自民の調査で過半数割れ。野党は共闘して固めて政権を奪取しなければならない。


自民党の世論調査は、マスコミの世論調査より優れていることはよく知れた話である。

次の衆議院選挙で60議席減でまさかの過半数割れは、全くの見込み違いではない。

横浜市長選挙では、菅首相の選挙区も含まれている。その首相がかなりハッパを掛けたにも関わらず、自身の選挙区で山中氏に負けている。あり得ない話である。唯一、市長選挙区で自民が勝ったのは小此木氏の選挙区だけである。

これが、今まで自民の牙城の選挙区の話である。60議席減が全く嘘ではない。小沢一郎議員は、小選挙区は少しの支持率の変化で、得票数が1票差でも、1か0となるので、政権交代が起き易い方式と述べている。

今回、横浜で立憲の山中氏が勝ったのは、共産が動いたのが大きい。立憲の議員はそこをよく肝に入れておいた方がいい。小異を捨てて団結すべきある。国民はそれを希求している。




自民党に衝撃の調査結果! 衆院選「60議席減」でまさかの過半数割れ

 自民党議員に激震が走っている。自民党が21、22日の2日間にわたって実施したとされる「選挙情勢調査」の結果が、衝撃的だったからだ。なんと、いま衆院選が行われたら、自民党は現有276議席から50議席以上減らし、単独過半数(233議席)を大きく割り込むという。

「自民党が行ったとされる調査結果は、週明け、一斉に流布され、皆、衝撃を受けています。流れている数字は、いくつかあります。自民党は現有議席から60議席減らすという数字のほか、マイナス40~60というもの、さらに220議席になるという話もあります。とくに、東京、大阪、愛知は、かなり議席を減らしそうだといいます。いずれにしろ、次の総選挙で自民党が現有276議席から50議席前後減らし、過半数の233を下回るのは避けられそうにない、ということです。ナマの数字は、もっと悪いのではないか、という推測も流れています」(政界関係者)



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。


政治ランキング
←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。