山本太郎街宣参加が半端ない。須藤元気の全面支援も受けて山が動く予感。

須藤元気応援演説.jpg

毎日新聞の都知事選挙の候補者の20日時点のだれに投票するかの調査を行った、
結果は以下である。
小池百合子:51%
宇都宮健児氏10%
山本太郎氏8%
小野泰輔氏7%
立花孝志氏2%

ということであった。ネット上では小池氏はくそみそに言われていて最低ランクと思うが、そういう記事も読まない都民には関係ないようだ。ダブルスコア以上で、これが本当なら宇都宮氏、山本氏もかなり厳しいと言わざるを得ない。それにしても小池氏の数値は異常に高い。小池氏が外での街宣は行わないと言っている。自前の調査ではこのぐらいの支持率を受けていることを知っているからでないかと思ってしまう。
(※上記の数字は、見落としていたが、全国調査の数字。都知事の選挙になぜ全国調査なのか意味がわからない。したがって、都民は全国と全く小池知事に当事者意識を持っているはず。全然違う数字になると思われる。印象操作に近い)


私がツイッターでフォローしているのは野党系のものであるが、宇都宮氏よりは圧倒的に山本氏の記事が多い。宇都宮氏、山本氏合わせてもダブルスコアである。選挙戦はこれからであるが、相当頑張らなければ宇都宮氏、山本氏は勝てない。予想だが、山本氏は総額15兆円の地方債を財源で一人10万円支給、学費援助、住宅支援、都職員3000人採用などはかなり革新的な施策で、この公約が都民に浸透すればかなりのインパクトで盛り上がるだろう。それにしても、都知事選挙に出るとは直前までわからなく事前宣伝が無かったのも浸透が遅れた。

しかし、駅前の聴衆の数を見れば、始まったばかりの下馬評を大きく変えるかもしれない。半端な数ではない。自民、公明のように動員は一切ないのにこの数である。何か起こりそな予感がする。
この中で、立憲所属の元格闘技家の須藤元気が離党届を出したが、今日の秋葉原の街宣に突如参加し、熱い応援演説を行った。元気氏はロストジェネレーション時代の同志として東京から国を変えるのを全面的に支援すると約束した。元気氏の知名度は高い。そして熱い。聞いていてその真剣さに涙が出来きそうになる。絶対に勝つと述べていた。
何か起こる予感がする。


日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。


政治ランキング
←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 44

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント