このまま自公政権にコロナ感染は収まらない。野党政権に替えないと再び繰り返す。

先日、報道1930で、東大の児玉教授は出演した。児玉先生は、野党(立憲)が国会に招聘してコロナ対策を涙して、「今PCR検査など増やなければ大変なことになる」と訴えた人である。

この中で、児玉先生は現在コロナ感染が急速に縮小した理由を、ウイルスの過剰な変異は遺伝子の安定性を自壊させるという、ノーベル賞を貰ったEigenの理論「(遺伝子)エラーカストフィ(破局)」を紹介した。以下は、その解説文である。ただ、爆発したウイルスにはその根に当たる幹になウイルス株が生き残り、それがまた変異して新たな新株を作ることを述べていた。

その新しいウイルス株をいち早く見つけるために、コロナ感染が減ってきた今だからこそ、PCR検査、抗原検査、遺伝子検査を増強して、抑え込まなければならないと訴えた。
先生の提言は、先生の(終わりに)に述べられている。ここには、政府の政策とリーダーシップを求めている。そこには、先生の思いを感じる。国会で涙して訴える科学者などめったにいない。爪の垢を尾身会長に飲ましてやりたい。

児玉先生のような科学者にコロナ対策のリーダーをさせると、明らかに日本のコロナ対策は変わる。こういう人に権力を与える必要がある。それには、政権を替えるしかない。それをしないと、また第6波が発生し、延々と感染が続く。


「エラーカタストロフの限界」を超えるコロナウィルス変異への対応
東京大学先端科学技術研究センター  がん・代謝プロジェクトリーダー 
児玉龍彦

要約
進化生物学では過剰な変異はゲノムの安定性を自壊させ、Eigenの提唱した「エラーカタストロフィ」の限界があることが理論化されている。これまでの一本鎖'()の3倍の大きさを持つコロナ ウィルスには校正機能があり、変異は一定数以下と推定され、新型コロナウィルスの制圧にワクチ ンによる集団免疫が期待されてきた。だが免疫不全の感染者では、複数の変異と変異前のウィル スが共存する形で、一人の中で変異が多数蓄積される。その結果、ワクチンや治療薬に抵抗性の 増したウィルスが変異の波を生み出している。変異で生み出されるタンパク質の3次元構造には 限界があるが、まだより強力な変異株の生まれる可能性もある。日本の政策を最新の科学に基づく診断、治療、予防に急速に切り替えていくことが求められる。

(終わりに) 科学に基づく政策決定ができるようにすることが重要である。  新型コロナウィルスは、史上初めて、遺伝子解析とPCR診断の進歩によって、次々と新しい変 異ウィルスが出ている様子を観察することが可能になった。そこではこれまでのEigenの「エラー カタストロフの限界」を超えて変異した株が次々と新しい感染症の特徴を持って生まれている。 変異したタンパク質の取りうる3次元構造にも限界があり、Eigen限界を超えた変異であるとして も新しい変異がとりうる範囲には限界がある。  現在、ワクチンをブレークスルーし、デルタ株が蔓延している。そうした中では、日本における感染の状況をPCR検査や、抗原・抗体検査を徹底的に行い、陽性者についてシークエンスされたゲノム変異を正確に把握した上での対応が求められる。 100年前のスペイン風邪の頃と同じマスクや密を避ける人流抑制といった対応だけが唱えられ、一 方では、昨年11月の五輪のための入国検疫緩和から変異株を次々流入させている。Go To トラベ ルやGo Toイートのようなマダラ状の地域の感染を全国に広げる政策が同じウィルスを2回繰り返 し増大させている。五輪開催で変異ウィルスが一気に全国化している。まず現在のデルタ株の拡大への検査と、全ての感染者に、正確な診断に基づく免疫抑制剤と抗 体カクテル薬での重症化を可能な限り抑える緊急対策がいる。国民皆保険をしっかり守りワクチンの普及を急ぎ、変異したウィルスへのワクチンの開発を進め、治療薬の開発を最新に遺伝子工学と免疫学を基礎に急ぎ、最悪の変異への備えを進める必要 がある。



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。


政治ランキング
←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。


自民総裁選挙に対して立憲枝野代表、頑張っている。もっと露出すべし。

最近、立憲の枝野代表が頑張っている。その理由は、菅首相が次期選挙の時の顔でなくなったからだ。それまでは、共産とは組むつもりはなく、単独で政権を担う述べていたからだ。野党共闘を望む国民がひんしゅく買っていた。

