今や自公に対抗して、ブレない共産、生活、社民が軸になるしかない。

NHKは、正式に総務省に届を出していない橋下新党の「おおさか維新」片山氏(維新除名)を、生活、元気などの政党を出さずにTV出演させた。早速、今日、日刊ゲンダイ紙が1面見出しで、「NHK 維新造反組支援」と出して批判した。他の大手はダンマリである。一体、日本はどうなったのかと言わずにいられない。本当に世の中おかしくなってきた。

共産党が野党協力をすると言って、自公を政権から引きずり下ろすことを提案しているのに、民主党に今ひとつ熱意がみられない。さらに民主が頼りにしていた維新も分裂し、おおさか維新から松野維新の存立自体を攻撃され防戦している。今や民主との連携を話し合う状態ではなくなってきている。これは明らかに橋下氏の指示であり、先に書いたNHKのおおさか維新への支援を勘ぐれば、安倍政権が野党連合を妨害する意図と見ざるを得ない。

以前にも書いたが、今や野党第二党となった共産が野党共闘の柱となってきた。その共産に真っ先にブレなく同調しているのが、生活&山本、社民である。国民もブレない政党を望んでいるのだ。

その共産が、宮城県議選で民主を抜き、議員数を2倍に増やし第二党になった。これがある意味、今国民が求めている姿だろうと思うから引用した。国民は、ブレずに自民に対抗出来る野党を望んでいるのだ。

民主から今日、外相もやったことのある松本氏が離党したと報道された。民主執行部が安保法案に徹底反対したことを不満に思っていたと書かれている。自民党に合流するのではないかと推測されている。細野氏、前原氏、長島氏らの保守系議員には痛手とある。そういう意味では、維新と同じように第二自民党議員は出て行ってもらっていいのだ。


宮城県議選で共産倍増、第2党に 安保、TPP反対で
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2015102601001145.html

2015年10月26日

 任期満了に伴う宮城県議選(定数59)は25日投開票され、自民党が前回より1議席減の27議席で、目標とした単独過半数に届かない一方、安全保障関連法や環太平洋連携協定(TPP)、原発再稼働への反対を主張した共産党が前回の4議席から倍増となる8議席を獲得し、県議会第2党となった。

 安保関連法の成立と、TPP大筋合意後初の都道府県議選。議席を大きく伸ばした共産党は、来年の参院選に向け攻勢を強める考えだ。

 県選挙管理委員会によると、投票率は40・03%で過去最低。民主党は2減の5議席、維新の党は1議席、公明党は前回と同じ4議席、社民党2減の1議席。無所属13議席。

(共同)



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

"今や自公に対抗して、ブレない共産、生活、社民が軸になるしかない。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。