ツイッターは世の中の世相を表す。#自民党に殺される。#自民党に殺される。

20201228.jpg

最近、ツイッターを見ていると、明らかに2,3か月前の状態から明らかに、政治に対する怨嗟の声が聞こえてくる。菅政権の政治批判は勿論だが、最近「#自民党に殺される。#自民党に殺される。」と政府から、その土台となる自民党の批判が出て来るようになった。

テレビによく出て来る倉持医院の倉持先生のツイッターも2,3か月前には政府の批判をしても非常にマイルドであったが、政府批判はこちらがびっくりする厳しくなっている。もう怒り心頭なのだろう。人の命が掛かっている。国民の声を代弁して話してもらっている。よくテレビ局も倉持先生を出している。これだけ影響力のある人がこれだけ政府を批判するのだから、圧力は当然あるだろう。よくテレビ局も出演させる。


小沢一郎は本来民主党の代表で政権交代の立役者で当然首相になるはずだった。しかし、麻生政権下で完全に狙い撃ちされた。政治資金規正法に違反しているのではないかと東京地検特捜部に秘書4人が逮捕され徹底的に取り調べられた。結局、土地購入の記載の期ズレ程度で済む話で不起訴になったが、検察審査会に告発された。最初の検察審査会の委員の平均年齢は37才で、無差別に選べば天文学的にあり得ない確率で、明らかに恣意的に委員が選ばれたとされ、強制起訴された。裁判では小沢一郎が無罪となった。その小沢氏が明らかに起訴されるべき安倍が不起訴になったことにツイートしている。

小沢は安倍のことを人間性の問題と述べている。その通りで、もう人間としての恥も倫理、規律、罪悪感もない。加計では自分のために、平気で事務局長のせいにし秘書官を記憶喪失にさせたり、森友では財務局の職員を死なせたり、佐川には嘘の証言をさせ、国会文書を改ざんしたり、桜では忠実で最も信頼すべき第一秘書に一生嘘をいうことを強いた。証人喚問というが今は自民が委員長を取られているので実現は決して認めないであろう。ここは、小沢氏がやられた検察審査会で強制起訴しかない。検察審査会に持ち込めば、小沢氏の場合のように委員選別を操作されなければ必ず強制起訴に持ち込める。人選操作は今の政権ならやるかもしれない。検察審査会の委員を選ぶ部署は、最高裁判所の事務総局の管轄にあるから、やれないことはない。それほど、今の政権は何でもやると思っている。

選挙は来年必ずある。支持率も30%を切るだろう。野党は本気で共闘し政権を取らなければならない。ダメでも、過半数に限りなく近づかなければならない。そうすれば、委員会の委員長を多く取れる。


日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。


政治ランキング
←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント