テーマ:東電

東電旧経営者の無罪判決に対して控訴は当然。無罪ではあまりに不公正

福島原発事故で旧経営陣が無罪になったときは、日本が偏向した国になったと思った。偏向と書いたのは、裁判官が完全に体制側の犬になっているからだ。裁判では、東電の職員が15mの津波の可能性を裁判被告の経営者に報告している。その職員は、それが無視されたときは力が抜けたと述べた。経営者はちゃんとその問題課題を仕事のなかで述べている。それを素直に受…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本にもやっと原発から再生エネにシフトの兆しか?確固たる年に!

新年になり原発に関する記事が続いている。なぜ関心があると言うと、エネルギーは未来永劫、子々孫々、人類が絶対に必要なものだからである。そのエネルギーの中で、福島原発事故がありながら、未だに原発を重要なベース電源としている。氷河期のような原発しか、この世に代替エネルギーが無いのなら仕方がないが。原発が絶対(100%)安全で、何千年も…
トラックバック:3
コメント:1

続きを読むread more

東電元幹部3被告に禁錮5年求刑。実刑にならなければならない。

東電の福島原発事故で告発された勝俣恒久元会長、武黒一郎元副社長、武藤栄元副社長の3被告の求刑が出された。業務上過失致死傷罪の法定刑上限の禁固5年が求刑された。 第1原発に大津波が襲来して事故が発生する可能性を予見できたのに対策を怠り、2011年3月の東日本大震災で事故を招き、福島県大熊町の双葉病院から長時間の避難を余儀なくされた入…
トラックバック:3
コメント:1

続きを読むread more

東電元幹部たちは未曽有の人身事故の責任は負わなければならない。

東電裁判が重要な局面に入っている。この裁判は、日本が広島、長崎の原子爆弾被害に続いて、原発事故として最大の人身事件を裁く極めて重要なものと思っている。福島だけでなく、東京、日本が沈没するかもしれなかった重大事故だった。未だに、避難者、放射能汚染が続いている。これらの被害に対して、経営者が何も刑事罰を受けないなんてあり得ないと思っている。…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

日立出身の川村東電新会長が原発推進派では日本経済は浮かばれない。

東電HDの新会長の川村隆氏が、日本が原子力を捨てれば日本経済が衰退すると述べた。東電の原子力事故で、国民にどれだけ迷惑を掛け、また経済発展の足を如何に引っ張っているかの反省もない。この男は日立出身である。日立は英国に政府の資金援助を受けて原発を輸出する。これで、バカな発言の理由が分かっただろう。それを支えているのが安倍首相である。罪は大…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

東電原発事故の福島地裁判決は、国民側に立った判決だ。

福島地裁で、2900人対象の原発事故について、東電と国に賠償命令を命ずる判決を出した。前橋地検、千葉地検で、全て東電の賠償を命じている。千葉地検だけが、国の責任を認めなかった。 いずれにしても、最大の争点であった、東電がこれだけ大きな地震を予見出来たかということであったが、裁判所は予見できたとした。東電は予見できない、想定外の天災…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

もう辞める田中委員長は、責任を取らない東電にバカなお墨付きを残すな!!

田中原子力規制委員長は最後のお勤めとして、何とか東電に「再稼働の適格性がある」というお墨付きを与えようやっきになっている。お墨付きを与えるに当たって、「口約束」では心もとないので、事業者としての「決意と覚悟」を安全規定に盛り込んだら、認めるとの考えを示したという。 これを見て、この委員長は、本当にボケているのではないかと思う。東電…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

福島原発廃炉費用に国税1000億円超投入。これからいくら掛かるか想像出来ない。

福島原発事故の後始末は、東電が自前の金で責任をもって処理するのが道理である。企業を営む上で、最低限の企業倫理である。東芝も政府(国民の税金)の助けなし、もがき苦しんでいる。シャープは台湾企業のお金を導入して再建している。これが、企業のあるべき姿である。 ところが、東電は、2017年当期純損益に+2900億円程度見込んでいるのに、福…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

東電旧経営陣の裁判結果は有罪であらねばならない。

福島原発事故の東電の責任を問う裁判が始まった。 検察は不起訴としたが、検察審査会で、起訴相当という形で裁判が始まった。検察審査会では、東京地検の不起訴とした検事が、何故不起訴としたかを審査委員に説明する。当然、検察官は自分たちが結論した不起訴と同じ結果となるように審査委員を説得する。それでも、審査員は起訴相当とした。つまり、一般国…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

東電は、やはり再稼働の資格すらない。国民の血を吸う会社は潰れた方がいい。

新潟知事選挙では、連合は自民の候補を応援した。その理由は、東電の連合傘下の組合が原発事業を推進しているからである。東電は、再稼働を米山知事に働き掛けているが、先日柏崎の原発の免振棟の強度が足りないことが分かった。 これには、原発推進の支援者でもある、原子力規制委員会の田中委員長が会見を開き、東電の中で今回のデータが共有されていない…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

