沖縄補選は屋良氏がリード。大坂12区に立憲・枝野代表が入ることに野党共闘の象徴に!



現在、衆議院の補選を行っている。沖縄3区の補選は、屋良ともひろと島尻安伊子沖縄相が争っているが、屋良氏が先行しているという。この動向は、米兵による日本人殺人により決定的になると思われる。それにしても、沖縄はやはり異常である。まるで、まだ終戦直後の占領時のような事件である。

画像


片や、大阪12区の補選は、自民議員の入れ替えで自民が強いはずが、蓋を開けてみれば、マスコミによれば一番手は維新候補で、2番手は樽床氏、3番手に自民候補、4番手は宮本氏という。宮本氏はかなり善戦していると思っていたが、かなり厳しい戦いをしているらしい。宮本氏の応援に自由の森幹事長も入っている。宮本氏は共産の旗を下げて無所属で立候補したので、ここの地区こそ野党共闘の象徴的な選挙区であると思っている。

宮本氏の応援に、立憲の枝野代表が入る話が話題に上っている。立憲代表本人が党籍が共産の宮本氏を選挙区に入って応援することは象徴的に意義がある。国民は、そういう真剣度を見ている。樽床氏は元民主党である。枝野代表が入ることにより樽床氏への支持者が宮本氏に流れることも予想される。後、1週間で情勢が大きく変わってほしい。



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。

人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

"沖縄補選は屋良氏がリード。大坂12区に立憲・枝野代表が入ることに野党共闘の象徴に!" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。