東京の感染者がリバウンドしオリンピック期間中で1000人を超すと予測

IMG_0134.JPG

厚労省専門家組織が、このまま6月20にに非常事態宣言を解除すれば、リバンドがまた出ると述べた。今日、政府は6月20日には緊急事態宣言を解除すると発表した。

その予測グラフも示された。オリンピック期間中も1000人を超すと予測している。また緊急事態宣言を発しなければならない。当然、死者も出て来る。インド変異株の脅威を入れてなくてもこれだ。オリンピック期間中が、緊急事態宣言下となる。こんなことが行われることあり得ないことなのだ。パラリンピックは行えないのではないかと言われている。菅政府のインパール・オリンピック大作戦が始まる。もう自公政権による過半数は取らせないことが日本の幸福に繋がる。


 また、会合では、感染力の強いインド型のウイルスの影響を受け、来月からの東京オリンピック・パラリンピックの開催中に緊急事態宣言が再び必要になる可能性があるとの試算結果も公表されました。国立感染症研究所などの分析によりますと、会場に観客を入れた場合、無観客の時と比べて、感染者の数が累計で1万人に達する可能性もあるとのことです。


日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。


政治ランキング
←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

厚労省専門家組織が東京の感染者がリバウンドしオリンピック期間中で1000人を超すと予測


厚労省専門家組織が、このまま6月20にに非常事態宣言を解除すれば、リバンドがまた出ると述べた。
その予測グラフも示された。オリンピック期間中も1000人を超すと予測した。また緊急事態宣言を発しなければならない。当然、死者も出て来る。インド変異株の脅威を入れてなくてもこれだ。オリンピック期間中が、緊急事態宣言下となる。こんなことが行われることあり得ないことなのだ。パラリンピックは行えないのではないかと言われている。菅政府のインパール・オリンピック大作戦が始まる。もう自公政権による過半数は取らせないことが日本の幸福に繋がる。

厚労省専門家組織 東京の感染者「リバウンドを懸念」
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4293222.htm

 コロナ対策を政府に助言する専門家組織は現在の東京の感染状況について、緊急事態宣言下にもかかわらず人出の増加が見られ、今後、感染者の「リバウンドが懸念される」との分析結果をまとめました。

 「東京は、滞留人口が5週間連続で増加している。20代ですでにリバウンドしてきている状況」(厚労省アドバイザリーボード 脇田隆字座長)

 会合後の会見で専門家組織の脇田座長は東京の感染状況についてこのように話したうえで、今月20日に期限を迎える宣言を解除する場合、「対策の緩和を段階的に進めることが求められる」との考えを示しました。

 また、会合では、感染力の強いインド型のウイルスの影響を受け、来月からの東京オリンピック・パラリンピックの開催中に緊急事態宣言が再び必要になる可能性があるとの試算結果も公表されました。国立感染症研究所などの分析によりますと、会場に観客を入れた場合、無観客の時と比べて、感染者の数が累計で1万人に達する可能性もあるとのことです。



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。


政治ランキング
←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。