テーマ:玉城デニー氏

政府の沖縄埋め立てに抗議する。

政府が玉城沖縄県知事と辺野古基地移設について会談したことは、単にポーズだったということが明らかになった。なぜなら、いよいよ辺野古基地の埋め立ての土砂を運搬船に積み込む作業を始めたからだ。 この件で野党の中でも本当に反対の態度を表に表しているのは、ツイート記事に出ている共産党ぐらいなものである。 玉城知事…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

玉城知事は安倍政権に負けないで、沖縄県民の基地反対の総意をまとめるべき。

安倍首相と玉城沖縄知事は28日、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡り、首相官邸で会談した。玉城氏は辺野古移設の断念を重ねて要求し、首相は「米国との計画」だから変更は出来ないと答えた。しかし、今後も折を見て話し合いの場を設ける意向を示した。会談に先立ち杉田和博官房副長官と謝花喜一郎副知事は東京都内で移設について協議して…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

県民の圧倒的な後ろ盾で玉城知事、米国で奮闘!

県民の圧倒的な後ろ盾で玉城知事、米国で奮闘! 沖縄県知事の玉城氏は、米国政府要人との会談について日本政府の横やりで決まっていないと報道されていたが、ワシントンの国防省、国防総省の当局者(ナッパー国務副次官補代行とボスティ国防総省日本部長代行)と会談したらしい。ここではっきり沖縄県としての辺野古移設の反対の意を伝えた。そこで、日米政…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

玉城沖縄知事訪米に官邸・外務省横やりに「横やり」は本当だろう。

今、沖縄県知事の玉城氏が訪米し、辺野古への基地移設に反対のため渡米している。最初の会議は設定されているが、その後米国高官との会談を希望しているが、現時点で予定がついていないという。玉城氏の心情を察するに、居たたまれない。孤軍奮闘である。心を折らさず頑張ってもらいたい。 日刊ゲンダイ紙は、その陰には日本政府が裏から手を回して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

辺野古移設問う県民投票条例可決。条例で安倍の思いを打破せよ。

玉城デニー氏が県知事に当選し、沖縄の民意は決まったのに、政府は相変わらず沖縄の意志を無視することを決めている。このブログで、数日前に以下のブログを書いた。 『辺野古埋め立てで政府に対抗出来るのは「埋め立て是非の住民投票」か?』 https://31634308.at.webry.info/201810/article_14.ht…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

辺野古埋め立てで政府に対抗出来るのは「埋め立て是非の住民投票」か?

安倍首相は、先日玉城沖縄県知事と会って、沖縄に配慮すると述べていたが、早速沖縄の民意を無視て、沖縄県が出した埋め立て承認取り消しを「行政不服審査法に基づく不服審査請求」を裁判所に申し立てた。この行政不服審査法というのは、本来民間人が政府に不服審査を申し立てるものであるが、政府が訴える。本末転倒である。 安倍首相は安保法や秘…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

玉城デニー沖縄県知事の「多様性の扉」を開く気がする。

玉城デニー氏の勝利が、米国のCNN、ABCで放映され、NYタイムズ紙に掲載されたという。これは、少なからず自分たち米国人と関係のある海兵隊の父親を持つからである。デニー氏は早速、基地前で座り込みをしている人たちを慰問している。 デニー氏は、突然出てきたように思う人がいるかもしればいが、小沢一郎氏、山本太郎氏を共同代表とする自由党の…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more