安倍の補填について検察は不起訴にしたが検察審査会が断を下す。



黒川前高検検事長の賭けマージャンの検察審査会で「起訴相当」と出た。検察審査会の委員の方々が極めて庶民感覚で起訴相当にしたことに敬意を表したい。国民は初めて今まで検察の甘さに嫌気をさしていた気分が救われた。これにより検察は「再捜査」をすることになる。この賭けマージャンの構図は極めて単純である。法の権力を使って人の命まで抹殺できる検察のTOP、しかも検事総長に最も近い人物が法を犯したのだ。これが、そん所そこらのチンピラやサラリーマンが賭けていた事件なら、こんな起訴相当まで出なかったと思われる。しかし、法の最高位の執行者が法を犯したことに重要な意味がある。

この構図は、今回不起訴になった安倍にもピッタリ当てはまる。安倍の行った行為は黒川よりさらに悪質である。3年間に亘り違法を起こしながら、全て秘書のせいにした。自分がこれを知ったのは公設秘書の配川が検察に事情聴取されたときだという。安倍の嘘記者会見で補填のお金はどこの資源が使われたのか?と質問があった。これはかなり核心を突いた質問で、後援会に安倍や妻が預けていた金を使ったとのべた。配川は安倍や妻に報告もせず、補填していたことになる。補填に使うと確認してOKが取れればそれで済む。しかし、配川は一切補填について金を使うことも確認していないから、これは安倍、妻の金の横領である。野党はこの点を突くべきである。

こんな嘘の上に嘘を塗り固める話など誰も信じない。これこそ黒川以上の検察審査会案件である。庶民感情から言えば、その罪の深さは底が見ないくらい深い。検察でもない、政治家でもない庶民感覚で素直に裁くしかない。検察はまた不起訴を出すと思うが、もう一度市民感覚で起訴相当を出し、強制起訴に持ち込めばいい。そうすると裁判では公開の場で証拠が審議される。当然、配川秘書も証人喚問される。ホテル側も尋問される。


日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。


政治ランキング
←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた
面白い
ナイス

この記事へのコメント

年配者
2020年12月28日 09:29
ブログを書くほどの人が「検察審査会」を信じているのは驚きです。
読者への責任というのもあります。
審査員を選ぶ機械も恣意的に選べるようにしてあると言われてからずいぶん経ちます。
アメリカで選挙があり荒れているのは、市民が投票に疑いを持っているからです。日本も同じなのに、市民に影響を与えるブログさんがこんなではとがっかりしました。
かっち(Kacchi)
2020年12月29日 07:03
私も不正があることは知っています。小沢一郎の例がそうです。あなたのように全てのシステムを無駄と思えばこの世の中、あまりに悲しい。黒川前検事長の場合は検察審査会で起訴相当と出ました。これをどう思いますか?もう1回審査があり、これはどうなるかわかりませんが。強制起訴になる可能性は大と思います。私はあなたほど悲観的ではありません。そうなりたくはないのです。そうならないようにこんな拙いブログを書いて声を上げています。

このブログを始めたのは、正に小沢一郎のあまりに理不尽な逮捕、マスコミの動きに怒りを覚えたからです。何か声を上げないといけないと思い始めました。あきらめたらお終いだからです。

>年配者さん
>
>ブログを書くほどの人が「検察審査会」を信じているのは驚きです。
>読者への責任というのもあります。
>審査員を選ぶ機械も恣意的に選べるようにしてあると言われてからずいぶん経ちます。
>アメリカで選挙があり荒れているのは、市民が投票に疑いを持っているからです。日本も同じなのに、市民に影響を与えるブログさんがこんなではとがっかりしました。