共産党の選挙協力について、生活の小沢代表が野党連合について明確な方向性を述べる

本ブログで、共産党が野党との選挙協力を提案し、生活、社民がその提案に賛同し、今後協議していくことを述べている。それに対して、民主党は選挙協力は協議するが、連合政府はやらないと述べている。

マスコミでは断片的な話しか報道がないが、生活の党で記者会見で、小沢代表が記者からの質問に答えた動画が公開され、全体の話の内容が明らかになった。以下に掲載したので、見て頂きたい。


この動画を見て、ポイントとなる話と感想を述べる。

まず、共産党の他野党との協力について、かなり大胆なことを述べている。今までの共産は、(勝てる見込みがない)選挙区に候補者を立てていた。このやり方は自民党の補完政党と言われることも仕方がなかったが、それを大転換したことは、「清水の舞台」から飛び降りる以上の大きな決断と述べたことだ。その決断に各野党が答えなければならないと述べた。

もう一つ重要なことを述べている。この考えは、くしくも本ブログで述べていることと符合していた。小沢氏は、安保法制の廃止する大原則の政策を決めておけば、その他の細かい政策は、政権が取れてからの話で良く、まずは一義的に野党の議席を増やすと強調していることだ。記者から民主党などは政策の一致から入らないと言っているということに対して、全て政策が一致していれば

同じ党になればいいので、自民党などは180度違った議員が混じっていると述べている。

まずは、政権を取った後など気にしないで、まず野党共闘だと述べていている。もっと推測すれば、参議院で、例え圧勝しても政権なんて取れない。なぜ、そんなこともわからないで、要らない事を心配しているのか?ということである。それよりは、参院でまずは逆転に限りなく近くなる努力をすべきだと言っているのだ。

その大原則さえ、党首が決めれば、後の枝葉のことは実務者に任せればいいと言っている。暗に、岡田代表のリーダーシップの無さを批判していると見える。

これを一番喜んでいるのは安倍首相、公明党である。政治に素人の者でも小沢氏の言いたいことがわかるに、原理主義の岡田氏にはわかないのであろう。今や、ガチガチと思っていた共産が変身しているのに、変身すべき民主が旧態依然では民主は見放される。





日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

"共産党の選挙協力について、生活の小沢代表が野党連合について明確な方向性を述べる" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。