不信任案に反対した民主党議員よ、自分たちがやった愚行を悔いても後の祭りだ。怒りの国民は許さない。

この野田という男はドジョウなどと言っていたが、いよいよ泥の中から本性をむき出しにしてきた。別の意味で大した者である。民主党を選んだ民意と真逆のことをしている。独断で財務省のロボットとして動いている。自分では「決められる政治」と信じこんでいることが怖い。これだけの反対があるのに、やるべきことをやってしまった後に信を問うという。こういう詭弁を弄したやり方に、本人ばかりか230名近くの議員が安穏と賛成すること自体が、民主党の今の姿である。この議員たちは、今ヒットラーとなった野田首相に内心は恐怖を覚えているだろう。こんな男のために、落選する恐怖である。しかし、その現実は近い。もし、そう思わない議員は如何に世論と遊離しているかわからない。

これを喜んでいるのは、消費税が上がると輸出分の戻し税が戻ってくる大企業である。だから大企業の親玉の経団連が消費税増税を支持するのである。また、最も喜んでいるのが財務省である。財務省は経済がどうであれ、今の官僚機構、仕組みをそのままにして、今の税収より少しでもお金が入ってくる仕組みを作りたいだけである。また、早くも軽減税率の品目として消費税据え置きのお墨付きを得た(内々に)大手マスコミは、増税をあたかも、全国民の民意であるかのような宣伝を行なって、政府に貢献している。本来、民意の代表であるべきマスコミがこれである。このマスコミの中でも、孤軍奮闘しているのが東京新聞、日刊ゲンダイ紙、琉球新聞ぐらいである。

その民主党から良識をもって離党した「生活」党の三宅議員のツイッターでは、これを受けて次のように述べている。

三宅雪子‏@miyake_yukiko35
今後の戦い方を考える。2009年政権交代時から変節した野田政権とそれを支持する民主党議員、自民党と公明党。事実上の連立政権でいかなる悪法も通ってしまう。阻止しなければいけない。民主党の反対討論をした議員はかっての仲間。政府に入り取り込まれた典型的な議員の一人。権力は魔物である。


また、きっこのブログのきっこさんが以下のようにツイートしている。

きっこ‏@kikko_no_blog
「民主党がこれほど酷いとは。これなら自民党のほうがまだマシだった」と思い始めてた多くの人たちが、今回の野田と谷垣の「密談茶番劇」を見て「やっぱり自民党は最悪だ」と再確認したはず。自民党はヘタこいたね。

きっこ‏@kikko_no_blog
結局、野田は原発を再稼働させて消費税を増税させてオスプレイを配備するために首相になったってわけだ。完全に「歴代最悪の首相」に決定!


まさに当を得た意見である。先に民主党を信じて投票した国民の意見を代弁している。

今回の野党6党が出した不信任に賛成した民主党議員は一体改革関連法案の衆院採決で反対票を投じ、内閣不信任決議案の採決前に離党届を提出した小林興起、小泉俊明両衆院議員だけであった。まだ気概が残っている議員がいるのが救いである。しかし、階議員ら内部から反対していくと言った連中はやはり偽物であった。

鳩山元首相も完全にメッキが剥がれた。国民が政権を取らせた初代代表の器でなかったことは確かである。何やかんやと野田政権のことを批判しているが、結局不信任に賛成すら出来ず、コソコソと欠席した。それも後で処分を受けないように病欠届けである。本当に情けない。こんな議員は北海道の地元選挙民は選ばないだろう。

一方、どうしようもない谷垣総裁が率いる自民党の方は、中川秀直元幹事長、小泉進次郎ら、7人の造反が出た。自民党の方が余程民主党よりも健全である。こんなアホらしい密室談合には付き合いたくはないだろう。

ここからは、私の推理だが、今回、野田首相は谷垣総裁に、かなり自民党も納得する解散時期を述べて谷垣総裁も納得したからこそ、直ぐの解散を選ばず、不信任案に欠席し実質的に賛成したのであろう。しかし、野田首相の今までの行動パターンを見ていると、国民との最も大切で重い信義をいとも簡単に破るのであれば、へなちょこ谷垣総裁に約束した話など、もっと簡単に破るであろう。大甘の谷垣総裁がドジョウ首相を追い詰めたと思ったが、またするりとペテン師の言葉ですり抜けると思われる。

なぜなら、その伏線かもしれないが、輿石幹事長が、民主党の党首もしくは自民党の党首が変われば、今の解散の話は無くなると述べている。確かに、密室で二人が何らかの合意で取り付けただけであり、「近い内」の内容はこの二人以外だれもしらないことになっているからである。だから、野田首相は密約の文書化を拒んだのであろう。国民の政治には頭を使わず、こういう悪巧みだけには最高に頭を使っている。

こうなれば、心ある国民は十分学習しただろう。自分の選挙区で誰が本当の国民の代表かわかるはずである。私もその機会が出てくれば、自分が出来る活動はしたいと考えている。

不信任案に反対した民主党議員よ、自分たちがやった愚行を悔いても後の祭りだ。怒りの国民は許さない。


日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。

人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

"不信任案に反対した民主党議員よ、自分たちがやった愚行を悔いても後の祭りだ。怒りの国民は許さない。" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。