新潟から日本を変えることを祈念する。

安倍首相がトランプ大統領との共同記者会見では、「米国とは一心同体」と述べている姿を見て、ひたすらトランプ氏にしっぽを振るポチにしか見えない。最大限の圧力、圧力と言いながら、トランプ氏が言いたくないと言えば、言わなくなる。北朝鮮のミサイルに対して、昼夜問わず弾道ミサイルを監視し迎撃するために2基合計で最低2000億を予算化して購入する予定である。運用開始は今からでも5年以上先になる見込みだ。北朝鮮が非核化と言っているのに、そうするつもりか。

今回、トランプ大統領を会うためのお土産として、数千億円の航空機などを買う約束を行った。通常国会予算では、介護保険、年金、保育予算などは、数十から数百億円程度のお金を削減しながら、打ち出の小槌の如く、まるで自分の金のようにばら撒く。大好きな海外遊説で海外にバラまいたお金は十兆円単位と言われている。

安倍首相は、森、加計問題から、目を北朝鮮の外交成果に国民の目を逸らそうとしているのが見え見えである。こういう印象操作は、マメ過ぎる程マメである。安倍首相は、自分から北朝鮮に働き掛けると言っているが、時既に遅しという感じを持っている。

安倍首相の品性を最もよく現した行動がある。選挙演説の中で、安倍批判の集会の人たちを指を指して、「こんな人たちには負けない」という言葉の中に、彼の品性、本姓が一番よく現れている。一国の首相となれば、同じ民族の国民を、単に主義が違うだけで、「こんな人たち」と差別することは出来ないことだ。自分側とあちら側とすぐに差別する。その最も象徴的な事象が、お友達に便宜を図った加計、森友事件である。そんな安倍氏が、急に北朝鮮と言い出して、上手くいくとは思えない。

今日、新潟県知事選挙の開票がある。池田候補の応援には、野党の党首、代表が現地入りしている。片や花角氏には安倍首相や自民の幹部クラスは現地入りしたことは話題になっていない。いつも自民候補の応援に駆り出される小泉進次郎氏も回避したようだ。ネット上には、新潟県の創価学会の婦人部の幹部が池田氏を支援するという話も漏れてきている。自分の1票は新潟県選挙には反映出来ないが、国民の総意が新潟県知選挙に現れてほしい。新潟から日本が変わる。



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

"新潟から日本を変えることを祈念する。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。