小沢さんを支える議員は勇気をもって民主党を出て地域政党とともに立て!


常任幹事会で多数決で党員資格停止を決めたが、川内議員がこの議決は無実の人を予見によって党員資格停止にしたわけだから、今後のために賛成、反対した議員名を公表すべきと申し入れた。何らやましい気持ちが無いのならきちんと公表すべきだし、国民もしっかりと知りたいものである。

この議決をもって、16日に倫理委員会を開き今後の方針を決める。この委員長が渡辺偽肛門で、ここまで菅、岡田が抜かりなく小沢氏排除の体制を構築している悪知恵には恐れ入る。倫理委員会長の渡辺偽肛門は「小沢さんに(倫理委員会に)ぜひおいでいただいて、自らの潔白を私どもに話していただくことを期待しています」と述べたという。予め出来レースで結論は決まっているのに、よくも抜け抜けと言えたものである。本当に腹が立つ。

委員会側は、今日17日に委員会を開きたいとしたが、小沢氏は明日は出席できないと言った。その場でどんなに弁明しても、結論は変わらないだろう。逆に、小沢さんは、執行部に正当な手続きを踏んだのだと言わせないように、出席しなくて良いのではないか。

国民新党の亀井氏は今の民主党を、連合赤軍の例を挙げて批判した。その通りである。本当にとても人間の感覚を持っているとは思えない。菅、岡田はここまで酷い仕打ちを行った以上、連合赤軍の中で起こったと同じように疑心暗鬼になってしまって、小沢氏の政治生命を断つことしか考えられなくなってしまった。菅は今年の正月にルビコン川を渡ってしまっている。

小沢氏の処分「連合赤軍を思い出す」 亀井氏が民主批判
http://www.asahi.com/politics/update/0216/TKY201102160357.html
 国民新党の亀井静香代表は16日の記者会見で、民主党が小沢一郎元代表の処分を決めたことについて「ちょっとした違いを取り上げて追及し、総括して殺していく連合赤軍を思い出す」と痛烈に批判した。「党を固めないで政権運営はできない。政治の基本をわきまえて進んでくれないと大変な時代に立ち至る危険性がある」とも述べた。
 亀井氏は警察庁時代、連合赤軍のあさま山荘事件の捜査にあたり、今月5日に死亡した永田洋子死刑囚らを取り調べた経験がある。


倫理委員会では100%望みがない以上、小沢さんは次の段階に進むしかない。岡田が記者会見で、造反が出た場合どうするのかと聞かれて、造反はあり得ないと答え、その場合は厳格に処罰すると言っている。そこまで言われて、泥船の民主党と共に何もせず、後で助けてくれと言っても遅い。今、親小沢派の議員は小沢さんと共に行動してほしい。小沢さんを担いで、河村・大村氏の減税日本、一新会などの結集を図り蜂起すべきである。

このブログで何回も書いているが、今、誰かに強制された訳でもない名も無い国民が、各地で小沢さんの無実を訴えてマスコミ、検察審査会、検察の横暴を正す為にデモが繰り広げている。所謂、マスコミには騙されない、ネット社会から沸き起こった新たな潮流である。ある意味、既成政党の枠を超えた運動である。このデモの参加者の何千倍の潜在国民がいる。来たる総選挙には、このデモに賛同する草の根の国民票の受け皿を作るべきである。その票が、今の菅民主党以外の勢力を求めて漂っている。

晴天とら日和さんのブログに「落選運動しませんかhttp://138cuyamaca.web.fc2.com/index.html」のアイコンがあり、それを開くと菅を支持した議員を見ることが出来る。少なくとも、一昨年の夏の総選挙のときは、こんな状態になるとは思っていなかったので、多くの支持者が菅を支持した議員に投票したと思うが、今度は覚悟した方がいい。少なくともこんな片肺民主党になった原因を作ってしまった菅支持議員には、小沢さんを支持する有権者からは、票を得られないことを肝に銘じた方がいい。

小沢さんを支える議員は勇気をもって民主党を出て、地域政党と共に立ち上がってもらいたい。それも、政党助成金を得るためには、新党を作らなければならない。そうすれば、今各地で蜂起している、マスコミ、権力に対して不動の国民が、それらの議員を支えるだろう。


日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村****←何か感じましたらクリックお願いします。
人気ブログランキングへ****←お手数ですがもう一度クリックお願いします。

"小沢さんを支える議員は勇気をもって民主党を出て地域政党とともに立て!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。