国民にツケを回しても、それは自分たちのせいではないと嘯く東電は、つぶれた方がいい。

政府は、東電の原発事故処理の負担を、国民全体への電気料金の値上げで補おうとしている。原発事故は東電が起こしたもので、責任は東電にある。想定外な事故だから、仕方なかったと言いたいのだろうが、想定外という言葉を簡単に受け入れれば、軽井沢でのバスも想定外な事故である。そもそも、原発事故に関しては、想定外は許されないのだ。その被害は、火事や爆発…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

東電は国民のお金を使いながら、純利益1500億円も計上すること自体が不合理そのものだ。

東電は福島で事故を起こし、国民に多大な損失を負わせ、また原発と全く関係なく、原発に反対をしている国民にまで、廃炉費用の負担をさせようとしている。廃炉関連費用は20兆円である。福島の除染に、国が300億円を補助するという。 一般企業の工場が爆発や火災で焼失して大損害を出しても、自分の過失なら企業が自前で全てお金を調達し、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東電の責任で事故を起こしたのに、廃炉費用を国民全体での負担はないぜ!

東電は、自分たちの責任で原発事故を起こし、原発汚染地域の住民にものすごい被害を被らせ、また多額の税金を全国民に払わせて大迷惑を掛けている。それなのに、また図々しくも、自分たちが起こした原発の廃炉に金が掛かるから、その費用を全国民にも負担させようと政府と共謀して企んでいる。特に、原発を使わない電力会社にも、電気料として原発廃炉の費用を盛り…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

東電の原発事故の自己責任をしっかり取らせよ!

国民はオリンピックの成果に目を奪われ、福島の原発事故は、もう忘れているような感じである。 福島の核汚染物の除染は、東電の企業責任で行わなければならないはずであるが、東電ホールディングスの数土文夫会長が先月下旬の記者会見で、事故の賠償や除染費用が想定を上回る可能性が高まったとして、政府に負担を求める方針を明らかにした。周りが…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

東電は廃炉費用を国に負担してほしいと泣きつく。とことん自前で行うべきだ。

東電が、廃炉支援を政府に要請した。支援とは、政府、つまり国の税金で、負担してほしいと要請したのだ。 今、東電の大株主は、以下のようになっている。全株式の約55%が原子力損害賠償・廃炉等支援機構となっている。この機構は、別にどこか民間の会社でも組織でもない。機構というが、国が賠償のためのお金を出した機関である。今や、東電は国の管理下にあ…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

福島の原発事故を教訓としない、国民無視の電力会社

先日、福島原発で汚染された残土を、全国の公共事業に使うことを検討しているということを、このブログで書いた。環境省の検討会が再利用の方針を決めた際、法定の安全基準まで放射能濃度が減るのに170年かかるとの試算が非公開会合で示されながら、長期管理の可否判断は先送りにしたまま公表したという。とんでもないことである。170年間、誰が責任を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第三者委員による調査の欺瞞。

「第三者委員会」、この言葉が俄かに注目され出したのは、ドリル小渕事件の第三者員会による調査で、検察が本人を起訴しなかったことをいいことに、この委員会によって、逆に小渕氏の正当性が保証されてしまった。 また、第三者委員による調査で、逆に墓穴を掘ったのが、舛添前知事である。この「厳正なる調査」で、ペアの中国服も、墨で書くとき書きやす…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

東電の原発事故の処理費が、5年間でいくらかかっているか知っていますか?もう12兆円ですよ!

原発の事故処理費が、もう総額が12兆円である。 内訳は、被害者への損害賠償6兆1681億円▽放射性物質に汚染された地域の除染2兆6321億円▽汚染廃棄物の処理7156億円▽汚染土を保管する中間貯蔵施設整備3293億円▽廃炉・汚染水対策2兆2048億円--で、総額12兆499億円ということだ。 この膨大なお金はどこから出ている…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

東電経営者3名の強制起訴は、再稼働を進める経営者への警報となれ。

企業トップの第一の役目は、自社の利益を最大にして、企業を大きくすることだろう。自分も企業に勤めていたものとして、その経営者の判断が自社の従業員の生活、ひいては自社にとどまらず、企業に全く関係の無い住民にも悪い影響を与えることを考える。 東芝の旧3代に亘る社長が粉飾決算を指導して、今や数千人以上の従業員がリストラされようとしている…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

原発稼働するからには、経営者は過失致死罪の覚悟をしなければならない。

昨日、東電の経営者の強制起訴について書いたが、起訴内容を見てもう少し書いておきたい。 起訴の内容が、「業務上過失致死罪で起訴すべき」という議決である。致死の対象は「 事故では、近隣病院の入院患者が避難を余儀なくされ、衰弱死するなどした人で、具体的には原発の建物が爆発した際に負傷した東電関係者や自衛官ら計十三人と、死亡した患者計四十…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

