アベノミクスで暮らし向きが良くなった実感は全くなし。生活の支持率はマスコミ報道の10倍の6%台

Yahooのみんなの政治で、アンケートを行っている。質問は以下の通りである。

Q:安倍政権の経済政策である「アベノミクス(財政出動、金融緩和、成長戦略の3本の矢)」で、暮らし向きが良くなった実感は? (2013年7月2日~)
http://seiji.yahoo.co.jp/vote/result/201307020005/?sel=4

現時点で総投票数が12640票である。新聞で標本数が1000件程度のものと較べて10倍以上で、ネットを見ている投票層としては、バラツキが均一化されてかなり信頼性の高いデータとなっていると思われる。

画像



まず、興味深いのは、支持政党において自民が24%であり、マスコミ調査よりは若干低いがトップである。民主、維新、みんなが5-6%でマスコミと同等の値である。大きく異なっているのは、生活が6%程度あることである。共産党も高い。生活に至ってはマスコミが0.数%程度であるので約10倍違う。

生活の支持者はネット支持者が多いことを差し引いても、マスコミ調査とは随分違う。実際の投票もこうあってほしいものだ。

もう一つ興味があるのは、自民党支持者が24%もいても、67%が暮らし向きが良くなったかとの質問には「まったく実感がない」と、どちらかいうと実感がないまで入れると、70%もが実感がないという。やはり、一部の大企業が潤っているだけである。一般庶民は実質的に、かえって物価が上がり厳しくなっているというのが本当のところである。

安倍政権の支持率も減少している。今、安倍首相らは気が気ではないだろう。後一週間、何事もなくやり過ごそうと必死である。後一週間でどこまで下がるかで、日本の将来が決まっていく。


日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。

人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

"アベノミクスで暮らし向きが良くなった実感は全くなし。生活の支持率はマスコミ報道の10倍の6%台" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。