時代錯誤の大阪維新、時代の風を読めない民主。これで自公を倒せるか?

地域政党 「大阪維新」が、本体の「維新」が認めていないのに、10月1日に発足するという。その代表がまた橋下氏というから呆れる。また嘘を言ったということだ。大阪市長を辞めたら、政界から引退すると言っていたからだ。もう橋下氏の放言、嘘に驚かなくなった。

大阪維新として、九州の他、全国でも候補者を立てるという。大阪市の話だったから何とか橋下氏の影響があった訳だが、もう橋下氏のめっきは剥げている。以前に日刊ゲンダイ紙の1面見出しに、「橋下氏自民党副総理入閣」と出ていたぐらい、安倍首相、菅官房長官、石原元都知事らと親交がある。

それが正統な野党と言ったって、国政レベルではもう騙されない。橋下氏は「維新」のことを「民主の落選組」と言って執行部を怒らせ、維新は分党金は渡さないと言っている。

その維新が、民主との統一に動いている。元々、維新は民主党政権に幻滅した有権者が、橋下氏の言葉に騙されて入れた票で議席を得た集団であると思っている。

それが、橋下氏のカリスマ性が嘘だったことがわかり、維新自体がその存在価値が問われている。

今日、岡田代表は、今後の政権協議は維新を最重要として、共産は選挙協力だけという発言をした。この感覚は、自公の横暴に怒り心頭の国民の感情を理解していないのではないかと思う。こういう感覚の無さを見せつけられては、やはり民主党は旧態依然と見なされ、勢力を伸ばせると思っていたら大間違いということになる。それだけ、今回の自公の横暴には、日頃の共産党ぐらいの厳しさで臨まなければダメだと思うようになっている。

共産党も選挙協力だけ頼まれて、その他の政策は別だと言われても、「はい、喜んで選挙協力をしましょう」とはならないだろうと考えるのが普通である。今、野党共闘は重要な局面にある。国民の危機感と、民主、維新の感覚のズレがどのように展開するかが問題であるが、それに苦言を呈することが出来るのは、小沢氏ぐらいしかいない。この話を聞いた有権者は、本来共産党支持者でない人も、共産、生活、社民に票が流れるように感じる。


日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。


"時代錯誤の大阪維新、時代の風を読めない民主。これで自公を倒せるか?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。