3党合意した今の民主党、自公と真逆のことを訴えれば、選挙に大勝する。

消費税増税法案の採決は26日と決まったはずであるが、今日のNHKの政治討論では、自公から盛んに、民主党の党内事情はあるかもしれないが採決は26日にやってくれないと困ると述べていた。民主党執行部では、小沢氏グループの他に反対票を投ずる議員数が無視出来ないレベルになっていると考えているのが真相だろう。

国会のほとんどの議員が、地元に帰って自分の有力な支持母体や支持者に挨拶して、今回の一連の国会の顛末を話しているはずで、執行部を支持している議員はその反応の悪さに驚いていると思われる。逆に執行部に反対している議員は、支持者、その他の聴衆からの好反応の大きさに驚かされていると思われる。これは、反対している議員のツイートからも感じ取られる。

こんな投票日の26日のどさくさに合わせて、いよいよ田代検事、佐久間元特捜部長ら上司の懲戒処分も発表されるとNHKが報道していた。あくまで懲戒処分でお茶を濁そうとしている。佐久間元特捜部長が黒幕の一人であるが、これだけの犯罪行為を行いながら減給何ヶ月程度のものであろう。とても普通の会社のように懲戒解雇等にはならないだろう。検察は人を厳しく裁くが、身内にはお茶を濁すというのでは、世の公平性は失われる。もし検察が正義を行わないなら、ネット社会でこれからもずと罪の償いを行なってもらおうではないか。

検察という立場を利用して、小沢氏の政治生命を潰す私的リンチを行ったようなものである。あり得ない話である。国家の正式な罰を受けないのなら、この事件をこれからも事ある度に取り上げて、風化させてはならない。

今、民主党執行部は小沢氏グループ議員と消費税増税に反対する議員との切り離しに躍起となっている。何をしているかというと、反対してもいいから投票行動を棄権か欠席にしろというものである。そうすれば除籍はしないということである。全く笑ってしまう。全くのご都合主義である。三宅議員はツイートで頑張っている。群馬県はガチガチの自民党王国で、彼女はそこの比例区での1年生議員である。これだけ頑張って、第3極の新党から出ればおおいに期待出来る(選挙区が違うが、こういう議員ほど当選しなければならない)。

三宅雪子‏@miyake_yukiko35

本当の民主党「国民の生活が第一」の民主党とそうではない偽民主党(第2自民党か第2民主党)がどちらなのがはっきりするのは火曜日。いや、また採決が延びるのか。採決後は、彼らを第2自民党と呼ぼう。民主党の理念を捨てた人達だから。本来は自民党に合流するべき。


さらに言えば、自民党野田派と言っていいだろう。所詮、政権交代の意味など言葉の方便程度にしか思っていないということである。政治家に二言があるということは、それでお終いである。野田首相は原発政策においても、全く自民党の考えを踏襲している。菅元首相なんかとよりもっと酷い。小沢氏は原発は核廃棄物の処理に目処が無い以上、廃止すべきと言っている。選挙の時、この政策も訴えれば、政党も糞もない国民レベルで支持を受けるだろう。

つまり、3党合意した今の民主党、自公と真逆のことを訴えれば、選挙に大勝する。


日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。

人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

"3党合意した今の民主党、自公と真逆のことを訴えれば、選挙に大勝する。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。