自民党はガラパゴス化し、原子力ムラの絆は切れない過去の党になった。



今日、待ちに待った衆議院選挙が公示された。小池氏、前原氏に騙された希望の党事件以来の選挙である。この騒動によって、健全な野党の結集が大幅に遅れてしまった。安倍・菅政権は正に失われた8年間と言っていい。加計、森友、桜などでほとんど過ぎてしまった。この間、日本の宝である技術立国、基礎学問もすっかり遅れてしまった。明らかに、出来の悪い安倍政権の罪は大きい。

総裁選挙で岸田氏が総裁となり、日本国の首相となって少しは良くなるかと思ったが、相変わらず安倍の背後霊に取り憑かれ、身動き出来なくなっている。また、岸田氏の素性もメッキが剥がれてきた。質問に対して饒舌に喋るが、極めて曖昧で、何をやるのかボヤケて、何を言っているのかわからない。

以下の写真は、9党の代表が記者クラブで、夫婦別姓賛成を問われて、岸田首相だけが挙手していない姿である。これが今の自民党がガラパコス化している象徴的な姿である。公明党ですら手を挙げている。岸田氏自身は手を挙げたいと思うのだが、安倍や高市らの睨みで手が挙げられない。世界の趨勢からも、どうしようもなく、江戸時代の考えである。

夫婦別姓挙手.jpg

また、党首討論会では、岸田首相は記者から「原発の新増設について自民党は認めているということでよいか」と質問が出たとき、こう答えている。
「まずやるべきは原発の再稼働。その次に出てくるのが40年、60年という使用期限の問題だ。古い原発を使うなら、リプレースする必要があるのではないかという議論もある。この議論をしっかり行った上で方針を決めたいが、まずは再稼働にしっかり取り組みたい」と述べた。これは、明らかに時代の逆行である。新たな原発も新設することも考えているようだ。

今回、共産が立憲と候補者の統一に舵を切ったことは、途轍もなく大きい。共産党は各選挙区で2~数万票の力を持つ。これは、この票を得ることが出来れば、限りなく大きな力となる。まだ、仕事もしない、就任したばかりの大臣が落選する姿を見ることは無情の喜びになる。



にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。


政治ランキング
←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。



岸田内閣の支持率過去最低。国民はバカではなかった。安倍、菅内閣と変わっていないことにダメ出し。


コロナ対策、岸田首相に「期待できる」47% 朝日新聞世論調査
https://www.asahi.com/articles/ASPB57687PB4UZPS006.html?iref=comtop_7_02

朝日新聞 の世論調査が出た。岸田内閣の支持率は、麻生内閣の48%より低く、45%であった。史上最低であった。毎日新聞の調査では、麻生内閣の時が最低で、それに次ぐ支持率で49%であった。丁度、朝日と毎日の結果が逆になった形である。いずれにしても、岸田を担いだ自民党としては、戦慄が走っているだろう。

なぜなら、菅首相の不人気をリセットするため、あれだけTVジャックして総裁選キャンペーンを張った。しかし、見事に期待が裏切られた。

これは自民とって大変なことである。特に、共産党発足以来、立憲が政権を取ったら閣外から協力することになったからだ。政権を取ることが条件にしている。限りなく、野党統一候補を調整すると述べている。自民や維新や公明に取っても重大な影響を与える。

このブログでも述べたように、新大臣になって、何も仕事をしていない内に落選の憂目に会う可能性が十分ある。

いよいよ、31日投開票の結果が楽しみだ。


岸田内閣、低調な船出 支持率45%・不支持率20% 朝日世論調査
https://www.asahi.com/articles/ASPB55RLVPB4UZPS005.html?iref=pc_extlink
内閣支持率は45%で、不支持率は20%だった。発足直後の支持率としては、現在の方法で調査を始めた2001年の小泉内閣以降で、麻生内閣の48%を下回り、最低となった。

岸田内閣の支持率は、菅義偉内閣の退陣表明前の8月の28%に比べると、大きく上回っている。しかし、1年前の菅内閣発足時の65%には及ばず、新政権発足後にしばしば生じる「ご祝儀相場」には遠い。



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。


政治ランキング
←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。


毎日新聞の世論調査でご祝儀は絶望。野党の政権奪取は現実味を帯び出来た。勝てる!!

