もう終わったはずの橋下氏が、国政レベルでは誰も興味を持たない「大阪維新の会」立ち上げ。

橋下さんよ、あなたは市長を辞めたら政界から引退するのではなかったのか?

そう言ったのではないのか?

しかし、そう言いながら、安倍首相、菅氏と会談していた。維新は300年続いた幕府と同じだった自民を否定するというから、民主から離れた票を得たのだ。今回も、柿崎幹事長が、野党連合で推薦した候補者を応援に山形に行ったことを、橋下氏、松井氏、大阪系議員が非難した。野党連合に共産党が入っていたからだという。もはや維新ではない。極右の石原氏を代表に迎えるのだから、どうしようもない。

その橋下氏が、今日の街頭演説で「大阪維新の会」という地域政党を作って、東京と対抗して大阪を日本の中心にするという。そのために、九州にも「大阪維新の会」の国会議員を出すという。大阪から政治をするための政党を作ると述べた。このロジックを聞いて、おったまげてしまった。大阪都構想のために、各地方から「大阪維新の会」の国会議員を出すという。少し、頭が狂ってしまったのではないか?

大阪都構想なんて、大阪だから住民も仕方なしに投票したのであって、日本レベルから言うと、大阪府と大阪都と何が違うのか、さっぱりわからない。そんなことは、国政レベルの話ではない。これが最後の仕事というが、この言葉も信用ならない。メッキが剥がれ本性が露わになった橋下氏の神通力も、国レベルではお終いである。


橋下氏、国政新党結成を正式表明 「これが最後の仕事」
http://www.asahi.com/articles/ASH8Y5T23H8YPTIL01V.html?iref=comtop_6_01

 維新の党を離党した橋下徹大阪市長(大阪維新の会代表)は29日午後、「『大阪維新の会』という国政政党をつくる道筋をつくって、松井一郎大阪府知事や大阪維新のメンバーにこの政治グループを引き渡したい。これが最後の仕事と思っている」と語り、新党の結成を正式に表明した。

 大阪府枚方市内での街頭演説で述べた。枚方市長選の応援に駆けつけた橋下氏は「これから3カ月の間、僕なりに挑戦していきたい」と述べ、12月18日の大阪市長の任期満了までに国政政党化の道筋をつける考えを表明。「全国を見回してもローカルな地名がついた国政政党はない」「永田町のよく分からない連中に日本を任せられますか。大阪から政治をやる政党をつくるのが最後のゴールだ」と訴えた。




日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

"もう終わったはずの橋下氏が、国政レベルでは誰も興味を持たない「大阪維新の会」立ち上げ。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。