ところが、菅が辞退したことから、野党の望みが断たれた。これで市民団体の政策提案に野党4党がまとまることが出来た。自民が公明の力を借りずして、自民議員が当選出来ないように、立憲の多くが当選するためには、特に最低限共産の力を借りないと自民には負ける。なぜなら、各選挙区には共闘支持者は最低十数%いるからだ。公明支持者よりは多い。そこに社民、れいわが加われば強い。

マスコミも意識的に自民総裁選挙をはやり立てている。明らかに、危機感を持っているからだ。共産の山添議員の鉄道の写真撮りの書類送検などは事件にすること自体が異常である。これをチクったのは鉄道警察官、公安と考えられる。きっと内調と連動した公安がずっと尾行して、チェックしたものだろう。まるで、前川元文科次官の尾行とも似ている。こんな軽微なことを書類送検すること自体、共産党のイメージダウンを狙った話である。

一連の自民総裁のキャンペーンを見ていて、どれでだけ自民支持率があがるだろうか?共産の志位委員長は、総裁4候補者の表紙をめくれば、安倍、菅と同じと述べたが、その通りである。

表紙めくれば安倍・菅首相 志位共産委員長
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021091900258&g=pol
共産党の志位和夫委員長は19日、仙台市で講演し、自民党総裁選について「党の表紙だけ変えても一枚めくれば菅義偉首相の顔、もう一枚めくれば安倍晋三前首相の顔で中身は変わらない。政治を変えるには政権交代が必要だ」と、皮肉を交えて訴えた。
野党、コロナ対応軽視と自民総裁選批判 「午後5時以降に」「党内優先あり得ず」
 志位氏は「(総裁選候補から)安倍・菅政治を支えてきたことへの反省の言葉は一つもない」と強調。また、安倍、菅両政権での新型コロナウイルス対策が不十分だったとした上で、「(候補者には)新型コロナ対応の失政の反省を述べた人はいない。誰が総裁になっても、同じ過ちを繰り返すだけではないか」と語った。

これから、世論調査が出て来るが、国民は表紙の張替えで、どれだけ支持率が上がるだろうか?選挙の勝敗を決める無党派層の動向が結果を決めていく。無党派層自体は、自民の総裁選挙などは全く興味はない。そんなことで動くというものでもない。

立憲と共産の選挙協力は進んでいると言うが、先日はあと70選挙区で調整が出来ていないと解説者が述べていた。立憲も共産も大局に国民のために協力するべきである。


日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。


政治ランキング
←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

市民連合の仲人により、野党4党 立憲、共産、社民、れいわ 共通政策で一致



今、どこのテレビ番組も自民の総裁選挙のことでいっぱいである。河野、岸田、高市などもううんざりである。ただ、どの派閥がだれを支援する、しないという話ばかりである。そこには、日本をどうしたい、どうするかという話は聞かない。岸田に至っては、当初森本も、河井夫婦の選挙資金について解明すると述べていたが、安倍に脅されて(?)でそんなことは一言も言っていないと日和ってしまった。

こんな食傷気味の状況の中、朗報が走った。少し前まで、立憲の単独政権を狙うと、空気読まない立憲の態度に失望していた。この朗報は、市民連合の仲立ちで「立憲、共産、社民、れいわ」4党が共通政策で共闘するものである。これは、菅が顔の選挙では楽勝と考えていた立憲の考えがガラリと変えたせいと思っている。菅が顔でなくなれば、また元の木阿弥状態になると危機を抱いたからだ。それが無ければ、この共闘も無かったかもしれない。

その共通政策の中に、「消費税減税」、「脱原発」を挙げたことだ。特に消費減税は立憲の中でも反対する議員が多い。例えば野田元首相はそうだと言われている。党内の異論を抑えた訳である。この減税政策に共産も前向きであったが、これによって「れいわ」が参加する出来ることになった。れいわの山本氏は減税が共通政策なら、選挙区の調整に乗ると述べていた。れいわが表舞台に出てきた。

国民民主は参加出来なかったのは、「原発ゼロ」だろう。電力労連の議員は原発ゼロには賛成できない。しかし、会社の都合で原発ゼロに反対するとは情けない。原発の廃棄物プルトニュウムの放射能の半減期は2.4万年である。誰がこの廃棄物を管理するというのだ。その管理コストは気が遠くなる程大きい。経営者も2万年先のことなど責任が持てる訳がない。つまり、今だけ益を享受すればいいという超無責任な態度である。

これら選挙区の候補者の調整などが行われる。この取り組みを、心あるマスコミがどんどん取り上げてくれればいい。我々もTWと言う武器に、この運動横にアメーバーのように広げなければならない。


