愛媛県は加計理事長から納得ある説明がない限り補助金は出さないでほしい。

加計理事長と安倍首相が、官邸で会った件について、加計学園の渡邊事務局長は、自分が思い付きで、「フト思って述べた」と愛媛県に報告した。神の啓示でもあるまいし、フト思って言ってしまったと、安倍首相が毎回嘘を垂れ流しているレベルと同じ嘘であることはすぐにわかる。

嘘か嘘でないかは、日大のアメフト学生の証言と監督とコーチの言い分がどちらが正解で、どちらが嘘かわかる。マスコミも日大なら、声高に嘘だ嘘だと言えるのに、事安倍首相案件は決して嘘と言わない。しかし、国民は加計学園の言っていることが嘘だと思っている。ただ、証拠で証明出来ないだけである。

中村知事は台湾出張先で、「県議会や県民の納得を得られるものではない」と批判した。さらに一般論と前置きして、「民間の会社がうそをついたと明言するなら、処分の対象となる。最高責任者が出てきて、公の場で説明する。それが最低条件だろう」と事実上、加計氏の説明を求めた。今後の県の対応については「(2日の)帰国後に県の担当者から詳細を聞いて決めたい」と述べた。
以下の記事のように、愛媛県は加計学園への補助金14億円は謝罪を受けて支払ったが、「返還請求の道もある」としている。

中村知事、県議会は、是非とも加計理事長自らの記者会見を要求し、返還請求を行うべきである。また、残りの補助金も納得行く説明が無い限り出すべきでない。それが、安倍首相&加計氏への制裁となる。


加計補助金の凍結、県が一時検討 不信感、謝罪受け14億円支出
https://www.msn.com/ja-jp/news/national/%E5%8A%A0%E8%A8%88%E8%A3%9C%E5%8A%A9%E9%87%91%E3%81%AE%E5%87%8D%E7%B5%90%E3%80%81%E7%9C%8C%E3%81%8C%E4%B8%80%E6%99%82%E6%A4%9C%E8%A8%8E-%E4%B8%8D%E4%BF%A1%E6%84%9F%E3%80%81%E8%AC%9D%E7%BD%AA%E5%8F%97%E3%81%9114%E5%84%84%E5%86%86%E6%94%AF%E5%87%BA/ar-AAy8tFN#page=2
共同通信社
2018/06/02

© KYODONEWS 学校法人「加計学園」の岡山理科大獣医学部=愛媛県今治市
 学校法人「加計学園」が愛媛県今治市に新設した獣医学部を巡り、県が5月末に支出した学園向けの補助金約14億円について、学園への不信感から支出前に一時凍結を検討していたことが2日、県関係者への取材で分かった。学園が県に謝罪したことを受け支払ったが、県幹部は「返還請求の道もある」としている。
 学園は5月26日、県文書に記載された安倍晋三首相と加計孝太郎学園理事長の2015年2月の面会はなかったと発表。
 県側は「このまま補助金を支払えば、県民に説明できない」(幹部)として、支出凍結を検討した。この補助金は17年度補正予算に計上されていた。


日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

"愛媛県は加計理事長から納得ある説明がない限り補助金は出さないでほしい。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。