参院補選選挙で全て野党候補の勝利。これをバネに本番選挙に準備せよ。



3当選.jpg
参院の補選選挙は長野県の羽田次郎氏、北海道2区の松木兼公氏、広島県宮口治子氏である。羽田氏、松木氏は八時の開票が始まった途端、当確が出た。この両氏は、当初から当確は間違いないと言われていた。広島の宮口氏は河井案里の後釜議員となる。10:15頃に当確が出た。開票の最初は農村部が多かったせいか自民候補が勝っていた。勝っていたといってもほぼ互角であったが。当選の会見を見ても、正直本人は当選するとは思っていなかったかもしれない反応であった。戸惑いの会見であった。

広島は保守王国で岸田議員が相当テコ入れしたが、さすがに案理の選挙買収に対して有権者はNOを突き付けた。元検事の郷原氏は、河井が金を配って貰った地方議員たちは、選挙が終われば検察から起訴されると言っている。地方議員も積極的に動くことが制限されたと言われている。当初、両候補は横一線であると言われていた。自身のツイッターで、宮口氏が負けたら広島県民の見識を疑うと述べていたが、県民の見識が示されて本当に良かった。

菅政権はこれでかなり大きな打撃を受けたとマスコミは書いているが、野党はこれで調子にのらないで、さらに共闘して対処しなければならない。本番の選挙に向けてさらなる準備をしなければ勝てない。菅政権は、この劣勢をオリンピックで挽回しようとしている。国民に対してはあれだけPCR検査を拒んでいた政府が、選手、コーチらには毎日検査するという。大いなる矛盾である。国民より選手の方が大事ということである。こんな政府ははやく引きずり降ろさないと国民の命は危ないし、経済も回らない。もう命の問題である。

日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。


政治ランキング
←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。


"参院補選選挙で全て野党候補の勝利。これをバネに本番選挙に準備せよ。" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。