毎日新聞が直近の世論調査を行った。以下である。

岸田内閣の支持率49% 甘利氏起用「評価せず」54% 本紙世論調査
https://mainichi.jp/articles/20211005/k00/00m/010/142000c

内閣支持率は49%と5割に届かず、昨年9月の菅義偉内閣発足時の64%を大きく下回った。不支持率は40%だった。閣僚の顔ぶれに「期待感が持てる」との回答は21%にとどまり、「持てない」が51%に上った。

最大の関心事は、岸田内閣の支持率である。岸田首相が、野党が要求する予算委員会も開かずに解散する理由は、ボロを出さずに解散し、ご祝儀支持率で70%程度を狙ったからである。

しかし、首相の意に反して50%も行かず、49%であった。この数字は過去20年間では麻生太郎内閣発足時(2008年9月)の45%に次ぐ低さとなった。支持しない理由では「政治が変わりそうにないから」が58%を占め、「政策に期待が持てそうにないから」が20%だった。

自民党幹事長に麻生派の甘利明氏を起用した人事に対しては「評価しない」との回答が54%に上り、「評価する」は22%にとどまった。安倍、麻生両氏の影響力が強まったと言われていることについては、岸田首相の政権運営に「マイナスになる」と思う人が59%で、「プラスになる」の23%を大きく上回った。自民支持層で甘利幹事長人事を「評価する」のは41%で、「評価しない」29%、「わからない」29%だった。

国民が、大部分が岸田内閣は菅内閣と全く新鮮味がなく、日本良くする未来が見えないと評価した。野党は、先のブログで示した候補者を統一によって、本当に政権交代が可能な現実味が見えてきた。野党議席が過半数に限りなく近くなれば、政治は変わる。一筋の光明が見えてきた。



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。


政治ランキング
←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

野党統一候補の脅威に自民議員は戦々恐々。新任大臣でも落ちる可能性大。

岸田内閣が発足した。選挙は今月の31日になった。ご祝儀雰囲気の中で選挙に勝とうという魂胆である。今回の選挙は今までの選挙と全く違うことを認識しなければならない。何故かと言うと、共産が結党始まって以来の選挙協力を結んだからだ。野党4党での政策協定について、立憲が政権を取ったら閣外で強力するというものだ。それを受けて、今野党統一候補の決まっていない選挙区をまとめると述べた。これは基本は共産の得票数の選挙区では立憲に協力するということである。この意味は、極めて大きい。

統一候補になるとなるなか、新大臣の選挙区を調べてみた。後藤茂之氏(衆院長野4区)が厚生労働大臣になる。前回選挙結果は以下である。
後藤氏 自民          68,673票
毛利氏 共産党         40,898票
寺島氏 希望の党(民進)    40,863票
          野党統一  81,761票

これをみれば、野党票の方が多くなる。今回は、4区はながせ氏(共産)が野党統一予定候補に決定された。長野県唯一の共産統一選挙区で、その力の入れようは半端なくなる。立憲、社民、れいあ が加わる。大臣の仕事をしない内に、落選してしまう。長野県は立憲、共産が強い県で、4選挙区が全て野党系で占める可能性があると述べられている。

経済安全保障担当相に3回生の目玉の小林鷹之氏が就任する。岸田内閣の売り大臣である。前回の選挙結果は以下である。

小林鷹之     自民    108,964票

樋口博康     立憲    54,035票
竹ヶ原裕美子   希望    28,878票
上野洋嗣     共産    16,491票
    野党計     99,404票

藤巻健太    維新新  14,885票

維新を除いて野党統一候補となれば、小林氏に肉薄する。自民の人気が陰っている中、野党が統一で頑張れば十分勝てる。

牧島かれんは3回生であるが、最年少でデジタル相になった。これも岸田内閣の目玉である。前回選挙は、野党分裂して以下のような得票数である。

牧島かれん    自民  117,003票

神山洋介    希望   83,407票
横田英司    共産   27,798票
    野党票計   111,205票

ここは、共産が少ないから、立憲に統一されることになる。得票数はほぼ同数である。ここに社民、れいわも加わる。野党統一候補が勝つ可能性大となる。明智光秀どころの天下ではなくなる。大臣になって一週間も経たない内に解散である。仕事をしないで落選の可能性大となる。

野党としても、大臣を潰す大きな目標が出来ると、まとまることが出来る。かなりの選挙区でこのような逆転現象が生まれる。31日が楽しみである。



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。


政治ランキング
←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。