理財局の罪が暴かれてきたが、捜査もその根源に迫れなければ不公正、不正義だ。

今日の森友に対する自民西田氏の質問は「やらせ質問」であった。検察のリークと思うが、8億円値引きの根拠であるゴミ処理にトラック約4000台分の土を処分することを理財局職員が森友側弁護士に口裏合わせをしたかを西田氏が質問した。

これに対して、太田理財局長は検察に事実を押さえられて観念して、「理財局職員が『撤去費用が相当かかった、トラック何千台走ったといった言い方をしてはどうか』と話した」と説明。「誤った対応だ。大変恥ずかしく、申し訳ない」と陳謝した。この理財局職員は、近畿財務局職員にも口裏合わせへの協力を求めたと述べた。

これを聞いて西田氏は陳謝した太田充理財局長に「ばかか本当に!」とどなった。首相には「苦言を申し上げたい。国民に姿勢を示してほしい」と言いながら、首相には答弁を求めなかった。偉そうに、恫喝したことなどは、完全にヤラセでポーズである。

野党に質問される前に、自民が理財局を追及して、とっちめたというストーリーである。本来、ここから本丸の首相を追及しなければいけないところだが、それはスルーして追及はしない。この西田という男の役回りはいつもこのヨイショパターンである。ここでも、罪は財務省だけに責任を取らせる意図がみえみえである。

理財局職員がやったと言ったが、犯罪となる話を一職員が勝手にやれるようなものではない。それを指示したトップが背任の罪で起訴されることは間違いない。しかし、この罪の根源は安倍夫婦であり、そこまでいかなければあまりに不公平で正義がない。


日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

"理財局の罪が暴かれてきたが、捜査もその根源に迫れなければ不公正、不正義だ。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。