山本太郎の街宣にあの馬淵議員が応援演説。この演説で山本のやりたいこと、やらせたいことがわかる。



東京都知事選挙も後4日になった。なぜか毎日新聞が都知事選挙の投票動向を調査している。小池知事がかなりリードしていると報道している。2位は山本氏と宇都宮氏が追っていると述べている。この状況は最初から、ある程度想定されたことである。

このブログでは別に宇都宮氏がダメとは思わないということを述べるが、自由党の小沢代表と一緒に共同代表を山本太郎氏を昔から推している。当初、山本氏を俳優でそれほど認めていなかったが、自由党の共同代表をやって毎回の記者会見を聞いていて認識を変えた。実によく勉強している。自民党で最年少で幹事長をやった百選錬磨の小沢氏が、森ゆうこ氏、玉城氏を置いて共同代表に何故したかということがよくわかった。参議院議員時代は、安倍首相に恐れず最も批判した議員と言っていい。

今回の都知事では山本氏はコロナ感染を見て出馬を決意したと述べた。それまでは出馬は排除しないといいながら出馬した。出馬に当たっては国民の小沢氏が野党統一候補で根回し立憲も無所属ならOKするところまで調整したが山本氏がれいわの旗を降ろすのを拒否したので小沢氏も匙を投げたというのがネット情報である。野党候補が2番手と言いながら、私が見ているツイッターでは宇都宮氏の2倍以上が山本氏の記事が多くなっている。小池に勝てるかどうかわからないが、勢いは山本氏の方が宇都宮氏よりリード



ここに来て山本氏の街宣に須藤元気氏、元滋賀県知事の嘉田氏が参加した。昨日は国民の馬淵氏が街宣に参加した。国民は自主投票となっている。国民の小沢氏は立憲、共産に顔を立てて宇都宮氏側についている。馬淵氏は敢えて山本氏の応援スピーチを行った。そのスピーチを聞いて聞きながら涙がじわっと出てきた。山本氏をリスペクトし、実力を高く評価している。本当に知事になって日本を変えてほしいという思いが溢れていた。小池に負ける可能性の方が大きく、応援しても何の得にもならない無償の行為だからこそ、人の心を打つ。

山本太郎は組織を全く持たず、全てボランティアで活動している。本人も孤軍奮闘であるが、最大限の努力をはかっている。かなり、小池を追い詰めている。このままで以上の追い上げでぎりぎりでも小池を抜いてほしいものだ。


日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。


政治ランキング
←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

"山本太郎の街宣にあの馬淵議員が応援演説。この演説で山本のやりたいこと、やらせたいことがわかる。" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。