが、民主党自体が政権に就かせた国民の意思と捻じれている。

日本の政治家親子で一番嫌いなのが石原親子である。特に親父の石原知事は一番嫌いである。 自分の頭の中でいくら、何を思ってもらっても構わない。しかし、少なくとも公人として他人に対する配慮が全く無い発言は止めてべきである。今回の日本東北大地震のときも、この地震のことを「天罰」と述べたことなどは、神をも恐れれぬ暴言であった。自分が神でもな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more