元民主の細野豪志氏、節操も無く自民入り。哀れを誘う。



細野豪志氏と言えば、民主党政権では環境大臣もやり、民信党では代表代行も行った。将来は民進でもそれなりになると思われた。しかし、モナ男としても有名で浮気でケチを付けた。

考えとしては前原氏に近く、野党としては右に位置していた。民進の前原代表が小池東京都知事か起こした希望の党では側近として生え抜きの執行部の一員として民進からの入党の選別に関わった。この時期が細野氏も一番充実していただろうが、100日天下の明智光秀ではないが希望の党が分解してから、国民にも、立憲にも戻れないで、このままでは次期衆議院選挙には落選は決まったようなものだった。

自分が政界に留まるためなら、昔の信念など屁でもない。恥も外聞もない。頼った自民の派閥が二階派というから、損得勘定だけは頭が回る。なにせ選挙の金、選挙人選に大きな力を持つ幹事長派の「特別会員」になったというから変わり身が早い。こんな姿を見ていると、かわいそうになる。野党の支持者から見れば、絶対に投票はしないだろう。自民の支持者からも、そんな日和見な人に積極的には投票しない。静岡が地盤であるが、世の中そんなに甘くはない。


細野豪志元環境相、自民・二階派入りへ
https://www.yomiuri.co.jp/politics/20190129-OYT1T50044.html?from=ytop_main3
2019年01月29日 12時28分
 無所属の細野豪志元環境相(衆院静岡5区、当選7回)が自民党二階派に入会する見通しとなった。同派幹部が明らかにした。二階氏は31日の派閥会合で了承を得たい考えだ。
 細野氏は民主党政権で原発相、環境相などを歴任。同党幹事長のほか、民進党の代表代行も務めた。2017年に離党し、東京都の小池百合子知事らと希望の党を結成。18年の民進、希望両党による国民民主党旗揚げには参加せず、無所属で活動していた。


日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。

人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

"元民主の細野豪志氏、節操も無く自民入り。哀れを誘う。" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。