あれだけの事故を起こした東電が経常利益を出すというミステリー

東電が、経常益が1800億円ということである。不思議なことと思っている。経常益とは、以下の計算式である。 売上高 -売上原価 -販売費及び一般管理費 +営業外収益 -営業外費用=経常利益 売上高から売上原価、販売費、管理費、営業外費用を引いたものだ。そもそも、東電以外の電力会社は軒並み経常利益が出ないから電気料金を上げると言…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

東電の底なし沼に返済も当ても出来ない東電に巨額な10兆円融資。後いくらかかるかわからない。

東電に融資する枠が10兆円規模になるという。一企業に10兆円ものお金が融資されるのは過去に例がない。シャープなどの電機会社が赤字で成り立たなくなっても、政府がその企業に10億円でも100億円でも融資することはない。 自分で国内外の赤の他人の会社からの融資を失敗すれば、自己破産して廃業するしかない。それが無利子で10兆円という巨額な…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

国のトップが堂々と嘘を言っても許される国である。日本のどこかに正義があってほしいものだ。

国際原子力機関(:IAEA)は、日本の原子力規制委員会が海の核汚染の状態をチェックしても信用されないので、一緒に測定しようと提案した。それを原子力規制委も断ることが出来ないため、これから一緒に測定するという。 安倍首相が0.3Km平米に完全に汚染水をコントロールしているという発言などを、信じる者なんかいないということである。安倍首…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

秋の国会で、安倍首相の大嘘が命取りになる。それが出来ない野党では存在価値がない。

安倍首相は、今後汚染水問題には政府が前面に立って責任をもってコントロールすると豪語した。しかし、実際には政府の誰が最高責任者であるかわからない。環境省なのか、経産省なのかもわからない。 現状は専ら東電が前面に出ているが、東電は東電で、事故処理は東電の関連会社や下請けに行わせている。先日も核物質を除去する装置が20時間の運転で停止…
トラックバック:1
コメント:12

続きを読むread more

東電社長も、安倍首相の嘘に同調。そこまで言うなら「あなたの孫に魚を食べさせろ」と言えば良い。

東電の広瀬社長が以下の記事のように、安倍首相の嘘に付き合って、汚染水は「コントロール出来ている」と、国会の神聖な場で真っ赤な嘘を国民へ向かって言った。そのTV映像を見たが、全く悪びれもせず話している。これほどの嘘を堂々と言えないと、東電の社長なんてやっていられないのだろう。まともな人間なら、良心の呵責で気が変になるだろう。 それ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

東京新聞も東電原発事故の責任者の不起訴はおかしいと主張

東京新聞がジャーナリズムとしての本来の仕事をしている。昔は朝日新聞が代表していたが、最近は全く精彩を失っている。古くなるが、朝日新聞の社説や天声人語が大学入試に採用されると聞き、わざわざ購入してもらったぐらいだ。今や社説を読んでも、通り一遍の記事で心を打たなくなっている。 その点、東京新聞は原発事故に関する記事を一生懸命に取材して…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

東電任せの国も慌て出した。福島黙示録が現実にならないように、抜本対策をせよ!

政府も、福島原発の現状に危機意識を持ってきたようだ。先日、茂木大臣が、直接福島原発の視察に行った。マスコミも大勢付き添って報道した。国民の政府に対する批判の高まりを抑えるため、ガス抜きとアリバイ作りに急に慌て出した。今日も、今まで原発推進に邁進してきて、この原発の一翼を担っていた福島県の佐藤知事が、汚染水の処理は東電に任せず国が積極関…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

東電の事故処理はもう無理。今のどうしようもない政府では無理。本気で取り組む政府が必要。

今、福島原発の汚染水が毎日400トン海に流れている。この数字とて東電の推測値で、割り引かなければならない。つい最近、この福島原発で汚染水を蓄えていたタンクから300トン近くが漏洩したが、タンクの周りに設置した防御壁のバルブを開けた儘ということだった。漏れたら大変ということで防御壁の中にタンクを設置したのに、バルブは解放していたという。も…
トラックバック:1
コメント:10

続きを読むread more

汚染大国日本にした東電旧経営者は、海外逃亡か?

福島原発が今や収集がつかない中、3.11の原発事故が発生した時の、東電経営陣の現在の動静がネット上で注目されている。これら旧経営陣は検察に告訴されたが、マスコミは、検察は不起訴の方向と報道している。この情報は、マスコミが勝手に想像して報道する訳がないので、検察自身からのリークである。小沢氏の場合は逆で、秘書らが起訴されるとさかんに検察が…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

核物質の汚染に関する国際法があれば、東電、政府は第1級の犯罪で即起訴だ

福島原発の汚染水が、毎日海に300トン流れ込んでいることを、つい先日東電が認めた。マスコミの情報をまとめると、政府はかなり前から東電のギブアップ情報を受けていたが、参議院選挙が終わるまで公表はするなと言っていた。なぜ東電は自民党に都合が悪い話が出来ないかというと、国のお金が東電に湯水のように注ぎ込まれていて、実質国有化企業であるからだ。…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more