テーマ:憲法改正

公明・山口代表 来年中の憲法改正発議は困難。

今日の安倍首相出席の国会を見ていたが、安倍政権ほど不誠実で野党をバカにしたものは見たことがない。入管法などは、中身を全く言わないで、取り合えず採決するという態度だ。この中で、立憲の山尾理事が入管法について安倍首相に質問したとき、安倍首相が(決まってないので)あまり答えることは出来ないのですがと述べたとき、山尾氏が「なら答えないでいいです…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

今年は日本の良き社会が崩れる危機。真の麒麟が現れてほしいものだ。

自民党は年明けから憲法改正に注力すると、「読売新聞」に出て来た。この記事は、他の新聞にはまだ出て来ない。まるで、読売新聞が政府機関紙よろしく、露払いをしているように思える。うれしくて、思わず先走って発表してしまったという感じである。  この記事を読むと特定秘密保護法と同じように、自民党の姑息な常套手段のプロセスで決めていくことが書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

前内閣法制局長・最高裁判事山本氏に、姑息な集団的自衛権容認のもくろみを見破られ、狼狽する安倍内閣

政府が、内閣法制局長を変えてまで集団的自衛権を憲法の解釈で出来るようにしようとしていたが、最高裁判所判事になった山本庸幸(つねゆき)氏が、「完全な集団的自衛権を実現するためには、憲法改正をした方が適切だ」との見解を示し、すっかり出鼻をくじかれた。 安倍首相は内閣法制局長の布石だけでなく、用意周到に有識者会議「安全保障の法的基盤の…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

安倍首相の「憲法改正は私の歴史的使命」発言。着々と布石が打たれている

安倍首相が地元の会合で、憲法改正は自分の「歴史的使命」と話した。地元支持者の会合ということで、気が緩んで思わず本音が出てしまったのだろう。この男、本気である。今の自衛隊を国軍としたくて仕方がない。憲法9条を変えることが「自分の使命」と思い込んでいる。麻生が、ナチスのように静かに騒がず、多数を取って粛々と憲法を変えていこうと言った。その行…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

国民栄誉賞の始球式で背番号96を付けた安倍首相の真意、本音は気持ち悪い程危険極まりない

先日も『憲法改正に賛成する人は、自分自身、自分の子供を国防軍に真っ先に入れて欲しいhttp://31634308.at.webry.info/201305/article_3.html』の中で、自民党の憲法改正に賛同しているのは、読売新聞だと書いた。いつもは、政府の言いなりの読売と同調する毎日新聞、朝日新聞ですら、96条の憲法改正を批判…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

憲法改正に賛成する人は、自分自身、自分の子供を国防軍に真っ先に入れて欲しい

社説はその新聞社の考えであり魂である。それを読めばその新聞社が何を考え、どういう考えに立脚しているか明らかになる。今日は憲法の日である。憲法は日本の全ての法律の基本で、日本の国の在り方、社会、個人の在り方を規定する。この憲法に対する各社の社説を読めば、その社の基本姿勢がわかる。特に、社説のタイトル名は、体を現すという。 以下は各社…
トラックバック:2
コメント:9

続きを読むread more

日本には憲法9条があるから、戦争への加担を抑制している。改憲などさせてはならぬ。

自民党は、次期参議院選挙の争点を、TPP、消費税増税、原発、社会保障から逸らして、憲法改正を最も大きな争点にしようとしている。今の日本の社会で憲法改正は緊急の話ではない。しかし、自民党の安倍首相にとっての悲願であるようだ。特に憲法9条である。自衛隊を国防軍にしたくて仕方ないようである。また、集団的自衛権も認めたいと考えている。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

与党の公明党ですら、自民の憲法改正の暴走を恐れている。

与党の一員である公明党自体が、以下の報道のように憲法96条の先行改正に反対を表明した。これは、余程のことである。 昨日、本ブログで書いたように、与党の公明党自身が『自民党が目論む憲法96条改正の裏を知らなければ、国民は泣くことになる』に書いた状況を考えているからである。つまり、96条を改正するということは、96条を改正した後に来る…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

自民党が目論む憲法96条改正の裏を知らなければ、国民は泣くことになる。

生活の党が憲法改正の原案を公表した。今、自民、維新が、憲法改正のハードルを下げることを意図して声高に叫んでいる96条の改正については、そのままとした。この話は、日頃小沢代表が言っていることで、本当に国民が憲法を変えた方がいいと思うのなら、別にハードルを低くしないで、国会議員の3分の2の発議で十分という立場である。また、なぜ憲法の中身の本…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more