トランプ氏を説得出来るような幻想を振りまいていたが、それが見通せなかった首相

今日(28日)の23時から、トランプ大統領と安倍首相が電話会議をやるという。来月の訪米の議題等を、話し合うという。それも、2国間の貿易の話をするという。貿易と言えば、安倍首相は米国が離脱すると言っているのにTPPの承認を強行採決した。その理由は、説得をすればトランプ大統領はわかってくれるという理由からだ。トランプタワーでトランプ氏と会って、トランプ氏は信頼置ける人だと述べていた。

それが、どうだ。いくら安倍首相が、トランプ大統領に秋波を送っても、結局コケにされた。こんなことは、誰が見てもわかっていたことだ。ただ、自分のメンツを通すため、強行採決までしてTPPを通した。

それを受けた形で、民進の野田幹事長が、安倍首相を「地球を俯瞰ではなくてポカン」だと述べた。要するに、俯瞰が出来ず見通しを誤ったということである。米国との2国間協議となれば、米国の顔色を窺う安倍首相がどんな難題を引き受けるかわからない。権力を行使する者は、より強い権力に弱いのが常である。

民進・野田幹事長「首相、地球を俯瞰じゃなくてポカン」

http://www.asahi.com/articles/ASK1X5TR8K1XUTFK00G.html?iref=comtop_8_04トランプ
2017年1月28日
■野田佳彦・民進党幹事長
 安倍(晋三)さんは「地球儀を俯瞰(ふかん)する外交」といっている。地球を俯瞰なんてしていない。俯瞰じゃなくて、ポカンだ。ポカンとしているから、米国の動きを見誤ったではないか。トランプさんが勝ってもクリントンさんが勝っても、TPP(環太平洋経済連携協定)は発効する見込みがなかった。でも強行採決でごり押しした。



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。


"トランプ氏を説得出来るような幻想を振りまいていたが、それが見通せなかった首相" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。