日本でやりたい放題の感覚が世界で通じると思ったら大違いだ。全く危機管理がなっていない。

昨日、日本人の拉致について、この元凶は、安倍氏が阪神淡路大震災追悼式もすっぽかして、手土産を持って意気揚々と中東に行き、イスラム国が行っている行為をテロだとわざわざ言いに行ったことだと書いた。

それと同じような内容が、今日の日刊ゲンダイに書かれている。ここまで、書いてくれるのは日刊ゲンダイぐらいである。他の大手は、政府が怖いのか、奥歯に物が挟まったような言い方である。政府は盛んに、援助のお金は人道支援に使われると言っているが、そんな話は、記者会見では何も言っていない。名指しで、イスラム国のテロに対抗するために支援すると述べている。


日本人拘束 安倍首相のバラマキ中東歴訪が招いた最悪事態
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/156580

 衝撃的な事態だ。日本人2人が「イスラム国」に人質として捕まり、72時間以内の殺害を予告された。
 イラクとシリアの北部一帯を支配し、残虐の限りを尽くしているイスラム国は、これまで人質に取った白人を容赦なく殺しているだけに、殺害予告は脅しじゃない。


外交は結果論である。後でいくら、都合の良いように言い繕っても、後の祭りである。日本でいくら乱暴なことを言っても、いくら酷いことをやっても、誰も文句は言えないと、日本と同じ感覚で行ったのだろう。今の日本政府、官僚もタガが外れてしまったのだろう。外国ではそんな子供だましは通用しないのだ。

政府は、人道主義で人質の安全を第一と言っている脇から、自民党のNo2の高村副総裁が、「身代金は払えない」と明言している。言葉は「払えない」ではあるが、意味することは「殺していい」ということである。これまた、タガが外れてしまっている。こういうときは、発言元は一元化して、他の者は黙っているのが鉄則である。この点も全くノー天気である。これでは、助かる命も助からない。

こんな、お子ちゃま政府に戦争ごっこ気取りで政治をやられたら堪らない。もっと頭のいい政治家はいないのかと思ってしまう。

それにしても、ゴルフと海外遊説と戦争が好きな総理は、そろそろ退場願いたい。

日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

"日本でやりたい放題の感覚が世界で通じると思ったら大違いだ。全く危機管理がなっていない。" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。