日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。


政治ランキング
←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。




菅首相の辞任は自業自得。それによって野党は安閑出来ない。野党共闘が正に必須となった。

菅首相は、完全に墓穴を掘った。こんな惨めな終わり方をしなかったはずである。岸氏公約の二階幹事長を替えるという案を潰しにかかったことが最大の敗因である。二階氏が役員を替える。つまり二階氏を幹事長にしてお置けば、各派閥への重しは確保出来た。少なくとも、総裁選挙では辛勝はしたはずである。

しかし、菅首相は党役員を替えると言い出した。小泉環境相が4回も呼ばれて官邸に行ったというから、きっと小泉氏を幹事長にしようとしたとみている。しかし、岸氏が自分が総裁になれば、役員は全て替えると述べた。これで、一気に新役員のなり手が居なくなった。策に溺れた。今まで犯してきた数々の報いが帰ってきた、こういうのを自業自得という。菅氏のさらに困難は、議員自体から転がり落ちる可能性が出てきたことだ。横浜市長選挙で、子飼いの林前市長を見切ったことだ。小此木氏陣営に見放された。神奈川自民党県連は菅氏を応援しないという話も出ている。横浜市長選挙では選挙区で唯一自民が勝ったのは小此木氏の区だけである。菅氏の区は相当テコ入れしたが野党が勝っている。自分自身が首相からただの人になる可能性がある。そうあってほしい。

総裁選挙では岸氏の他に、河野氏が検討し出した。菅氏が出なければ、麻生派としても天井の重しが取れた訳である。岸氏と河野氏の一騎打ちになるか?石破氏も色気が出て来るのが人情である。テレビは完全に自民党の総裁選挙で占められる。当然、新首相の支持率は上がる。支持率60%
を超えると思われる。

この状態は、野党にとっては危機となる。枝野代表は共産などには頼らず過半数を取るとNO天気な発言をした。高々6-8%の政党支持率で、立憲だけで単独政権が取れる訳がない。共産党に助けてもらわないと野党は自民に勝てないことはわかっている。立憲の中には、誰とは言わないが共産嫌いがいることはわかっている。連合にも遠慮しているかもしれないが、連合推薦の議員の数より共産支持者にも投票してもらって当選する議員の方が多くなると思っている。野党は全く安閑出来ない。野党共闘が正に必須となった。



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。


政治ランキング
←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。


菅政権はレームダックだのに立憲はやる気あるのか?玄葉のような男は出すな!

菅首相は相当焦っている。もうレームダック状態になっている。岸田氏の幹事長交替の争点潰しに、党役員で二階氏を外すと述べた。結果的にこれは菅首相の基盤を一気に弱くしたと見ている。菅首相を今まで支えていたのは、良いも悪いも二階幹事長だった。だから、安倍、麻生も何も文句、不平を言えなかった。そのたがが外れた。党役員をいくら変えても効果がない。なぜなら、菅の顔がある限り、支持は戻らない。人気がないからだ。

今日の報道1930で自民は中谷氏が出演し、立憲の代表は玄葉氏が登場した。街頭インタビューで自民の印象と野党の立憲の印象が紹介された。その中で、立憲の枝野代表について、露出度が少なく、立憲が何をしたいかよくわからないという意見が紹介された。

それを受けてキャスターの松原氏が「枝野代表がなぜ表に出てこないのではないか?」と聞いた。これに対して、玄葉氏は(嘘でも)そんなことはないと反論するかと思えば、「選挙になれば否応なし外に出ないといけないので、今は控えているのでないですか」と述べた。反論するかと思えばすんなり認めてしまった。また、「今はコロナの話題を言ってもいいいが、他の政策を言っても注目されないから言っても仕方がない」というようなことを言った。玄葉氏は、街頭インタビューの印象を自ら認めてしまった。

これを聞いて、全くもってがっかりした。折角、TVに久しぶりに出させてもらって立憲の宣伝の役目を担っていながら、こんな覇気の無い奴を出すなと言いたい。玄葉氏のような発言が立憲の実態としたら、百年掛かっても政権は取れない。これが第一党の議員か?玄葉氏と言えば政権時代、閣僚をやっていた男である。森ゆうこ議員あたりを出した方が余程、良かっただろう。

小沢一郎はもう一度政権を取るまでは引退出来ないと述べている。自分たちの主義主張の政治を行うためには政権を取るしかないとも述べている。その言葉に覇気を感じる。枝野氏も当然政権をとりたいと考えていると思うが、同じ仲間の玄葉氏にそう言わす雰囲気があるのなら反省すべきだろう。これではだめだ。国民はほとほと自公政治にはうんざりしている。千歳一隅のチャンスである。野党共闘の中心の立憲に頑張ってもらうしかないのだ。


日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。


政治ランキング
←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。